手洗い洗車で運気を上げる 手間をかけることのススメ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

私は基本的には『自分で手洗い洗車派』です。

自分で愛車を洗うと何かすっきりした気分になります。

自動洗車機も手っ取り早く洗うには悪くはないですが、洗車ブラシなどでボディを傷つけたくないという思い(そんなに気にしていませんが・・・)と、細かい水垢汚れなども洗い流したいので、基本的には自分で手洗いをしています。

最近、掃除が暮らしに良い影響を与えていると感じているので、ますます掃除に力が入ります。

手洗い洗車で準備したこと

洗車に関しては、今までも手洗いをしていたものの、どんなもの(道具)を使えば良いかよくわからない状態でやってきました。

でも、今回は反省して、気合を入れて、洗車用品を『ハンズマン』で揃えました。

私の自宅はマンションタイプなので、自宅での洗車は無理。

いつものセルフ洗車場に行ってきました。

手洗いセルフ洗車場は、ガソリンスタンドに併設してあるコインを入れるとシャワーから水が出るタイプのものです。

値段もお手頃で助かります。また、私の利用している洗車場はスポンジやバケツなども貸してくれます。

バケツに水を汲んで、中性洗剤で車を簡単に洗い流して、シャワーですすいで終わりというようなお粗末な洗車で済ませていましたが、今回は以下のようなものを揃えてみました。

ネットで調べると、以下の道具が洗車の際に役に立つと書かれていたので、早速ハンズマンで物色してみました。

  • 『ウィルソン 泡立てシャンプー』
  • 『プロスタッフ CCウォーター』
  • 「ソフト99 水アカストロングクリア」

お店で泡立てシャンプーが見つからなかったので、今回はバケツに水を張り、中性洗剤を使って洗うことにしました。

洗車場の機械には、シャンプーなどが出るオプションはあるにはあるのですが、今回は用具も揃えたことですし、手作業にこだわって自分で磨いてみました。

洗車から磨き上げ、車内掃除まで掛けた時間は2時間弱。

なかなかハードな仕事でしたが、新車で車を購入から7年ほどになりますが、初めて自分が納得できるほどにピカピカになりました。

完全に新車みたいとはいかないまでも、とにかく、これまでよりもずいぶん美しくなりました。

何か誇らしい気持ちにもなりました。

最後は車内の掃除までキッチリして、車の外も中も綺麗になりました。

手洗い洗車(セルフ)のメリット

  • 自分の車に愛着が湧く。大切にしようと思う。
  • 見えない汚れに気がつくことができる。
  • 今まで気づかなかったキズ等を発見できる。
  • 気持ちがすっきりする。達成感・充実感を味わえる。

手洗い洗車のデメリット

  • とにかく疲れます。夏の暑い日だと本当に体力の消耗してしまいます。
  • 寒い季節は手が冷たい。寒い。
  • 時間がかかる。

手洗い洗車まとめ

手洗い洗車をするメリットはいろいろとありますが、何と言っても、『車を大切にする気持ちが』芽生えることが大きいですね。

それに、普段見えない汚れやホコリ、キズなどまで気付くことができるようになります。

ある意味、車の状態を知ることにも繋がりますし、事故の防止などにも繋がるかもしれないですね。

個人的には、車を大切にして、安全な運転を心がけようと思いました。

一説によると、会社の車を社員が自ら洗車して綺麗にしておくことで、社用車の事故率が減る効果もあると言われているようです。

それはもしかしたら、車を大切にしようという気持ちが芽生え、自然に安全運転になるのかもしれないですね。

(今回使った洗車道具)おすすめグッズです。

ワックスのようにムラがでないのが良いと思いました。

汚れている部分にシュッシュッと噴きかけるなど、局所的に使えるので、大変便利だと感じました。お値段も安いので一本持っていると便利です。

車に関する記事

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

にちこれブログについて

にちこれブログを書いている人

筆者:40代男 一児の父

居住:福岡県

20代前半にアジア一人旅(4ヶ月)をしました。その時滞在した国は11カ国。その後、2001年から海外移住(タイ)生活を3年半ほど経験。伸び盛りのアジアの国々を肌で体感しました。ウェブのことは2001年から友人のドイツ人の家に入り浸って習得。趣味はテニスです。

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作・ITサポート)を始めて10年以上になります。

福岡で自営業や起業家・副業向けの『ちょいビズ』意見交換会・勉強会を開催中です。

フォローなどはお気軽にどうぞ。

スポンサーリンク

フォローする