董卓討伐軍(3)- 横山光輝・漫画 三国志から学ぶ人生訓

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

名著・漫画・横山光輝の三国志を読んで、個人的に得た人生訓を書いています。

董卓討伐軍のあらすじ(簡略)

曹操の檄文により董卓討伐の義軍が集まります。

袁紹を総帥として、董卓と戦いますが、董卓は洛陽の都を捨てて、長安に都を移します。

董卓を追撃する曹操は李儒の計略に破れ命からがら身を守ります。

そんな中、孫堅は洛陽で皇帝の玉璽を発見します。

袁紹は董卓討伐軍解体後、冀州にて公孫瓚と戦います。

第三回 董卓討伐軍の巻から学ぶ人生訓

袁紹に学ぶ

汜水関の戦い(華雄との戦い)で、董卓打倒の反乱軍として、先陣を務めた孫堅の実力を後の脅威に感じ、兵糧を送らなかった狭量さが、自分の立場、全軍の立場をを悪くした。

大変な状況下に置いても、身分を重んじ、それに応じて将を使うというのも、理にかなっていないやり方ですね。

董卓が洛陽を捨てて、都が火の海になっている中、洛陽が惜しくなり、董卓を追撃しなかったのも決断力の甘さですね。

曹操に学ぶ

汜水関の戦いで孫堅が敗れたことで、将がうろたえ始めたのを見て一喝。

将が狼狽えれば、部下はますます浮足立つと説く。

また、勇猛で知られる華雄が攻めてきた際に、袁紹の副将の兪渉が撃たれ、他の武将が華雄と戦うことを恐れたが、足軽の関羽が名乗り出る。

袁紹は「足軽の分際で」と一蹴するが、曹操はその勇気を買い、関羽を戦わせる。

足軽が大将に万が一勝った場合の相手の士気まで計算に入れているところがすごいですね。

董卓が洛陽を捨てた際に、曹操だけが董卓を追撃をしたという点においても、行動力と機を見る力というのが突出していたことがわかります。

破れはしたものの、曹洪の助けによって一命を取りとめます。

必死の思いで曹操を助けた曹洪は、曹操が乱世に必要な人だと見抜いていたのかも知れないですね。

また、絶体絶命のピンチでも命を救われた運の強さも、リーダーの資質なのかもしれないですね。

また、追撃で一万の兵を失った曹操が敗戦で得た教訓が後に活きたのも見逃せません。

董卓に学ぶ

反乱軍に攻めこまれた董卓は都を洛陽から長安に移す決断をします。

しかし、歴史ある都を捨てることは大変リスクもあり、農民・商人たちは動揺した。

民を見捨てたことで、さらに国力を低下させた。

また、金持ちの財産を没収、昔の皇帝の墓を掘り起こした(金銀財宝が眠るため)暴挙も見逃せないですね。

換言するものは罰し、一部の耳ざわりのいい李儒の話を真に受け、他の人の意見を聞かなかったことが失敗の要因。

そういう面では、李儒は抜け目なかったとも言えるかもしれないですね。

権力を握ったものの考え方が固執すると危険だということですね。

李儒に学ぶ

董卓を上手に手なずける狡猾さと、曹操を窮地に追いやった知略。

冀州で戦う袁紹と公孫瓚を和睦させて、脅威を二分にする。

この抜け目なさは、ある意味においては、やはり有能だったと言えるかもしれないですね。

耿武(こうぶ)に学ぶ

冀州の太守、韓馥(かんぷく)の配下の文官。

公孫瓚が冀州に攻めてくるという知らせを聞いた韓馥が、袁紹の助けを借りようと考えたが、耿武は袁紹は信用ならぬと換言。

しかし、韓馥は聞き入れず、国を奪われることになります。

趙雲に学ぶ

弟の公孫越を殺された公孫瓚は冀州を攻めたが、袁紹軍の文醜の前に絶体絶命の状況を迎えます。

その時に、もともと袁紹配下であったが、袁紹に嫌気がさして野に下った趙雲に救われます。

袁紹を見限った趙雲の君主を見る目の確かさも見逃せません。

また、劉備と会った際に、お互いにこの人は!という直感があったようです。

公孫瓚に学ぶ

趙雲や劉備から助けられた公孫瓚は、ものすごく有能とまではいかないまでも、人を惹きつける魅力があったとも言えそうですね。

まとめ

董卓討伐という目標を掲げた義勇軍も、総帥(袁紹)の器が小さいがために、兵糧を送ってもらえず、結局董卓の討伐もできず、目的を遂げられませんでした。

この巻では、曹操の抜きん出た行動力と決断力がとても目につきました。

(三国志から学ぶ人生訓)

(前の巻)漢室の風雲(2)

(次の巻)呂布と曹操(4)

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

にちこれブログについて

にちこれブログを書いている人

筆者:40代男 一児の父

居住:福岡県

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク