老化防止のために何をすべきか考えてみました

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

私も40歳を過ぎて、若い頃の体力や元気に多少陰りが見えてきました。

自分では全然年を取った気がしていないのですが、ただ確実に一歩一歩歳を重ねているので、健康面を考える上でも、老化防止について考えてみました。

誤解のないように、はじめに話しておきますが、年を取ることは決して悪いことではないですし、むしろ経験も知識も増え、楽しみも増えていきます。

実際に私も歳を重ねた今の方が楽しみが増えました。

それなら、なおさら、健康面に気を使って、元気に過ごしたいですね。

そういうわけで、体調を整えて、老化を防ぐ方法について考えてみました。

私の独自の考え方ですので、あくまで参考程度になさってください。

ワクワクする楽しみを見つける

いきなり精神論的なことを書いてすみません。

それでも、やはり「好奇心」って生きるのには大切と思うんです。

将来に対する楽しみがある方が、生きる活力が湧いてくるので、どんな些細なことでもいいので、自分にとってワクワクできることを見つけることが、歳を重ねた今こそ大切なんじゃないかと思います。

趣味を持つ

私も実は30歳を過ぎるまで、海外旅行の放浪癖ぐらいしか趣味がなかったのですが、今は、毎週末テニスをして仲の良い友人と週末を過ごせているので、趣味は本当に生きがいだと感じています。テニスができる日が毎日待ち遠しいぐらいです。

ということで、キーワードは『趣味』。

このように、その日が来るのが待ち遠しいということは、子供の頃はよくありましたが、大人になったら忙しくてなかなかそういう気持ちになれないですが、生きがいと呼べるような趣味を見つけることで、ワクワクした気持ちを取り戻せると思います。

笑顔になることで、気持ちも心も若々しく保つことができるのではないかと思います。

また、友人との会話をすることで、ストレスが発散できるというメリットもありますね。

趣味に関しては、詳しく以下に書きましたので、ご参照ください。

目標や夢を持つ

趣味に似ていますが、人生に対して、こうしたい・ああしたいという目標や希望を胸に持ち続けることってやっぱり大切だと思います。

生きる原動力になります。

食べ物に気をつける

老化防止には、食生活も大変重要ですね。

5大栄養素(たんぱく質・脂質・炭水化物・無機質・ビタミン)をバランスよく食べることが大切です。

たんぱく質

  • (肉、魚、牛乳・乳製品、卵、大豆、大豆製品など)

脂質

  • (肉、魚、牛乳、乳製品、植物油、卵、バター、マヨネーズなど)

炭水化物

  • (米、パン、じゃがいも、うどん、そば、パスタ、砂糖など)

無機質

  • カルシウム(牛乳・乳製品、大豆・大豆製品、小魚、海草、小松菜など)
  • 鉄(レバー、赤身の肉や魚、貝、大豆製品、青菜類など)

ビタミン

  • ビタミンB1(豚肉、ハム、ベーコン、大豆、紅鮭、たらこなど)
  • ビタミンB2(レバー、卵、乳製品、納豆、青背魚など)
  • ビタミンC(イチゴ、オレンジ、レモン、野菜など)
  • ビタミンD(魚、卵、きのこ類)

あくまでもバランスのいい食事を心がけるのが大切ですね。

炭水化物は体を動かすのに必要な栄養素ですし、また、頭を動かすのにも必要です。

どれを多く摂るというより、偏った食事にならないように満遍なく栄養素を摂るようにしたいですね。

あるテレビ番組を観ていると、芸能人で重大な病気が見つかる人の多くは、暴飲暴食が過ぎる人のようです。

食べ過ぎとお酒の飲み過ぎにはくれぐれも注意してください。

健康食品やサプリで不足した栄養素を補うのも良いかもしれません。

それでもやはり、食生活の習慣が一番大切ですね。

適度な運動をする

私は週末のテニスの他に、毎日『かかと上げスクワット』を100回行っています。

簡単な筋トレをする

これは個人的におすすめしたい筋トレ方法です。

かかと上げスクワット』です。

普通のスクワットとは違い、実は意外と楽で簡単です。

テレビを観ながら、家事をしながら、その場でかかとを上げ下げするだけです。

上記のスクワットは「楽して」ふくらはぎの筋肉をつけるのに最適です。

ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれるほどなので、普段から鍛えておくと、アンチエイジングにも効果があると思います。

上記の動画は『冷え性改善』となっていますが、冷え性にも効果があれば、女性には特に良いですね。ふくらはぎの筋肉を鍛えられて、冷え性予防もできて、一石二鳥です。

また、歳を取ると筋肉が衰え、転倒などのリスクも高まるので、出来る限り自分の足を鍛え、筋肉をつけておくことは、大切ですね。

足がつる予防にもなると思います。

ウォーキング

既に毎日の日課になっている方も多いかと思いますが、有酸素運動であるウォーキングも健康な暮らしに取り入れることは良いことです。

ウォーキングの老化防止の効果

  • 循環器系や呼吸器系の機能を高める。
  • 血液の循環が良くなる。

高血圧の人もゆっくり歩くことで、血圧を下げる効果が期待できると思います。

上記以外でも、スポーツクラブに行く時間のある方なら、エアロバイクやエアロビクスエキササイズなども良いですね。

時間のない方は、上記のスクワットをおすすめします。

見た目を整える

ムダ毛処理をする

会話の時などに相手の顔を見たら、鼻毛などがびよーんと伸びていたら、正直相手も引きますよね。外見で損したらもったいないです。

歳を取ると疎かになりがちですが、爽やかな紳士淑女になるには、ムダ毛には定期的なチェックが欠かせないように思います。

  • 眉毛 まゆげも老化で伸びやすくなるようです。定期的に手入れして、長さを調整したりする方が良いように思います。
  • 鼻毛 こちらも老化と共によく伸びます。誰かと顔を合わせる際は、目立つ箇所なので、毎朝鏡を見る際に、チェックしたいものですね。
  • その他 すね毛や胸毛の処理など。

とにかく、歳をとっても清潔感を保ちたいものですね。

お洒落に気をつかう

女性なら化粧や、エステなど、また男女問わず年をとっても、身奇麗にして、オシャレを楽しむことも大事ではないかと思います。

年を取ったから何でもいいやではなくて、若い時のように洋服など着るものに少しこだわってみるのも良いかもしれないですね。

来ている服だけで何歳も若く見られる可能性だってありますし。

まとめ

老化予防について書いてみました。

再度確認すると、

  • 楽しみを見つける
  • 食生活に気をつける
  • 運動をする
  • 見た目に気を使う

以上が、加齢を少しでも阻止するために私が、考えたことアンチエイジング方法です。

上記のことは正に私自身が今後やっていかなければいけなことですが、とにかく、人生楽しく前向きに生きていきたいと思います。

皆さんも健康な心と体で楽しい毎日を送りましょう。

健康についての記事

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

にちこれブログについて

にちこれブログを書いている人

筆者:40代男 一児の父

居住:福岡県

20代前半にアジア一人旅(4ヶ月)をしました。その時滞在した国は11カ国。その後、2001年から海外移住(タイ)生活を3年半ほど経験。伸び盛りのアジアの国々を肌で体感しました。ウェブのことは2001年から友人のドイツ人の家に入り浸って習得。趣味はテニスです。

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作・ITサポート)を始めて10年以上になります。

福岡で自営業や起業家・副業向けの『ちょいビズ』意見交換会・勉強会を開催中です。

フォローなどはお気軽にどうぞ。

スポンサーリンク

フォローする