社会人の勉強 効率よく学ぶにはどうすればいいのか

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

いつもお越しいただきありがとうございます。

今回は、『社会人の勉強』について。

社会人になると、なかなか勉強するまとまった時間って取れないんですよね

皆さんもそんな状況ではないでしょうか。

私も比較的勉強することは好きで、いつも何らかの本を物色しています。

勉強が好きと言うより、何か知らないことを知るのが好きなんです。

知らなかったことを知ることで、いつも見ていた景色が、また違った色で見えるので面白いんですよね。

本当は、時間の制約もなく、お金・生活費を稼ぐ(仕事)ということも考えないでいられる環境にいられればいいのにな~と思うんですが、なかなかそうもいきません。

逆に、時間が有り余って、忙しくない状態だと、そのありがたみが分からずに怠けてしまうのが、人間なんですよね・・・。

私も多分、時間があり過ぎたら、勉強もそっちのけで、どこかに遊びに行ってしまうかなと思います。

『荒波に揉まれた魚の方が美味しい』理由もうなずけます。

(同じ時間でもこんなに違う)

  • 時間が有り余ると人は怠けがちになる。
  • 時間がないと(勉強)時間が貴重に感じる。

ということは、時間がない方が集中して勉強できるとも言えなくもないですね。

ということで、時間がなくても、勉強する方法やモチベーションなどについて考えたことを書いてみました。

社会人が勉強するメリット

  • 学ぶことで世間の見え方が変わる
  • ライバルに差をつけられる。差がつく。
  • 心にゆとりが生まれる
  • 仕事以外にも幅広い視野を持てる
  • 引き出しが増える
  • 将来のためになる。出世するかも?
  • 勉強が世間のためになる
  • (資格によって)給付金がもらえる
  • 新しい仕事につける
  • 年収が上がる?給料が増える?

などメリットは色々と考えられます。

いずれにしても、やる気を継続するには、しっかりした目標を立てることが大切ですね。

社会人の勉強 効率良くおこなうために

社会人勉強

これは自分のために考えたことです。勉強される際のご参考にどうぞ。

勉強時間の確保や場所の確保、習慣化が鍵のような気がします。

継続するために必要なこと。

勉強時間を強制的に作る

勉強するのにまとまった時間がある方が良いですが、ほんの5分でも毎日時間を作れば、月150分の勉強量になるので、細切れ時間も馬鹿にならないですね。

社会人に時間がないのは、どうしようもないことですが、工夫次第で時間も作れるのではないかと思います。

以下一例です。

  • 移動中の車の中や電車でオーディオブックを聴く
  • トイレやお風呂などで『ながら』勉強
  • スマホやタブレットPCに教材を入れておいて暇な時に読む

勉強をルーチン化する

上記と関連しているんですが、勉強することを『ルーチン化(習慣化)するのも大事です。

私も毎日、必ずやるということを決めてルーチンにしています。

iPadのアプリに毎日少しづつ読む本を忍ばせていて、寝る前に開いて読むようにしています。

短い時間で読み進められる量は少ないですが、やるのとやらないのとでは随分違う気がします。

今日どっさり勉強して、明日・明後日はしないというよりは、毎日コツコツやる方が長続きするように思います。

小さなことですが、積み重ねで大きな力になっているように感じます。

習慣化というのも大切ですね。

少しづつ学ぶことで、目に見えない差が出てくるようにも感じます。

掃除・整理整頓する

勉強にはあんまり関係ないようで、実はこれも重要。

取り出したい情報を、素早くキャッチできるようにするには、整理整頓が不可欠です。

私も掃除・整理整頓を毎日やるようになってから、仕事の効率が随分上がりました。

整理整頓することで、何より時間・余暇が増えました。

勉強を気持よくやるための環境作りとして、掃除と、整理整頓は大切だと思います。

[blogcard url=”https://dazaifu-magokorodo.com/sojichikara″]

勉強のための環境整備

上記の関連しますが、勉強するためには環境整備・準備も必要ですね。

  • 誰にも邪魔されない書斎を作る
  • 計画・目標を立てる
  • 教材を揃える
  • スマホやタブレットを利用する
  • 学習するためのアプリを導入する
  • ブログなどで学んだことをアウトプットする

