忙しい社会人が英語を勉強する 無料で学ぶ方法

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

いつもお越しいただきありがとうございます。

今回は、『忙しい人が無料で英語を学ぶ方法』について。

毎日仕事をしながら英語の勉強するのは大変ですね。

私も、以前は片道30分の英会話教室に週2回通っていた時期がありました。

外国人と面と向かって会話できるので、それはそれで、大変ためになったのですが、正直毎回行く時間を作るのがしんどかったです。

なかなか時間が取れない社会人が英語を効率よく勉強する方法を書いてみました。

忙しい社会人が英語の勉強時間を作る

勉強時間を作る

自宅や外出先でながら時間を活用する。

  • トイレ中
  • 運転中
  • 電車通勤中
  • 休憩時間中
  • 昼食中・夕食中

外出先でも勉強できる環境を作る

携帯電話やスマホ・タブレットPCを上手に活用することも、時間を作る鍵ですね。

おすすめの無料英語勉強法

イギリスのテレビ番組のBBC(英国放送協会)をご存知の方も多いと思います。

親切なことに、このBBCは『英会話の勉強サイト』を以前から運営しているんです。

BBC Learning English

BBC Learning English

プログラムの改訂はたまに行われるので、いつまで同じプログラムがあるかは確認していただかないとわかりませんが、かなり作りこまれたサイトなので利用する価値は大です。

別に私はBBCの回し者ではありませんが、大変便利な英会話の学習サイトなので紹介します。

英語レベルに応じて学習できる

ページ左上側の『Courses』というカテゴリを押すと、英語のレベルに応じたコースが用意されています。

lower-intermediate(初級ぐらい)

intermediate(中級ぐらい)

upper-intermediate(中級以上ぐらい)

towards-advanced(準上級・上級ぐらい)

ご自身のレベルに合ったプログラムを選んで学べるので、大変便利だと思います。

ちなみに私の場合は、レベルがintermediateあたりですが、このコースでは、音声で英語学習ができるほかに、音声で流れたボキャブラリーや、内容に関しては、オーディオとPDF(transcript)をダウンロードできるので、復習が大変やりやすく便利です。

発音の勉強

私達日本人にとって難しいと感じる英語の発音などに関しても、丁寧に動画で解説された特設ページもあるので、本格的なイギリス英語の発音を身につけたい人にもおすすめです。

外出先でも勉強できる

スマホにも対応しているので、移動中や外出先でも気軽に閲覧できるから良いですね。

移動中の細切れ時間を活用して、コツコツ積み上げていきたいですね。

BBCラジオを活用する

BBCニュースのホームページにはラジオを聴くボタンが付いています。

そこを押すと、最新のトピックが流れてくるので、耳で英語を学習できます。

英語のラジオを聞き流しながら耳慣れするのも良いと思います。

BBC Learning Englishを活用するメリット・デメリット

(メリット)

  • 何より無料で学べる。
  • 本場のイギリスの発音に触れることができる。
  • レベルに合った学習レベルを選べる。
  • 音声や動画で学べるからとっつきやすい。
  • 音声やPDFが用意されているので、復習がやりやすい

(デメリット)

  • 誰かと対話をするわけではないので、退屈になる可能性がある。
  • 無料なので逆に真剣味が足りなくなることもある。

そんな時は、オンライン英会話教室などと併用すると更に効果が高まると思います。

まとめ

社会人が自宅や外出先で効率よく無料で学ぶ方法を書いてみました。

時間がなくても英語の勉強は可能です。

プログラムには多種多様なコンテンツがありますが、仕事で取引先と英語でやり取りしなければならない時などに便利なコーナーなどもあり、忙しい社会人にも活用できるコーナーが沢山あるので、是非利用してみてください。

また、社会人として英語が話せるだけでは本当の意味での深い話はできません。

読書やその他の専門的な勉強なども平行して行うことをおすすめします。

iPhoneで聴くポッドキャストなどもオススメです。

車で移動中にカーステレオでPodcastを聴けるのは便利ですよ。

車のカーステレオでスマホのポッドキャストを聴く方法

留学の目的について考えました。

留学の目的は明確な方がいいのか?

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

にちこれブログについて

にちこれブログを書いている人

筆者:40代男 一児の父

居住:福岡県

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク