スケジュール管理 やることリストで見える化

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

いつもお越しいただきありがとうございます。

にちこれブログです。

今回のお題は、『スケジュール管理 やることリストで見える化』について。

今の時代は、みんな毎日やることが多くて大変ですね。

忙しいと、目先のこと作業にとらわれて、大事なことを見失いがちです。

それに、『忙しく作業をしていれば、それで上手くいっているというような錯覚』があったりします。

しかし、そこが実は落とし穴なような気がします。

優先順位をつけずに、仕事をすると、作業は沢山しているのに全然効果が出ていないということにも繋がりかねません。

勉強にしても、家事にしても、仕事にしても、効果が上がらないと感じるのは、実はそういう理由からかもしれません。

ですから、まず、『やることリスト』を作り、『優先順位』を決めた上で、作業を効果的にやることが重要ですね。

反対に、『優先順位』も定まらないまま、目先のことを一所懸命やるのはあまりスマートなやり方ではないように思います。

限りある時間を有効に活用したいですね。

スケジュールの可視化

見える化

まずは、『目標の設定』。

その後、『やるべきことを明確』にし、それに対して『優先順位』を決めて、『スケジュールを可視化』をすることが大切だと思います。

こうすることで、仕事の効率化はもちろん、学問、家事、プライベートの充実などが期待できます。

現代人は忙しいので、優先順位を決めないと、目先のことで精一杯になってしまいがちです。

ということで、まずは『目標を設定』しましょう。

1.目標を設定する

目標を設定する

まずは何はなくとも『目標設定』。

  • 1ヶ月単位の目標。
  • 3ヶ月単位の目標。
  • 半年単位の目標。
  • 一年単位の目標
  • 3年先の目標。

1ヶ月単位、年単位で目標を明確にしてみます。

目標を設定することで、いま自分が何をしなければいけないかが見えてきます。

ただし、大きすぎる目標、ハードルの高過ぎる目標は逆に実行を阻害する原因にもなります。

自分が確実に達成できると思うことを目標にすることをおすすめします。

例えば、サッカーをしたことがない人がいきなり思い込みでプロのサッカー選手になるなどの目標は実現の可能性が限りなく低いのでNGです。

本をひと月に1冊読んでいる人が、3冊に増やすのは少し頑張れば達成可能なはず。

そういう実現可能な目標は良いと思います。

また、ひと月で10キロのダイエットは無理でも、1キロのダイエットならできそうです。

工夫すれば達成可能なレベルの目標を掲げる方が良いと思います。

自分に多少の負荷をかけるのは良いのです。

でも、無理な負荷をかけると諦める方向に向かってしまいがち。

少しだけキツイくらいがちょうどよいように思います。

むしろ、頑張らないで成果を上げるよう工夫するのも知恵のひとつですね。

目標設定』に関しては、実際にどうなりたいか・どうしたいかを具体的にイメージできればしめたものだと思います。

2.やるべきことを箇条書きする

やるべきこと

目標とスケジュールにあわせて、『なにをやるべきか・やるべきこと』を箇条書きにします。

最初は、何でも良いので思いつくことを箇条書きするだけでもいいと思います。

最初はまとまらないと思いますが、とにかくやるべきことをどんどん書き出してみます。

そうすることで、自分の頭の中がまとまってきます。

それと、実は、やらないことを決めることも重要です。

やらないことを決めると仕事もプライベートも楽になるという記事もご参考にどうぞ。

3.優先順位をつける

優先順位

『目標』が決まり、『やるべきこと』もある程度明確になりました。

今度は『優先順位』をつけます。

1、2、3、4という風に番号をふってあげてもいいかもしれません。

優先順位をつけることで、まず一番に何をすべきかが一目瞭然となります。

それから、優先順位の低いものは、今は『やらなくていい』ものとして捉える事ができるので、気持ちも楽になると思います。

今までは、『あれもこれも』と考えていたことが、『まずは優先順位の高いもの』からと割り切ることで、精神的にも楽になるはずです。

まさに、『断捨離』のような感じですね。

仕事にも断捨離が必要 やり方と効果とは?

仕事で成果が出ない時などに読むと良い記事です。

3.グーグルカレンダーで「やること」を可視化

上記のように、優先順位を決めたら、やることを可視化(見える化)する作業に取り掛かります。

私の場合は、やること(タスク)管理には、無料のグーグルカレンダーを利用します。

※システム手帳などでも同じようなやり方は可能なので、ここは興味のある方のみご参照ください。

グーグルカレンダー

グーグルカレンダーは、フリーのWebツルーでありながら、簡単で使いやすいので、おすすめです。

なにより、一日、週間、月間のスケジュールがカレンダーを見れば一発でやるべきことを確認することができるので便利です。

あまりパソコンに詳しくない人でも直感的に、簡単にスケジュールを書き込めるので便利だと思います。

タスクリスト」を見れば、日々の仕事やプライベートのやるべきことがわかるので助かりますし、「タスク」が終了すれば、レ点を入れることで終了したことが確認できるので、わかりやすいです。

私の場合も、毎日、このグーグルカレンダーを確認することで、ずいぶん生活にメリハリが出るようになりました。

スマホアプリ『Refills』外出先でタスク見える化

スマホアプリのRefillsはグーグルカレンダーと同期して使えるので便利です。

出先でもスケジュールやタスクを確認することができます。

まとめ

スケジュールとタスクの可視化(見える化)が完了です。

まず、目標を定め、やるべきことを明確にして、優先順位を付ける。

それをスケジュールに落とし込み、スケジュール管理アプリなどで可視化する。

更にマインドマップなどを利用すれば、自分の頭の中が更にすっきりして楽になると思います。

また、時には目標の見直しも必要になることもあります。

柔軟にやっていきましょう。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

にちこれブログについて

にちこれブログを書いている人

筆者:40代男 一児の父

居住:福岡県

20代前半にアジア一人旅(4ヶ月)をしました。その時滞在した国は11カ国。その後、2001年から海外移住(タイ)生活を3年半ほど経験。伸び盛りのアジアの国々を肌で体感しました。ウェブのことは2001年から友人のドイツ人の家に入り浸って習得。趣味はテニスです。

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作・ITサポート)を始めて10年以上になります。

福岡で自営業や起業家・副業向けの『ちょいビズ』意見交換会・勉強会を開催中です。

フォローなどはお気軽にどうぞ。

スポンサーリンク

フォローする