私の場合は、読みたい本を自炊(PDF化)して、iPadのアプリで読むようにしています。

なかなか効率が良いです。

[blogcard url=”https://dazaifu-magokorodo.com/jisui″]

最近はスマホやタブレットを利用して学習する方法・選択肢が増えているので、活用の仕方によっては、効率が随分良くなるんじゃないかと思います。

書斎は家が狭い場合は、行きつけのお店などを作るのも良いかもしれませんね。

(本を自炊してiPad・タブレットPCで読む)

  1. 本を自炊→PDF化
  2. iPadのアプリで本を読む

私は資格試験は受けることはほとんどありませんが、試験勉強の教材を自炊してタブレットで読むというのも良いと思いますね。

[blogcard url=”https://dazaifu-magokorodo.com/denshishoseki″]

社会人の勉強 私の場合

勉強例

私が個人的にやっていることです。ご参考程度にどうぞ。

語学を学ぶ

海外(非英語圏)に住んでいたことがあるので、言語は多少は勉強しました。

まあ、もうずいぶん忘れましたが・・・。留学の目的の一つは、やはり語学でした。

忘れた言葉を思い出すために、ネットでBBCのホームページを覗いたり、海外の現地ラジオ放送を聴いたりして、耳慣れするようにしています。

なんだかんだ言って、言葉・言語を自然なかたちで学ぶには、現地の人が話す言葉を聴くことが一番手っ取り早いように思います。

文法や文字などはその後でも良いのかなと思います。

英語、中国語、スペイン語などの教材もいろいろあると思いますが、少し耳で慣れてからやると、割りとすんなり入れるんじゃないかなと思います。

目で格闘するより、耳で慣れていくのが近道のような気がします。

郷土史料を読む

たまに、郷土史料を読んでいます。

郷土史を読むのは、地元の歴史を知る上で、大変ためになります。

郷土史料というのは、その名の通り、故郷や住んでいる地域の歴史のことです。

自分の足下を知るということは、その地域に愛着が湧きますし、普段何気なく暮らしている日常がまた違った色に見えるようになります。

最近では市のホームページなどにも詳しく掲載されていることもあるので、覗いてみられると良いと思います。

私もパソコンで仕事するときは、市のホームページに行って、郷土史の過去ログなどを読んでいます。

本当に新たな発見が多いのでおすすめですよ。

色んなジャンルを学ぶ

勉強の一環として、読書もとても大事だと思います。

個人的には本当に多ジャンルに興味を持って学んでいます。

もちろん、コアとなるジャンル・好きなジャンルというのはあるのですが、それ以外に、少しでも興味があるジャンルには割りと積極的に飛び込むようにしています。

専門分野を伸ばすのは大切ですが、それに付随して、様々なジャンルのことを知っておけば、色んな人と会話ができますし、またひと味違ったアイデアが生まれることもあるんじゃないかと思います。

色んなジャンルの本を読んでおくこともおすすめしたいです。

まとめ

勉強をすることは、時間の制約もあり、きついことや、大変なことも多いですが、楽しいことも多いと個人的には思います。

このブログのタイトルは『日々是好学』と名付けましたが、「毎日楽しく学んで行こうよ」という意味でつけさせて頂きました。

学ぶ目的はいろいろだとは思いますが、できることなら、学ぶことを楽しみながら一生続けていきたいですね。

勉強に関する記事

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

にちこれブログについて

にちこれブログを書いている人

筆者:40代男 一児の父

居住:福岡県

20代前半にアジア一人旅(4ヶ月)をしました。その時滞在した国は11カ国。その後、2001年から海外移住(タイ)生活を3年半ほど経験。伸び盛りのアジアの国々を肌で体感しました。ウェブのことは2001年から友人のドイツ人の家に入り浸って習得。趣味はテニスです。

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作・ITサポート)を始めて10年以上になります。

福岡で自営業や起業家・副業向けの『ちょいビズ』意見交換会・勉強会を開催中です。

フォローなどはお気軽にどうぞ。

スポンサーリンク

フォローする