久留米出身の洋画家坂本繁二郎について学んでみました

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

久留米出身の洋画家坂本繁二郎について学んでみた

前回の青木繁に引き続き、今回は坂本繁二郎について学んでみました。

絵心が全くない私ですが、福岡に関する歴史には多少興味があるので、この両氏については前々から、どんな方だったのか知りたいと思っていました。

絵の評価などは私には全くわかりませんので、別の方に譲るとして、坂本繁二郎の生い立ちなどを

今回も『青木繁と坂本繁二郎』(河北倫明著)という本を参考にして学んでみました。

そもそも坂本繁二郎とはどんな方?

坂本繁二郎は明治十五年久留米市京町に生まれました。

両親ともに絵心は豊かであったそうで、繁二郎もその影響を受けていたのかもしれません。

青木繁とは同級生で、お互い久留米の洋画家・森三美(もりよしみ)に絵を習っています。

明治三十三年からは、母校であった、久留米高等小学校で図画の教師をしていました。

その時の生徒の中に、石橋美術館を建てた、ブリヂストンタイヤ創業者の石橋正二郎氏がいました。

同級生の青木繁は東京の不同舎、東京美術学校で頭角を現し始めた頃、繁二郎はまだ久留米にいましたが、青木繁が久留米に帰省した際に、繁二郎も上京します。

本にも、坂本繁二郎は青木繁の躍進が刺激になったようだと書いてありました。

口には出さなかったものの、ライバル心はかなり強かったようです。

その後、繁二郎は『東京パック』で石井鶴三と漫画を書きながら、画業を続けました。

明治四四年に東京パックを退社。その年に29歳の若さで青木繁は亡くなります。

繁二郎は、大正に入って、大正3年に同志と二科会を創立して、鑑査員として参加しています。

大正10年にはフランスに渡ります。

帰国後は、久留米に戻り郷里の絵を描いています。

また、その後、福岡県八女郡福島町に移住しました。

繁二郎は郷里の生活に入ってからは、特に馬を画題にすることが多くなったようです。

熊本の阿蘇で放牧の馬と遊んだりもしたようです。

作品や性格など

坂本繁二郎の代表作としては、『張り物』、『うすれ日』、『少女』、『老婆』、『雲』、『放牧三馬』などが挙げられるようです。

放牧三馬

坂本繁二郎という人がどんな方だったかは、この本を読んだ上での憶測でしかないですが、哲学的な人だったようで、『自分を虚にして物の実相に触れること、そこに初めて出てくる本当の自分、その上に築きあげられたものこそ坂本の狙う真の芸術であった』と本にあります。

また、繁二郎は雪舟を念頭に置いていたようです。

まとめ

個人的にも、坂本繁二郎という人は、随分と真摯に物事に向き合う人だったんだろうなという印象を受けました。

坂本繁二郎について、駆け足で学んでみましたが、今後は美術館に足を運んでじっくりその作品を観てみようと思います。

関連記事

福岡出身の洋画家・青木繁について学んでみました

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

にちこれブログについて

にちこれブログを書いている人

筆者:40代男 一児の父

居住:福岡県

20代前半にアジア一人旅(4ヶ月)をしました。その時滞在した国は11カ国。その後、2001年から海外移住(タイ)生活を3年半ほど経験。伸び盛りのアジアの国々を肌で体感しました。ウェブのことは2001年から友人のドイツ人の家に入り浸って習得。趣味はテニスです。

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作・ITサポート)を始めて10年以上になります。

福岡で自営業や起業家・副業向けの『ちょいビズ』意見交換会・勉強会を開催中です。

フォローなどはお気軽にどうぞ。

スポンサーリンク

フォローする