生後1ヶ月の赤ちゃん 夫として育児の大変さがちょっとわかった件 

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

いつもお越し頂きありがとうございます。

今回は『生後1ヶ月の赤ちゃん 大変さがわかった件』について。

我が家に初めて赤ちゃんが誕生して早1ヶ月。

1ヶ月間は嫁の実家にいたので、1ヶ月後にお宮参りを済ませて、我が家に遂にやって来ました。

我が子はやっぱり無条件で可愛いし、もうメロメロです。

ただ、やっぱりその半面、夫から見ても、大変だなと感じることもあります。

特に、世のお母さん(ママ)は、こりゃ大変だわと初めて実感したので、忘れないうちに書いておきたいと思います。

世のお父さん(パパ)はきちんとサポートしないといけないですね。

夜泣き

とにかく、夜泣き。

大体夜中に3~4時間ごとにおっぱい・ミルクが欲しくて泣き出すので、そのたびに起きることになるのでママは大変。

ギャン泣きで泣き止まない時は本当に大変です。

夫は、毎日寝不足で翌日の朝、仕事することになるので、体力が必要ですし、忍耐力も鍛えられますね。。 笑

睡眠時間はどこかで時間を見つけて仮眠を取らないと、完全に弱ってしまいまそうです。

寝不足で免疫力が落ちて、風邪を引かないように注意が必要ですね。

手足をジタバタ

おいおい。どうした!?というくらいに手足をバタバタさせてびっくりです。

下手したら10分以上バタバタするので、赤ちゃんってこんなに動くの?と最初は驚きました。

月日が経てばだんだん減ってくるそうです。

お腹が空いた時によく動くようです。

お風呂入れ

毎日だいたい同じ時間にお風呂に入れるようにしています。

入れる時の体勢がキツイので結構シンドイと感じます。

それに、首がすわっていないので、お風呂に入れる時には慎重になります。

私の場合は、特に背中を洗う時が苦しくならないようにするのが難しいです。

お風呂入れた後に、お風呂掃除するのも地味に大変です。

おむつ替え

頻繁にオシッコ・ウンチをするので、一日に何度もおむつを替えないといけないので、こりゃ大変だと思います。

私は仕事柄、家にいることが多いので、良いのですが、これを嫁さんだけでやるとなると、本当に重労働だなと思います。

まとめ

初めての育児なので、慣れていないので、色々と手探りでやっていますが、段々分かってくる部分も増えてくると思うので、あんまり出来ないと焦ったり、イライラしない方が良いのかなと思います。

と言っても、旦那(自分)は仕事で家にいない時間もあるので、その時にストレスを発散できますが、嫁はその場から逃げられないので、嫁の方はストレスを溜めがちになるのかなと思います。

夫としては、家に帰ったら、自分ができることは率先してやることが大事だなと感じますね。

特に、育児と家事で結構一日は終わってしまうので、率先してやることはやらないといけないですね。

また、赤ちゃんと向き合うことは大事だけど、向き合いすぎて周りが見えなくなりストレスを抱えるのも問題なので、ある程度の距離感を保つのも大事なのかなとも思います。

こんなに小さい時期も少しの間なので、楽しみながら育児できればいいですね。

新米パパの赤ちゃんのお風呂入れ初体験と感想

新米パパは両親学級に行った方が良い理由

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

にちこれブログについて

にちこれブログを書いている人

筆者:40代男 一児の父

居住:福岡県

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク