共働きの家事について 仕事や時間の使い方など

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

いつもお越しいただきありがとうございます。

今回は、『共働きの家事について』。

女性の社会的な活躍が叫ばれる中、男性の家庭における役割も変化してきているように感じます。

会社に行って、お金を稼いでくるだけでなく、家のことをないがしろにする男性はお払い箱になりかねない社会になりつつあるようにも思います。

夫が家事をしないで困っている方も案外多いようです。

かく言う私は、手前味噌ながら、仕事をしながらも、炊事、洗濯、掃除と一通りこなしています。

いわゆる『兼業主夫』と言えるかもしれません。

第一子も誕生予定ですので、仕事と家事のバランスは切実な問題です。

以下、共働きの家事について個人的な考え方を書いてみました。

共働きの 家事の時間の作り方

共働きで家事をこなすには、やはり家庭にいる時間をどう作るかだと思います。

どのようにして時間を工夫して作るかが大きな鍵のような気がします。

仕事の成果に集中する

仕事で求められるのは、『成果』だと思います。

あらかじめ一日のやることリストを作成しておき、優先順位をしっかり決めておくことで、仕事の無駄を減らします。

成果も出ていないのに、やった気になるのは、いいことではないですね。

仕事の内容は業種・業態により多岐に渡ると思うので、一概にこうすれば上手く時間を作れるというのは言い難いですが、『成果に集中すること・成果を出すこと』が最も大切なことのように思います。

ダラダラ時間を使って、残業代でも貰って帰ろうとかそんな考えでは、家事にはなかなか参加出来ません。

集中して成果を出すことで、仕事量は減りますが、それだけ自宅に帰る時間が早くなり、家事をする時間が増えるいうことです。

やはり優先順位をしっかり決めて行動することが大切だと思います。

早く帰ることで残業代は減るかもしれないですが、奥さんや家族への評価は上がるかもしれないですね。

やらないことを決める

上記のことに関連することですが、『やらないことを決めること』はとても大切です。

目に見えることをすべてこなしていくと、いつまで経っても仕事は終わりません。

細かいことまで、すべて自分でやろうとすると、やたらと忙しくなるばかりで、イライラしてしまいます。

すべてを抱え込んでしまうと、自分が苦しくなってしまうんですよね。

『しんどいな~』と思う時は、やらないことを決めてみるのも良い方法だと思います。

やらないことを決め、やらなければならないことに集中する。

そうすることで、無駄な時間を減らし、家庭に向ける時間を増やせるのではないかと思います。

断捨離する

断捨離は私も実際にやりました。

思い切って身の回りの掃除をして、要らないものを随分捨てました

不要なものを捨てることで空間的にも、時間的にもゆとりができました。

不要なものを一気に捨てたことで、本当に必要なもの、集中すべきことに気づくことができるようになりました。

いろんなものが目の前にあると、すべてをやらないといけないと思ってしまいます。

しかし、実は大切なことはそんなに多くはなくて、不要な枝葉末節は切り取って、優先順位をつけることで、成果が上がりやすくなりました。

仕事でも家事でも。

それから、私は毎日、部屋のモップ掃除と掃除機を掛けていますが、掃除することで不思議と時間が余るようになりました。

整理整頓しておくことで、無駄な時間を削減できるようですよ。

まとめ

『共働きの家事』について書いてみました。

恐らく他にもこのような状況下の方も沢山おられると思います。

政府も、一億層活躍社会とか声高に言っていますし、今後ますます、共働きは増えるのではないかと思います。

夫婦で働けば給料・年収もダブルインカムで楽になりますし、少子高齢化で年金もあまり当てにはならない世の中なので、貯金を増やしておけば、将来多少気が楽になるのかなとも思います。

共働きの方が、家計のやりくりも正直、助かります。

マイホームを購入する際でも、住宅ローンを組む時などの審査でも一人では無理でも二人だと通ることもあるかもしれないですしね。

どちらがどうのというわけではなく、夫婦お互いができることを分担して普通に楽しみながらやればいいのかなと感じています。

これから結婚される予定の方は、その人の収入以前に、将来『夫となる人・妻となる人』が家事をやる人かどうかも考えておいた方が良いと思います。

仕事をしながら家事をするのはなかなか大変ですが、お互い頑張りましょう~。

いつも気を張ると疲れるので、たまには手抜きも有りだと思います。

【関連記事】仕事と家庭のバランスについて書いてみました。

ワーク・ライフ・バランスを実現するための環境作りについて考えてみました

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

にちこれブログについて

にちこれブログを書いている人

筆者:40代男 一児の父

居住:福岡県

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク