落鳳坡の衝撃(17)- 横山光輝・漫画 三国志から学ぶ人生訓

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

名著・漫画・横山光輝の三国志を読んで、個人的に得た人生訓を書いています。

落鳳坡の衝撃の逆襲(簡略)

劉備は劉璋を倒す機会を得ながら、その機会を逃します。

また、孫権も劉備の荊州を窺うための策略を仕掛けます。

曹操も呉を虎視眈々と狙うものの退けられます。

劉備は劉璋の蜀を守るために張魯と戦うも、劉璋が十分な兵と兵糧の援助を断ったため、荊州に帰る準備をします。

劉備は涪城を取り、劉璋と開戦します。

第十七回 落鳳坡の衝撃の巻から学ぶ人生訓

劉備に学ぶ

蜀を奪うチャンス到来。劉備は劉璋の酒宴に招かれます。

しかし、義に厚い劉備は劉璋を切ることができませんでした。

龐統をはじめとした諸将は、劉備のこの考え方にヤキモキさせられたことだと思います。

また、蜀の将軍との戦いで、劉備は蜀の諸将を次々に説き伏せて味方にします。

その点はさすがに劉備の人徳だなと感じます。

龐統に学ぶ

龐統は劉備に軍師として従います。

常に的確な判断で、劉備に安定感のある助言をしていた龐統だったのですが、ここでもある人物への嫉妬心が仇となりました。

その人は孔明。

周瑜と同じように、龐統はおそらく何かと孔明の存在が気になっていたのでしょう。

孔明の使者が劉備の下へやってきた時、劉備は孔明への信頼を露わにします。

そのことが、龐統の嫉妬心を呼び起こし、孔明の使者からの助言を振り払い行軍することで、死期を早めてしまいます。

これが孔明の凄さでもあり、また両雄が並び立てなかった理由かも知れないですね。

まとめ

蜀を目の前にしても、義を重んじることを貫いた劉備は素晴らしい人だと思います。

ただ、蜀を取るせっかくの機会を逃したことは確かに痛かったし、それによって多くの犠牲者を出したのも見逃せないですね。

でも、もし仮に、劉璋を殺して蜀を奪うようなことになれば、人心という大きな徳を犠牲にしていたかもしれないので、致し方なかったのかもしれないですね。

それにしても、蜀の優秀な人材であった張松を失い、また、片腕としてこれから活躍して欲しかった龐統を失った損失は劉備のその後にとっては大きな痛手だったことは間違いないですね。

特に龐統を失ったために、孔明が劉備に同行することになったことで、荊州が手薄にならざるをえない状態になったことが、劉備のその後の活動に影響を及ぼしたことは大きかったですね。それだけ龐統の存在は大きかったとも言えますね。

(前の巻)馬超の逆襲(16)

(次の巻)成都攻略戦(18)

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

にちこれブログについて

にちこれブログを書いている人

筆者:40代男 一児の父

居住:福岡県

20代前半にアジア一人旅(4ヶ月)をしました。その時滞在した国は11カ国。その後、2001年から海外移住(タイ)生活を3年半ほど経験。伸び盛りのアジアの国々を肌で体感しました。ウェブのことは2001年から友人のドイツ人の家に入り浸って習得。趣味はテニスです。

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作・ITサポート)を始めて10年以上になります。

福岡で自営業や起業家・副業向けの『ちょいビズ』意見交換会・勉強会を開催中です。

フォローなどはお気軽にどうぞ。

スポンサーリンク

フォローする