水かぶりを1年継続してアトピーや喘息に変化はあったか?

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

いつもお越しいただきありがとうございます。

にちこれブログです。

今回は『水かぶり』について。

私自身、昨年の今頃から、アレルギー体質改善のために、『冷温水浴』を始めました。

いわゆる、水かぶりを始めて約1年になります。

参考:アレルギー体質改善に冷水浴を始めてみる

水かぶりの流れ

私自身、幼い頃から、小児喘息、アトピー性皮膚炎持ちなのですが、去年あたりから、本気で治そうと思い『水かぶり』を始めました。

まあ、最初は、お風呂に入った時に、体が火照って痒くなっていたので、それを抑えるために冷水をかけてみたことがきっかけなんですけどね。

(私の場合の水かぶり例)

『お風呂』→『冷水シャワー』→『お風呂』→『冷水シャワー』→『お風呂』→『冷水シャワー』を繰り返し行う(三回)

(時間がない時)

『温水シャワー』→『冷水シャワー』→『温水シャワー』→『冷水シャワー』を繰り返し行なっています。

ちなみに、食事制限などは全くやっていません。

ただ、夜は外食はほとんどなくて、家でご飯を食べるので、そんなに食生活は悪くもないと思います。

水かぶりを1年間毎日継続して変化はあったのか?

さて、表題の通り、1年間、水かぶりを続けました。

(※大地震の時と大雪で水道管が凍結した時は除きます。)

継続することで変化があったのか?と言われると、正直ありました。

以下がその変化です。

(水かぶり1年後の変化)

アトピー性皮膚炎について

まずひとつに、アトピー性皮膚炎のかゆみが減ったこと。

特に1年前までは、夏にアトピーの悪化があったのですが、今年は問題もなかったです。

それに伴い、皮膚科に行く回数が半分もしくは、それ以下になりました。

気管支喘息について

また、喘息も減りました

喘息の回数が減ったことで、喘息の薬のアドエア(吸入器)をもらいに行く回数が極端に減りました。

本当はこの薬は、毎日吸入することを推奨されているんですが、今は毎日吸入をするほど悪くないんですよね。

もともと、喘息に関してはそこまで悪くないのですが、それでも、薬の量が減らせているということは、病院に行く回数が減ったということです。

お陰で、年間の病院代・医療費が随分節約できました

このことが実は一番嬉しいです。

案外病院代も馬鹿にならないですからね。

もちろん、40年以上付き合ってきた、アトピー性皮膚炎や喘息です。

すぐに完治とはいきませんが、それでも水かぶりのお陰で、症状は随分と改善してきたように思います。

水かぶりって冷たくないのか?

そもそも、水かぶりって冷たくないんでしょうか?

そりゃあ冷たいです。

特に冬は大変です。

でも、慣れたら気持ちがいいですし、やらないと逆に気持ちが悪いような感覚になりました。ズバリ慣れですね。

それに、温かいお風呂に入ってそのまま上がるよりも、冷水を浴びてから上がった方が、体がポカポカして寒さを感じません。

不思議です。

血行も良くなっているようです。

水かぶりを続けるコツ

水かぶりを続けるコツは何でしょう?

何ごともそうですが、あんまり自分でハードルを上げ過ぎると、続けることが困難になってしまいます。

そうならないためには、まずは『簡単なことから始めてみる』ことが大事です。

いきなり、冬の寒い時期に、急に冷たい水を浴びると、私でもすぐに諦めてしまうと思います。

そうではなくて、例えば、最初は、お風呂に入った後に、足元だけ冷水をかけてみるというように、難しくない・辛くない範囲でやると良いと思います。

徐々に慣れてきたら、少しずつ体に冷水をかけるというようにやっていくと、自然と習慣化されるのかなと思います。

まとめ

(水かぶり1年後のまとめ)

  • アトピー性皮膚炎の症状は少し改善した。薬の量が減った。
  • 喘息の症状も改善した。薬の量が減った。
  • 上記のお陰で医療費の負担が減った。
  • アトピーや喘息に関して、意識することが減った。

寒い・冷たいの苦行に耐えられれば、水かぶりの効果はなかなかあるなと感じています。

これからも継続しますので、またいつか報告できればと思います。

体験談 喘息やアトピー性皮膚炎などアレルギー体質改善・当ブログ記事のまとめ

健康 医療費を減らし健康に暮らす 当ブログ記事まとめ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

にちこれブログについて

にちこれブログを書いている人

筆者:40代男 一児の父

居住:福岡県

20代前半にアジア一人旅(4ヶ月)をしました。その時滞在した国は11カ国。その後、2001年から海外移住(タイ)生活を3年半ほど経験。伸び盛りのアジアの国々を肌で体感しました。ウェブのことは2001年から友人のドイツ人の家に入り浸って習得。趣味はテニスです。

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作・ITサポート)を始めて10年以上になります。

福岡で自営業や起業家・副業向けの『ちょいビズ』意見交換会・勉強会を開催中です。

フォローなどはお気軽にどうぞ。

スポンサーリンク

フォローする