団塊ジュニア世代が老後を考えてみた-25年後の近未来

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

いつもお越しいただきありがとうございます。

にちこれブログです。

筆者40代前半男です。

団塊ジュニア世代と呼ばれる層の人間です。
いつまでも若いと思っていたらこんなに年になりました。

最近、少し老後を意識する年になりました。

正直なところ、これまで老後のことなどあまり考えずに突っ走ってきました。

というより、そんなことを考える余裕も私にはあまりなかったというのが本音です。

ただ、最近は、やはり40歳も過ぎたので、健康のことなどを考えるようになったり、先のことを考えるようになりました。

25年後の2040年には、60代中盤になります。

やはり、老後の貯蓄や、暮らしのことが気になります。

団塊ジュニア世代として生きて

私たち団塊ジュニア世代は日本のバブル崩壊後に就職難に陥りました。

私が大学に入学した頃にバブル崩壊。

たった数年前までは企業は青田買いで学生を買い漁っていたのがウソのように就職先がなくなっていました。

実際、自分も就職氷河期で苦しみましたが、それなら会社には頼らないでいいように生きていこうと思い、最終的には、自力をつけて頑張ろうと思い、自営業を選択しました。

今まで何とか生きています。仕事運が良かったんだと思います。

まあ、会社に頼らないと言っても、結局は、周囲の人や社会には頼らないと一人では生きていくことはできないんですよね。

そんなこともいろいろと学ばせて頂きました。

サラリーマンでも自営業でも、結局は人の役に立ってなんぼだなと今は感じているので、働き方は違えど、結局、人に喜ばれて・頼られてお金を稼ぐという点では同じかなと思います。

そんな感じで生きてきたので、結構タフにはなりました。

団塊ジュニア世代の老後

今後ますます少子高齢化が進むと、若い世代にどんどん負担が増えていく可能性が高まります。

今でこそまだ世代間の格差に不満を爆発させる人もそう多くはないですが、今後例えば私たち団塊ジュニア世代が60代、70代ぐらいになった頃には、言葉は悪いですが、私たちの世代の高齢者は『お荷物』と思われかねなくなります。

21世紀の『楢山節考』のようなことが起こらないとも言えません。

このままでは年金の受給もままならない状態になるかもしれないです。

世界の情勢も混沌としていて、会社の給料も大して増えず、ボーナスもないか、少ない企業もまだまだ多いようです。

いろんな状況を鑑みると、結局、今後は私たちも『年取っても働かなくちゃいけなくなるよね?』ということだろうと思います。

私も高齢になっても働く覚悟はもう既にできています。

正直、年取って仕事するのは大変だろうなとも思いますが、そのために、体を鍛えたり、知識を増やしたりということはやっています。

老後に貯金が少ないのも困るので、何とかそれまでには準備しておきたいと思っています。

まあ、未来を正確に予想できる人はいないですけどね。

まとめ

老後はいろいろと不安な面も多いですね。

それでも、やはり老後を楽しいものにするためには、ある程度、計画的な貯蓄や生活設計も大事かなとも思います。

私も老後は趣味と社会活動などをして暮らしていきたいと思っています。

老後の楽しみまで奪われてたまるかと思っているので、必ずその頃までには楽になるように、努力を惜しまないつもりです。

少子化に関しては、子供を産め産めとか言われても、経済がなかなか良くならないのに、たくさん子供を産む気になるかというと、なかなか難しいというのが、現状だと思います。

私も経済的な状況も考えて、結婚を諦めかけていた時期もありましたが、何とか結婚できました。

政府も国民も、子供がこれから増えることを期待したり、それによる税収増を期待するというような一縷の望みにすがるのではなくて、働き方をより柔軟にして、仕事を増やし、しっかり稼げるようなしくみをちゃんと考えていかないといけないのかなと思います。

将来を悲観せず、むしろ変化をチャンスと捉えて頑張る。それしかないですね。

関連記事

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

にちこれブログについて

にちこれブログを書いている人

筆者:40代男 一児の父

居住:福岡県

20代前半にアジア一人旅(4ヶ月)をしました。その時滞在した国は11カ国。その後、2001年から海外移住(タイ)生活を3年半ほど経験。伸び盛りのアジアの国々を肌で体感しました。ウェブのことは2001年から友人のドイツ人の家に入り浸って習得。趣味はテニスです。

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作・ITサポート)を始めて10年以上になります。

福岡で自営業や起業家・副業向けの『ちょいビズ』意見交換会・勉強会を開催中です。

フォローなどはお気軽にどうぞ。

スポンサーリンク

フォローする