自分の得意なことを好きになって継続する

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

いつもお越しいただきありがとうございます。

にちこれブログです。

今回のテーマは『得意なことを仕事にする』について書いてみます。

大して頑張ってもないのに、人よりできることってありませんか?

実は仕事を楽しくするには、そういうものを見つけることが大事だと思うんです。

私はかれこれ10年以上雇われないで個人事業主として仕事をやっています。

仕事に関して言えば、苦手なことはほとんどやっていないですね。

得意な分野だけで勝負しています。

苦手なこともやらなければならないという考え方もあると思います。

でも苦手なことはやっぱり努力しても『ぐい~ん』とは伸びないんですよね。

少しは伸びますが、突き抜けられない気がします。

例えば、私は趣味でテニスをしているんですが、センスのある人は、それこそ黙っていても技術がグングン伸びていきます。

正に青天井の伸び方。

数ヶ月見ないうちに、更にレベルが上っていて、びっくりするということもあります。

でも、センスをあまり感じない人は、続けていても、どうしても伸びていないんですよね。

本人が努力しているのはよくわかるんですけどね。

これは致し方ないです。

才能・センスはどうしてもあります。

趣味の場合は、伸びなくても楽しければいいのです。

これが仕事だとやっぱり生き残るには難しいですね。

得意なことを知ること

もちろん、仕事をしていれば、苦手なことから逃げられない場面もあります。

やはり我慢しなければいけないことも、仕事や人生には往々にしてあります。

でも、苦手なことを仕事にしてしまったら地獄です。

先述の通り、人には大抵、何かしら得意な分野があると私は思っています。

実際にこれまで接してきた人には、必ず何らかの長所があったように思います。

ただ、その得意分野を自分自身が知らなければ、上手に活用することができません。

そんな自分の得意なことがわからない方は、一度周囲の人に、自分がどんなことが得意なのかを聞いてみると良いと思います。

もしくは、今までの人生のことを紙に書いてみて、こういうことは上手くいったな~という成功体験の断片を集めてみるのも良いですね。

その際に、悪いところは目をつむっていいと思います。

とにかく、少しでも得意なことを探してみましょう。

小さなことでもいいので。

それが本人の自信にも繋がるので、やってみる価値はあります。

孫子の兵法にも、『敵を知り己を知れば百戦危うからず』と言うとおり、己を知ることはとても大切ですね。

得意なことを継続すること

イチロー選手が得意なことは、言わずと知れた『野球』ですね。

でも、もし、彼が高校生ぐらいで野球を辞めていたら、数々の大記録は達成されなかったんですよね。

まずは続けたことが前提条件として、大記録が生まれました。

ということは、本当に大切なことは『得意なことを継続する』ことなんじゃないかと思うんです。

途中で諦めていたら、いくら『オレは昔、野球が得意だった。でも途中で辞めたけどね』と口で言っても、周囲からは『ふぅ~ん』と思われて終わりというのがオチですね(よくこういう人周囲にいますよね・・・)。

評価されるには、やっぱり『得意なことを続けること』。

イチロー選手は、楽して成果を出しているとは言わないですが、やはり、野球センスが飛び抜けていたことは事実だろうし、努力だけでは、メジャーであのような結果は残せないと思います。

つまり、得意なことを愚直に続けたことがイチロー選手の成功だったんだろうと思います。

よく、『好きなことを仕事にしろ』と言いますが、好きなことを続けていれば、確かにそこそこ上手くなるかもしれないです。

でも『得意でない』なら、残念ながら、飛び抜けること・頭抜けることは難しいと思います。

努力でカバーできる範囲と、そうでない範囲があると思います。

『得意』=『好き』という人が最強だと私は思います。

得意なことは、無理しなくても継続できますし、また、それが好きだったら全く苦痛になりませんからね。

得意でもなく、好きでもない場合は最低でも仕事を好きにならないといけないですね。

(好きを仕事にするには)

才能がそんなになくても、『好き』だけでも、もちろんどうにかなる場合もあると思います。

少し視点をずらして、正面から勝負しないというやり方。

例えば、野球が好きだけど、プレーは得意じゃないので、プロになるのは無理。

でも、審判としての資質があるのでプロの野球の審判になるなどという選択もあるでしょう。

野球関係の仕事は何もプロ野球選手になることだけではないですからね。

どうしても、夢を諦め切れない人は、少しだけ方向性をずらしてあげるだけで、面白い仕事が見つかる可能性もあるのかなと思います。

まとめ

かくいう自分も仕事に関しては、これまで色々と悩んできました。

今している仕事も、これまでしてきた仕事も、やはり、結局は自分に合った、得意な仕事をしているように思います。

身の丈に合わないことは、結局全然していないです。

そういうのは継続できない。

若いころは私も実は、可能性ばかり追い求めていましたが、可能性って考えるだけではだめで、綿密に計画して、行動にうつして、それを継続することが大事なことなんです。

考えるだけなら誰でもできますからね。

計画したことを愚直に継続することが大切ですね。

途中、いろいろと進路変更することもあるかもしれないですが。

まず得意分野がわからない人は、得意なことを見つけてください。

そして、それを続けてください。

そうすれば、将来に渡り、仕事を楽しく続けられるんじゃないかと思います。

天職についても記事を書きました。こちらも合わせて読んでください。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

にちこれブログについて

にちこれブログを書いている人

筆者:40代男 一児の父

居住:福岡県

20代前半にアジア一人旅(4ヶ月)をしました。その時滞在した国は11カ国。その後、2001年から海外移住(タイ)生活を3年半ほど経験。伸び盛りのアジアの国々を肌で体感しました。ウェブのことは2001年から友人のドイツ人の家に入り浸って習得。趣味はテニスです。

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作・ITサポート)を始めて10年以上になります。

福岡で自営業や起業家・副業向けの『ちょいビズ』意見交換会・勉強会を開催中です。

フォローなどはお気軽にどうぞ。

スポンサーリンク

フォローする