陳倉の戦い(27)- 横山光輝・漫画 三国志から学ぶ人生訓

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

名著・漫画・横山光輝の三国志を読んで、その人物や出来事から個人的に得た人生訓を書いています。

陳倉の戦い(あらすじ)

呉は周魴の計で、魏の曹休に大きな痛手を負わせます。

その際、魏の曹休は背中に腫れ物ができ死去。

また、蜀では大車輪の活躍をした趙雲が遂に亡くなります。

孔明は、後出師の表を出し、再度、魏の討伐に向かいます。

第二十七回 陳倉の戦いの巻から学ぶ人生訓

郝昭に学ぶ

陳倉を守る郝昭は、孔明に降伏の要請を受けるも、2度それを断ります。

総攻撃をやむなくされた蜀軍は陳倉を攻めますが、郝昭の鉄壁の守りにより、城を落とすことができません。

孔明にとっても、これまでで一番苦労した城攻めとなりました。

後に、郝昭は病気で亡くなりますが、孔明はその武勇を称え、死を惜しみました。

孔明と姜維の会話に学ぶ

陳倉攻めに苦戦する孔明を見て、姜維は「陳倉城にこだわり過ぎている」と助言し、孔明の目を開かせます。

孔明が目をかけていた、姜維のアドバイスが孔明の窮地を救いました。

何事も意固地になるといい結果は生まれませんね。

余談ですが、パナソニックの社長で故・松下幸之助さんの『素直な心になるために』という本の中で、以下のような言葉がありました。

「素直な心が高まってくれば、そのなすところは融通無碍となり、いわば障害なくなってしまうと思われます。(中略)素直な心になったならば、自分の行く手に高い山が立ちふさがったような場合でも、これを無理やりつきぬけて通ろうというように考えずに、たとえば、山のふもとを回り道して通っていけばよいと考えるだろうと思うのです。」

まさに、この場合の諸葛亮孔明にも当てはまるもので、孔明は自らが、城攻めにこだわり過ぎていることを姜維に気付かされて、方針を転換することで窮地を脱することができました。

やはり、常に素直な気持ちで、人の意見を取り入れるゆとりが必要なんですね。

大天才、孔明でさえも、時にこのような状況に陥るのですから、凡人の私などは常に気をつけておかなければいけないと思いました。

経験が邪魔することもある 謙虚さのススメ

司馬懿に学ぶ

司馬懿は以前、その能力の高さゆえに、魏の文官たちに警戒感を持たれ、追放処分にされました。

そのため、司馬懿は功を立てても、できるだけ目立たないように慎重に行動します。

それでも、その能力は隠せないもので、結局、蜀と呉が魏を攻めた際に、病気の曹真に代わり、大都督として指揮を振るうことになりました。

曹真に学ぶ

魏の曹真は大都督として軍を率いますが、これといった采配をふるうこともできずに、孔明に連戦連敗を続けていました。

蜀軍は兵糧が尽きる前に成都に退却する計画を立てます。

しかし、曹真はその裏をついて、あえて兵糧を積んだ数千台の車を祁山の西で運ばせます。

蜀が兵糧を獲りにきた際に、襲い、本陣を突く狙いでした。

しかしそれも見事に孔明に見破られ、曹真はあべこべに敗走します。

曹真は自分の才のなさに失望し、その後病気になり、洛陽に戻り養生することになります。

曹真が偉かった点は、再度蜀と呉が魏を脅かした際に、病気の自分では大都督は務まらないとし、司馬懿にその地位を譲ったことですね。

まとめ

この巻では、郝昭の奮闘と孔明の苦悩が印象的でした。

魏は蜀にも呉にも攻められ、曹真ではその流れを止めることができずに、遂に司馬懿を大都督にしたのは、時代の流れ・宿命とも言えますね。

(前の巻)街亭の戦い(26)

(前の巻)孔明の帰国(28)

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

にちこれブログについて

にちこれブログを書いている人

筆者:40代男 一児の父

居住:福岡県

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク