馬超の逆襲(16)- 横山光輝・漫画 三国志から学ぶ人生訓

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

名著・漫画・横山光輝の三国志を読んで、個人的に得た人生訓を書いています。

馬超の逆襲(簡略)

父、馬騰を失った馬超は、曹操を攻めます。

馬超の勢いは凄まじく、一時は曹操を窮地に追い詰めます。

特に許褚と馬超の戦いは見応えがあります。

しかし、韓遂の裏切りにより、馬超の西涼軍は壊滅します。

また、西涼軍の敗北を知った漢中の張魯は、偶然にも玉璽を手にします。

そこで、張魯は領土の拡大を図ること決め、蜀を狙うことを決めます。

焦った蜀の劉璋は、曹操に張魯を攻めるよう促す使者(張松)を送るも失敗。

張松は劉備と示し合わせて、蜀を取る策を練ります。

第十六回 馬超の逆襲の巻から学ぶ人生訓

龐徳に学ぶ

馬超が曹操攻めた時、龐徳は西涼軍の参謀として活躍します。

特に、曹操配下の将、曹洪と徐晃の性格を見て、血の気の多い人物と見抜き、あえて怒らせて交戦させる場面などは見事です。敵を知り己を知ればというところでしょうか。

龐徳はバランスの取れた人で私も個人的には好きなキャラクターです。

韓遂に学ぶ

馬超を知略で支えた韓遂は、冬に入り食糧難に陥った西涼軍を、曹操軍との戦いで一時休戦させようとします。

しかし、曹操はあべこべに、韓遂を利用して馬超と仲間割れさせるように仕向けます(離間の計)。

見事にその計にかかった馬超は韓遂への猜疑心が芽生え、困った韓遂は曹操に投降することを決断します。

また、同時に馬超は曹操に攻められ敗走します。

この場面から、韓遂はもう少し馬超を思いとどまらせる方法がなかったものかと個人的には思いました。

曹操の計略が見事だったのも事実ですね。

馬超に学ぶ

知略には特出するものはないけれども、やはり、武将として何度も何度も曹操を攻める姿はさすがで、それが曹操を震え上がらせた点から見ても、相当優秀な将だったことがわかりますね。

張松に学ぶ

蜀の張松は、張魯を攻めるよう促す使者として曹操の下へ向かうも、曹操は露骨に嫌悪感を示し、張松を百叩きの刑に処します。

個人的には張松は相当能力の高い方であったけれども、その力ゆえに、曹操を怒らせてしまったんだろうと思いました。

張松に関しては、特に、蜀41州の地図を作らせた点と、曹操の書いた『孟徳新書』を暗唱した場面は圧巻でした。

また、劉備が蜀を取るように奔走した点からも随分と劉備に貢献した方だと思います。

劉備に学ぶ

百叩きの刑にあった蜀の張松は、劉備のいる荊州を訪れます。

その際に、劉備は張松を手厚くもてなし、曹操との対応の違いを明確にします。

また、蜀の話は全く出さずにもっぱら雑談に徹して、あえて自分が蜀に興味がないと見せるあたりは見事です。

そんなもてなしを受けた張松は、帰り際に劉備に蜀を取るよう進言します。

劉備は誠実さを第一としてきたために、蜀を取ることを躊躇うも、龐統の進言で、蜀を取ることを遂に決断します。

黄権から学ぶ

蜀の劉璋配下の黄権は劉備に蜀を守らせることに反対します。

黄権は劉備という人の力を正確に捉え、それが劉璋にとって危険だと判断したのは見事でした。最後まで反対を貫いた点から見ても、蜀の中では忠義の士と言えますね。

劉璋に学ぶ

劉璋は張松の意見を真に受けてしまいます。

一国一城の主としては、もう少し人の意見をいろんな角度から聴く耳を持たなければいけなかったのではないかと感じます。

そういう点から見ても、劉璋が滅びたのは時代の摂理だったのかもしれないですね。

王塁に学ぶ

王塁は劉璋が劉備に会うことを反対するために、城門の前で自分を逆さ吊りにして、反対の意思表示をします。

しかし、劉璋は耳を貸さずに、王塁はそのまま、縄を切って自害します。

このような忠義の士の話を劉璋は聞き入れなかったことは残念でした。

まとめ

魏呉蜀の三国時代へと舞台は着々と整い始めます。

今回の巻では、特に、馬超の勇猛さ、張松の奔走が特に目につきました。

この巻は時代の変化の兆しがよく見えて、とても読み応えがありました。

(前の巻)周瑜と竜鳳(15)

(次の巻)落鳳坡の衝撃(17)

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

にちこれブログについて

にちこれブログを書いている人

筆者:40代男 一児の父

居住:福岡県

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク