仕事運アップのために必ず考えておきたい大事なこと

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

いつもお越しいただきありがとうございます。

にちこれブログです。

今回は『仕事運』について考えてみたいと思います。

どうも『仕事の調子』が悪いとか、『仕事運』がイマイチという方も多いかと思います。

私の場合は、自営業なので、どうしても景気の動向にも影響を受けやすいですし、月によって売上も違います。

それでも十数年間、細々とながら、生きながらえています。

自営業の場合は、最初の1年でに3分の1は廃業、10年以内に9割以上が廃業すると言われているようなので、そう考えたら私はまあ、よくやっている方なのかなと思います。

ひとつは、私は、気持ちの上では『絶対(自分に)負けない』と思っているので、苦境に立たされても何とか乗り越えてきた気がします。

でも実は精神論以上に、もっと大事なことがあると思っています。

これまで、仕事をしてきて、いろんな経験をしてきて、やっぱり仕事運を呼びこむことに関して、幾つか大事だなと思うことがあります。

これは、サラリーマンの方でも、パートの方でも、契約社員の方でも、起業家の方でも、役職を問わず、仕事をされている方なら誰でも当てはまると思います。

ご参考にして頂ければと思います。

仕事運がアップする考え方と習慣

私が個人的に仕事をする上で、気をつけていることです。

仕事を経験しながら学んできたことです。

以下のことを気にかけていると、自然に仕事運がアップするように思います。

仕事運を引き寄せる習慣。

習慣を変える

掃除・整理整頓

掃除』や『整理整頓』は気持ちよく効率よく仕事をするために大切です。

掃除』をすることで、余計なプライドがなくなったり、普段気がつかない細かなことだけれども、重要なことに気付くことができるようになります。

また、掃除は、運をたぐり寄せるきっかけにもなります。

玄関やトイレの掃除、水回りの汚れ落としなどが特に大切なように思います。

整理整頓』をすることで、時間のロスを減らすことができます。

どこに置いたかわからないものを探すのには、時間が掛かってしまいますし、ゴチャゴチャした職場では、パフォーマンスも落ちがちです。

また、整理整頓で失くしていた大事なものを見つけることもあります。

観葉植物を置いて、気持ちをリラックスさせるのも良いですね。

また、風水なども取り入れると良いかもしれないですね。

利益にならないことする

自分の利益ばかり考えると、行動や言動に考えていることがにじみ出てきます。

お金にならないことや、一見役に立たないことでも、一生懸命にやることも『信頼』を勝ち取るきっかけにもなります。

言葉を変える

もしあなたがネガティブな言葉を発しているのなら、言葉を変えることをおすすめします。

言い尽くされたいる表現ですが、言葉は『言霊』といい、自分が発することが実現してしまう力を持っていると言われています。

例えば、疲れているなら、『疲れた・・けどもう少し頑張ろう』とポジティブな言葉を加えるだけで、自分の体が言葉によって突き動かされることがわかるはずです。

また、マイナス思考で、ネガティブな言葉ばかり発する人には近づきたくないと感じるのも人情です。

人との関わり方を変える

自分と関わる人、一人ひとりを大切にすること

人との関わりで仕事が成り立ちます。自分一人では仕事はできません。

接する一人ひとりを大切にすることで、普段できない大きな仕事もできます。

日頃から会話をして、コミュニケーションを大切にすることは大切なことですね。

気分転換にいつも使う、名刺や名刺入れなどを新しくしてみるのも良いですね。

人を好き嫌いで判断しないこと。

人を『好き嫌い』では割り切れない部分も確かにあります。

人生、嫌いな人から助けられることも多々あります。

実際に、私も何度も「嫌いな人」から救われた経験があるので、 簡単に決めつけたりしないことが大事だと思います。

人を欺いてまで儲けようとしない

人を騙して儲ける仕事は絶対に続きませんし、自分を苦しめることになります。

求人で、仕事の質や量の割に給料が高いなどの場合は問題がある場合があります。

自分の仕事が本当にお客さんに役立つのかを考えることが大切です。

身なりを整える

上手くいっていない時は、実は自分の身なりに気が回らなくなっていたりします。

そういう時こそ、自分の足元を見て、靴やバッグ、アクセサリーなどの装飾品、眼鏡が汚れていないかなどを確認すると良いですね。

意外とそういうところを人は見ているのかもしれないです。

考え方を変える

仕事に理念を持つこと

仕事に『理念』を持ち続けることも大切です。

これは、何のために自分が働いているかの指針となるので、絶対に忘れてはいけないことです。

もし自分自身に理念があるなら、周囲の状況が変わってもそう簡単には気持ちはぶれないはずです。

例)世界中の誰かが自分のサービスを使うことで笑顔になれば良いな~。

諦めない

すぐに結果が出ないからと言って、諦めないことも必要です。

諦めることは今すぐにでもできますが、諦めないことでより高みを目指せます。

続けていれば、せっかく成功していたものを自ら手放すのはもったいないです。

仕事を好きになる

どうせなら仕事を好きになることが大切です。

嫌いな仕事も考え方によっては、好きになれると思います。

それでも向いていないと感じる場合は転職などを考えると良いと思います。

腹を立てたりしない

仕事にもメンタルが大切。

人生や仕事がうまくいかないからと言って怒りをあらわにしないことです。

少々のことで動じない心を持つことも大切です。

自分の思い通りに事が進むほうが稀です。

(本当は辛くても)いつも冷静にいようとすることも大切です。

自分の経験に頼りすぎない

経験があるからといって調子に乗らないことも大事です。

その経験が新しい発想の邪魔することもあります。

いつも謙虚で、いろんな可能性を信じる人でいたいものです。

経験が邪魔することもある 謙虚さのススメ

自分のレベルを高める

トコトン自己分析する

いろんなことを経験することは大事です。

でも人生は長いようで短い。後悔のない人生を送るのが一番です。

運が悪いと感じたら、自分のことをじっくり見つめなしてみる時間を持つのも大切です。

しっかり自己分析して、失敗を次の糧に活かせるように準備することが大切です。

迷ったら一度立止って、これまでの人生を振り返って、楽しかったことを思い出しましょう。

楽しかったことを仕事にすることも可能なはずです。

勉強・学び続ける

現代社会は変化がとても早いです。

常に変化に対応するために、学び続けることが大切です。

専門性のある分野でなくてもいいので、例えば、パソコンのことに関しては、○さんにお願いしようと思い出してもらえる人になれれば、次第に仕事運も高まってくると思います。

面倒臭がらずにどんどん受けることで、得意分野が増え、次第に評価も高まってきます。

人が嫌がる面倒なことにこそ、仕事が広がる可能性があります。

やらないことを決める

実はこれ結構大事です。

実は運が向かないのは、『やらないこと』を決めていないからかもしれません。

苦手なことや、自分の能力以上のことをしてしまってトラブルになることもあります。

自分のやれる範囲の仕事をやれば、自分の得意分野に集中できますし、成果も格段にあがります。

もし、自分では無理な仕事を引き受けてしまったら、断る勇気も必要です。

まとめ

ここまで沢山書いてきて何ですが・・・・。

実は、仕事運を上げる『特効薬はない』と思います。

神社で厄払いするのも確かに気持ちが晴れ晴れして良いと思います。

ただ、それは根本的な解決ではないですね。

運を呼び込み、それを継続するには、毎日コツコツと地味な作業を続けていくことが大切だと思います。

私も独立当初は、生活が大変だったので、何とかして儲けようとばかり思っていました。

最初はそれで良かったんですが、段々行き詰まるようになり、一度はかなり苦境に立たされました。

そこから、考え方を変え、人のためになることを考えたことで、仕事は安定してきました。

仕事運が悪いと感じている方は、まず基本に立ち戻って、仕事をする意味・働く意味をじっくり考えてみられると良いと思います。

考え方が変わると、次第に仕事運も良くなりますよ。

それから、どうしてもうまくいかない時は、焦って動かずに、じっくりと『時を待つ』のも大事だと思います。時間が解決することも時にはあるように思います。

関連記事

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

にちこれブログについて

にちこれブログを書いている人

筆者:40代男 一児の父

居住:福岡県

20代前半にアジア一人旅(4ヶ月)をしました。その時滞在した国は11カ国。その後、2001年から海外移住(タイ)生活を3年半ほど経験。伸び盛りのアジアの国々を肌で体感しました。ウェブのことは2001年から友人のドイツ人の家に入り浸って習得。趣味はテニスです。

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作・ITサポート)を始めて10年以上になります。

福岡で自営業や起業家・副業向けの『ちょいビズ』意見交換会・勉強会を開催中です。

フォローなどはお気軽にどうぞ。

スポンサーリンク

フォローする