自分の利益にならないことを進んでするススメ

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

自分の利益になることは誰でも一生懸命やるものですが、一見利益にならないようなことも、後から、『あの経験が生きた』とか、『あのお陰であの人と出会った』とかそういうことも実は多いように感じます。

若い時は正直、『そんな無駄なことやってられん』と思いがちですが、年と取ると無駄だと思っていたことが実は無駄ではなかったということも結構多いです。

自分では何とも思っていないことでも、他の人からするとありがたく、感謝されることもあるようで、簡単に自分自身の利益うんぬんで割り切れないことが実は多く世の中にはあるということは、私も後から知りました。

こういうことは、短い時間ではわからないもので、少し時間が経ってみて初めてわかるようでで、老若男女問わず、気楽な気持ちで長い目で率先してやってみるのも良いように思います。

利益にならないことをすること

自分の利益にならないことをすることって、一見無駄に見えますが、意外と人の利益にも自分のためにもなることは多いようです。

個人的に思う、自分の利益にならないことをやることが、実は自分のためにもなると思うことは、以下のような場面です。

重たいものを運ぶ力仕事

特に男性にはよく頼まれることですね。机や椅子など重いものを運ぶ役目など。

【人のため】

人の労力を軽減できる。

【自分のため】

自分自身の体力作りになる。

力仕事って大変だし、疲れますが、『体力作り』と思ってやれば、意外と何とかなります。

ただ、無理して体を壊さないように気をつけないといけないですね。

掃除、ゴミ拾いとか、草むしりとかそういうことも町の景観をよくしたり、治安を良くしたりすることにも役に立つのではないかと思います。

掃除やゴミ拾いでも、自分の足腰の強化にもなります(笑)。

人の愚痴を聞く

【人のため】
話を聞いてあげることで、相手の心を楽にできる。

【自分のため】

人生で自分にも同じようなことが起こらないとも限らないので、愚痴でも何でも、人の話を真剣に聞いて一緒に考えることは実は意外に大事なことではないかと思います。その後の人生の糧にもなります。

ただ、中には聞いてくれるからと言って、話しすぎる人もいるので、そういう場合の切り上げ方を心得ていなければ、長話に付き合うだけになってしまいます。

ほどほどに。

ブログを書く

【人のため】

自分の経験や知識が人の問題の解決になることもあるかもしれない。

【自分のため】

書くことで自分の頭の中身を整理できる。

日々の暮らしにアンテナを張るようになる。
考えることが充実した日に繋がる。

私の場合、ひとつの記事を書くのに1時間以上かかることもあります。

また、どんな記事を書こうかと毎日アイデアを考える時間も必要です。

しかし、実はその行為自体が自分のためになっているとも言えます。

普段何気なく過ごしていると、何気なく時間も過ぎてしまいがちですが、少なくとも誰かの役に立つ記事を書こうと思い、日々アンテナを張ることでより真剣に物事考えるようになります。

ボランティアに参加する

自分自身の経験になる。

私も若い時、ボランティア団体に所属していたことがあります。

若い頃はいろんな面で経験がないので、正直、その当時、自分が何かに役に立てているんだろうか?とか考えたりもしました。

でも今考えたら、物を運ぶのでも、掃除するのも大事な仕事ですし、実はそこにいるだけで誰かに役に立つということもあるということは、後から知りました。

そんな若い経験のない時にした経験がまた、年を取ってからまた別のことに役に立つ場合もあるので、人生とはおかしなものだと感じます。

まとめ

自分の利益だけを追い求めるのではなく、ただひたすらに、人が必要としていることがあれば、率先して行うことって、ある意味自分のためにもなるということかなと思います。

お金をもらってやる仕事も、そうでない仕事も手を抜かずにやっていけば、結局、自分自身の肥やしにもなるし、それが人に喜ばれれば、自分も嬉しくなります。

そうこうしていくうちに、人の輪も自然にでき、充実した暮らしが可能になりますし、反対に自分だけ良ければという考えの人は、周囲から人が次第に離れていきがちなのかなと思います。気がついたら、欲の塊のような人間しか回りにいなかったとなると、寂しいですね。

関連記事

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

にちこれブログについて

にちこれブログを書いている人

筆者:40代男 一児の父

居住:福岡県

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク