三国志Three Kingdomsの動画を少しお得に観るには

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

いつもお越しいただきありがとうございます。

今回は『三国志ドラマ Three Kingdomsをお得に観ること』について。

三国志好きの私は、このブログで以前、『横山三国志』をテーマに30話分の記事を書きました。

ただ、タイトルの『三国志ドラマ Three Kingdoms』については何も触れたことがなかったでし。

正直、三国志好きの方なら、こちらもかなりおすすめです。

三国志ドラマ・スリーキングダムに関しては、数年前にDVDレンタルで一気に全巻観て、ヨメに呆れられました・・。

ただ、それくらいにとても出来のいい作品ですし、だんだんドラマに引き込まれていきます。

私もまたいずれまた観たいドラマなので、数年経って記憶はうろ覚えですが、魅力を書きたいと思います。

(追記:2016年10月にDTVで再度鑑賞)

三国志 Three Kingdomsの魅力

横山三国志もそうですが、やはり三国志と言えば、個性豊かな人物が織りなす、壮大な歴史と人間ドラマが人を惹きつけるのではないかと思います。

三国志スリーキングダムの登場人物の俳優人も正直期待以上でした。

個人的に好きだった登場人物(キャスト)は以下の人たち。

曹操役(チェン・ジェンビン

曹操らしい風格を漂わせたチェン・ジェンビンさんの演技はなかなか見応えがありました。

横山三国志の曹操はあまり好きではなかったのですが、Three Kingdomsの曹操はかなりはまり役で、見事な演技だと思いました。

諸葛亮(ルー・イー)

ちょっとイケメンすぎる?と思うくらいですが、諸葛亮孔明役のルー・イーという人の演技もなかなかのものでした。

私の中での諸葛亮は横山三国志をイメージしてしまいますが、その通り、もしくはそれ以上のクオリティの高い諸葛亮でした。

その他

劉備は人徳のありそうな雰囲気のユー・ホーウェイという人でしたが、なかなか良かったです。

武将の身につけている武具がこれまたイチイチかっこいい。

相当数の武将がいるので、武具ひとつとっても相当な時間と労力とお金が掛かっているはずです。

Three Kingdomsをお得に観る

私の場合は、三国志ドラマThree Kingdomsを観るために、このTSUTAYAに足繁く通い、レンタルをひたすら繰り返しました。

正直、この動作が面倒でしたが、全巻制覇まで何度もTSUTAYAに通いました。

毎回、数話を借りては、すぐに観るのですぐに終わるの繰り返し。

毎回観る楽しみが募るのでそれはそれでいいのですが、効率は良くないですね。

特に、レンタルショップまで距離があるとなおさらです。

そこで、動画の配信でもしていないのかな?と調べてみると、ありました!

「dTV」

(2016年10月28日現在 three kingdomsは配信停止されています。。。)

NTTdocomoの配信するサービスです。

ドコモ以外のauやソフトバンクユーザーでも利用できます。

実際に、私はSoftBankを使っていますが、問題なく契約できました。

PCやスマホにも対応しています。

私はパソコンで観ています。

パソコンだと画像が少し荒いのが難点です。

この辺は、モニターやグラフィックボードの性能にもよると思います。

Microsoft Silverlight 5 以上をインストールする必要があります。

テレビで観るには、dTVターミナルが必要なようです。

デバイスは5台まで登録可能。ただし、違うデバイスで同時に閲覧することはできないようです。

月額500円で12万本以上の動画が見放題。洋画が豊富な印象です。アニメや邦画、音楽なども観れます

初回は31日間無料(2016年5月9日現在の情報)なので、お試ししてみるのも良いかもしれません。

三国志Three Kingdomsを全編観るだけで、正直簡単に元が取れてしまいます・・・。

他の動画配信サービスですと、1編だけでも500円ぐらいするところもあるんですけどね。。

まとめ

正直、上記の映像配信サービスdTVを知っていれば、三国志を観る時にとても楽だったかなと思います。

というのも、やはり、わざわざレンタルショップに行かなくてもいいんですからね。

また、暇ができたら私も再度Three Kingdomsを観たいと思います。

(その後、暇ができたので早速契約して楽しんでいます。)

「dTV」

三国志関連

桃園の誓い編(1) - 横山光輝・漫画 三国志から学ぶ人生訓

80年代に読んでいた懐かしい漫画特集

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

にちこれブログについて

にちこれブログを書いている人

筆者:40代男 一児の父

居住:福岡県

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク