ブログをほぼ毎日書き続ける秘訣

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

いつもお越しいただきありがとうございます。

にちこれブログです。

今回は『ブログを書き続ける秘訣』について書いてみます。

先月9月は2日間を除いて、ほぼ毎日ブログの記事を投稿することができました。

休んだ日は、あえて1日開けて休息しようと思ったからです。

ある程度記事を書き貯めをしているのですが、毎日投稿すると書き貯めの記事もすべて消費してしまうので、仕事やプライベート的にややシンドイので、週6ぐらいにしようかなと最近は考えています。

もう一つの私の本来の仕事の方のサイトのブログ更新も、週に1回はしたいので、週6ぐらいがちょうどいいかなと感じます。

結局、毎日私の記事がどこかで更新されていることになりますけどね・・・。

このように1年以上続けてきて、ブログを書き続けることの秘訣みたいなこともわかってきました。

以下、私が考えるブログを書き続けるためのノウハウです。

ブログを書き続けられる理由

1年ちょっと前からブログをスタートして、段々書くことに慣れてきました。

というよりむしろ、書かない時の方が気持ちが悪いくらいです。

私は決して文章を書くのが得意なわけでもないですが、続けられた理由が確かにあるようです。

以下がその理由です。

日常に起こった出来事を書く

最初の頃は、本で学んだことなどを中心に書いていたのですが、正直それだと時間が掛かり過ぎて仕事に支障をきたします(でも無茶苦茶勉強にはなりました)。

本をまるまる読んでから、学んだことの感想を書くのは本当にシンドイです。

速読でもできなければ、なかなか難しいです。

本当は続けたいことではありますが(ある程度は今でもしています)が、趣味に生きるのは、まとまった時間の取れる、おじいちゃんになってからで良いかなと考えるようになりました。

ということで、今は本を読んで感想を書くというスタイルは基本的には取っていません。

今のやり方はというと・・・

ずばり、『日常に起こった出来事を書くこと』。

私の日常に起こったことは、他の人にも降りかかる可能性があるので、その経験をブログで伝えることがいいのかな?と途中から考えを改めました。

実は自分の足元を照らすと、見逃しがちないろんな問題が転がっていて、そのことに困っている人も多分いるはずで、そのことについて突き詰めて書いてみるとブログは普通に毎日書けるのかなと思うようになりました。

但し、焦点をぼかさないで、どんな人に書いているのかをイメージして書くようにしています。

ただの知らない人の日記は誰も読んでくれないですからね。

具体的にどんな事例があって、どのようにして解決したかを書いていきます。

慣れると書くのが速くなる

自分でも信じられないのですが、ブログの記事を書くスピードが格段に速くなりました。

iPhoneの音声入力を使ってみたこともありましたが、今はほぼタイピングオンリー。

私はタイピングのスキルが特段高いわけでもなく、むしろ、下手な方だと思うのですが、それでもなんとか書く量だけ・・は確保しています。

書くスピードが速くなると、書ける分量も当然増えるので、記事を投稿できる回数も増えてきました。

頭に描いたことをささっと書けるようになったのは大きいです。

書くことは実生活に多大な影響がある

1年以上ブログを書いてきて感じるのは、生活が激変とはいかないまでも、いろんな考え方の変化が出てきたと実感しています。

特に、自分の頭の中を整理することができますし、ブログに書いたことを実行に移すことで好循環を生み出せています。

生活もシンプルに考えられるようになりました。

月並みですが、アウトプットって大事だなと感じますね。

この好循環が書き続けようと思えている理由のひとつですね。

本業にも好影響を及ぼしている

本業はそんなに文章を書くことはないですが、このブログを書き始めてから、多少は説明が上手になったり、頭の中身を整理するきっかけになっているので、良い影響を受けているなと感じます。

また、昔やっていた仕事で、一旦は辞めた仕事を再度やってみようと思ったきっかけもこのブログのお陰です。

ぶっちゃけ、その仕事はHP製作なのですが、このブログでノウハウを蓄積・再構築し、そちらにも活かせるのはかなり大きいです。

今の私の仕事は物販・HP製作・ブログの三刀流(トリプルワーク)です。

だからと言って、忙しくて目が回るということも実はないです。

IT技術を持たない人でも、ブログを書くことは、IT技術の習得になるのでやって損はないと思います。

ブログを書き続けていると、アイデアが膨らんできて、こんな仕事も将来的にありだなとか考えられるのも良いことかなと思います。

自分の体験が人に役に立つ

本当に役に立ったかどうかはわかりませんが・・とにかく、考えるきっかけになるという点で言えば、ブログを書く意味もあるのかなと思います。

コメントなどを書いて頂けるようになったのも良かったです。

書くばかりでなく、ある程度のフィードバックがあるのはありがたいです。

ブログはラストリゾート

ラストリゾートというのは、『最後の手段』とか『命綱』という意味ですが、一般人にとって、ブログはラストリゾートではないかと思っています。

全然有名でもない人がブログを書くことで、ある程度コンテンツが大きくなれば、多くの方の目に触れられる機会を作ることができます。

個人的には目立つのが嫌いなので、本当は隅に隠れていたいのですが、そうも言っていられないので、一生懸命発信しています。

発信することで様々なチャンスを得やすくなるということは言えると思います。

アクセスがなくても気にしない

最初の数ヶ月はアクセスがほとんどありません。

この文章はよく書けたな~と自画自賛しても、誰も見てくれない時期が長~く続きます。

私の場合は、最近ようやくアクセスが増える兆しがあるものの、それまでは本当に何のために私は書いているの?状態でした。

それでもめげずにとにかく続けることですね。

何度もグーグルの検索エンジンのせいにしようと思いましたが、これは正直どうしようもないことなんですよね。

私の場合は成功するまで食らいつくと決めていますし、ある程度うまくいっても、安心せず、やり続ける覚悟みたいなものがあります。

というのも、これまで実は結構苦しかったですからね。

それから、新しい記事は検索エンジンに認知されるのは大体3ヶ月ぐらいかかるのかな?というのが個人的な体感です。

ただ、あんまり検索エンジンの動向に右往左往しない強靭な気持ちも大切だと思います。

気長にやりましょう。

まとめ

それにしても、最近は文筆家か?と思うほど文章を書いています。

書くことが苦ではなくなったことが大きいです。

何か文献を参考にするわけでもなく、よくこんなに書くことがあるな・・と自分でも感心してしまいます。

今ではブログを書くこともライフワークというか、すでに仕事ですね。

これからもずっと続けられたらと思います。

ご参考まで。

ブログ開設1年間でサーバー代などの元は取れたのか?

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

にちこれブログについて

にちこれブログを書いている人

筆者:40代男 一児の父

居住:福岡県

20代前半にアジア一人旅(4ヶ月)をしました。その時滞在した国は11カ国。その後、2001年から海外移住(タイ)生活を3年半ほど経験。伸び盛りのアジアの国々を肌で体感しました。ウェブのことは2001年から友人のドイツ人の家に入り浸って習得。趣味はテニスです。

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作・ITサポート)を始めて10年以上になります。

福岡で自営業や起業家・副業向けの『ちょいビズ』意見交換会・勉強会を開催中です。

フォローなどはお気軽にどうぞ。

スポンサーリンク

フォローする