徐州の謀略戦(5)- 横山光輝・漫画 三国志から学ぶ人生訓

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

名著・漫画・横山光輝の三国志を読んで、個人的に得た人生訓を書いています。

徐州の謀略戦のあらすじ(簡略)

徐州の太守陶謙は曹操の退却後、病に倒れます。

陶謙は信頼できる劉備に徐州の太守を任せます。

その時呂布は領土を失い徐州の劉備を頼ります。

曹操は、勢いを増し、長安を逃れた帝を追撃する郭汜と李傕を討ち、徐々に地位を高めていきます。

また、劉備は張飛の失態で、呂布の裏切りに遭い、徐州を奪われてしまいます。

第五回 徐州の謀略戦の巻から学ぶ人生訓

劉備から学ぶ

徐州にいた劉備は、領民に慕われ、病に倒れた陶謙から徐州の太守を任されます。

劉備は勇敢さと優しさの両方を兼ね備えており、陶謙やその部下からも信頼が厚かったために太守に推されました。

乱世とはいえ、勇猛さだけでなく、民を思う心も大切ということですね。

劉備は呂布が曹操との戦に敗れて、徐州の劉備を頼ってきた際に、素行の悪い呂布を受け入れました。

その決断は後に、呂布に徐州を奪われるという災いになるのですが、反面、劉備の信念には一貫性があったために人はついてきたのではないかと感じます。

ただし、その信念の強さゆえに、部下は少し振り回されることもないわけではないですね。

劉備は、帝からの勅命で南陽の袁術を討つよう命じられ、それが曹操の計略と分かりながらも、南陽を攻め、留守の徐州を張飛に任せて奪われてしまいます。

曹操に学ぶ

曹操はこの頃、次々に有能な部下を配下につけていきます。

許褚(きょちょ)もその一人。

曹操は常に優秀な人材を広く求め、雇用したために、力を拡大できたとも言えますし、また、曹操の器の大きさがそうさせたとも言えますね。

また曹操は、都で悪政を行う李傕と郭汜の長安から逃れた帝を助けます。

曹操はいち早く帝を助けたことで、ますます地位を高めていきます。

ここでも曹操が機を見ることに長けていることを証明しました。

呂布に学ぶ

呂布は勇猛なものの、養父殺しなどで、人々の信頼を失いました。

曹操と戦った際に、袁紹に助けを求めるが、あべこべに袁紹に攻められることになります。

呂布は結局、領土を失い、劉備を頼ることになります。

しかし、その劉備をも裏切り、徐州を奪ってしまいます。

常に無計画で場当たり的な呂布の性格が如実に出た行動ですね。

張飛に学ぶ

劉備は領土を失い、徐州に来た呂布を受け入れます。

しかし、張飛はそれに納得がいきません。

張飛は宴会の席で、呂布に牙を剥きます。

結局、劉備の南陽攻めの際に、酒に溺れて、仲間の裏切りに遭い、呂布に徐州を奪われてしまいます。

張飛のように酒癖の悪い人間は有能でも使うのにためらいますね。

まとめ

この章では、曹操からは有能な人を求める気持ちの大切さ、機を見ることの大切さを学びました。

劉備からは、ずっと報われなくても、正しい信念を貫けばいずれ信頼を得ることができることを学びました。

呂布からは、場当たり的な態度ではいずれ自分が崩壊することを。

張飛からは有能でもお酒で台無しにすることなどを学びました。

(前の巻)呂布と曹操(4)

(次の巻)南陽の攻防戦(6)

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

にちこれブログについて

にちこれブログを書いている人

筆者:40代男 一児の父

居住:福岡県

20代前半にアジア一人旅(4ヶ月)をしました。その時滞在した国は11カ国。その後、2001年から海外移住(タイ)生活を3年半ほど経験。伸び盛りのアジアの国々を肌で体感しました。ウェブのことは2001年から友人のドイツ人の家に入り浸って習得。趣味はテニスです。

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作・ITサポート)を始めて10年以上になります。

福岡で自営業や起業家・副業向けの『ちょいビズ』意見交換会・勉強会を開催中です。

フォローなどはお気軽にどうぞ。

スポンサーリンク

フォローする