進攻玄徳軍(14)- 横山光輝・漫画 三国志から学ぶ人生訓

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

名著・漫画・横山光輝の三国志を読んで、個人的に得た人生訓を書いています。

進攻玄徳軍(簡略)

呉の軍勢は夷陵の城を取り、南城に迫ります。

周瑜の呉軍は南城を落とすも、劉備軍に南城を占拠されます。

劉備軍は更に、荊州、襄陽なども手中に収め、荊州の主として君臨します。

第十四回 進攻玄徳軍の巻から学ぶ人生訓

孔明に学ぶ

領地が大きくなった劉備軍には、孔明は更に良い人材が必要だと説きます。

孔明は馬良や馬謖を召し抱えるよう伝えます。

孔明は日頃から良い人材の情報を得ていたんでしょうね。

劉備の下に招いた馬良は早速、足固めのために、南の四都を攻めることを進言します。

趙雲に学ぶ

桂陽を攻め落とした趙雲は、太守趙範に酒宴に招かれます。

その際、趙範の兄嫁(未亡人)を趙雲に嫁がせようと試みます。

しかし、趙雲は趙範の節操のない態度に怒り、趙範を殴ります。

辱めを受けた趙範は趙雲を攻めますが、趙雲はこれを封じ、趙範を召し捕ります。

趙雲は趙範の兄嫁を娶ることを断ったのは、桂陽の太守の兄嫁を妻とした場合、世間が力ずくでそれ奪ったと見ることを嫌い、さらに、劉備はまだ桂陽の地では徳を知られていないという理由でした。

趙雲の態度は、まさに忠臣の鏡ですね。

関羽と黄忠に学ぶ

曹操を取り逃がした関羽は何とか汚名をそそぐ働きをしたいと思っていました。

長沙攻めを任された関羽は少ない軍勢で城を攻めるも、敵の老将・黄忠に苦戦します。

しかし二度目の対戦で黄忠を落馬させ、関羽は黄忠を仕留める寸前までいきましたが、これを止めます。

三度目の戦いでは、黄忠の得意の弓で関羽を射るも、黄忠はあえて的を外します。

この辺りは、お互い何か感じるところがあったのでしょうね。

結局、長沙の城は魏延らの内乱で堕ちることになります。

劉備は黄忠を手厚くもてなし配下としました。

また、孔明は魏延に対しては手厳しく、死罪にすべきと説きました。

しかし、劉備はこれを許しませんでした。

このことが後の三国志の展開を変えていくとは思いもよらなかったかもしれないですね。

おそらく、孔明は魏延という人物を見透かしていたんだろうと思います。

まとめ

この章は特出したところは無いものの、劉備は荊州を手中に収め、着実に蜀の地盤を固めていく大事な章でもありますね。

(三国志から学ぶ人生訓)

(前へ)赤壁の戦い(13)

(次へ)周瑜と竜鳳(15)

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

にちこれブログについて

にちこれブログを書いている人

筆者:40代男 一児の父

居住:福岡県

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク