新米パパは両親学級に行った方が良い理由

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

いつもお越しいただき、ありがとうございます。

今回は『両親学級』について。

実は、我が家も、もうすぐ第一子誕生です。

遅ればせながら、私もようやくパパとなりますが、子供が産まれてから、父親として、何をしていいのかよくわかならい・・というのが本音。

そこで、今回、市が主催する新しく赤ちゃんが産まれる人のための、両親教室(両親学級)というものに行ってきました。

これまで、仕事のこととか、収入のことを記事にすることが多かったのも、今後の家族の将来設計をどうしていこうか考えていたためです。

家族が増えると、やっぱりもう少し大きな家がいいなか~とか、賃貸ではなくて持ち家がいいのかな~とか、収入増やさなきゃな~とか色々考えます。

まあ、さしあたってその問題は置いておいて、今回は新米パパが両親学級に行った方が良い理由を端的に書いてみたいと思います。

両親学級(両親教室)

市などの自治体が提供する育児のための教室。

参加無料でした。

自治体によって内容などは違うと思いますが、多分同じようなことをされるのではないかと思います。

私の場合は、ヨメに『参加するからその日空けといて』と言われて参加しました。

正直、たいてい世の中の男性はそんな感じでヨメに連れられての参加ではないかと思います。

でも参加して良かったと思います。

今回参加してよかったと思う点を幾つか。

体内の赤ちゃんの重さを実感

妊娠中の母体が実際にどれくらいの重さを感じているのかを、お腹に同じくらいのサイズのおもりを男性が背負うことで、体感するというブースが設けてありました。

また、その荷を背負ったまま、階段の上り降りや、荷物の上げ下げも体感するので、母体の大変さが分かりましたた。

沐浴の方法を学べる

新生児(赤ちゃん)に模した人形を実際にお風呂に入れる体験もしました。

何も知らない状態だと、どのようにして赤ちゃんをお風呂に入れるのかが全くわかりません。

実際に1から入れ方を体験してみることで、注意しなければならない点や、洗い方、入浴後の体の拭き方まで学べたので大変有益でした。

不器用な私でも何とかできそうだと思いました。

母体の大変さを学べる

母親は赤ちゃんが産まれて数ヶ月は体調が悪かったり、憂鬱な気持ちになりやすいそうで、父親としては、そのケアなどをしなければいけないということを学びました。

そういうことは、知っているだけでも全然違いますね。

まとめ

もし両親学級(両親教室)に行かないと言っているパパがいれば、必ず行くようにしましょう。

行かないと言っているなら、この記事を読んで聞かせてください。

その後、赤ちゃん本舗で、おむつや、お尻拭き、爪切り、肌着などを購入しました。

このように準備していくうちに、段々と実感が湧いてきました。

新米パパの赤ちゃんのお風呂入れ初体験と感想

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

にちこれブログについて

にちこれブログを書いている人

筆者:40代男 一児の父

居住:福岡県

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク