80年代のテレビゲーム いつかまたやりたいファミコンやPCゲーム

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

いつもお越しいただきありがとうございます。

今回は『80年代のゲーム』について。

私が小学生の頃、ファミコンが世に出ました。

それはそれは、衝撃的でした。

それから、沢山のゲームが世に出ては消えましたが、やっぱり80年代のゲームをやってきたのは今では良い思い出です。

それに、たまに当時のゲームをもう一度やりたいな~という気持ちが沸々と沸いてきます。

ここでは、昔のゲームを思い出してみようと思います。

80年代に流行ったゲーム

ファミコンの誕生

私が、小学校低学年の時にファミコンが出ました。

最初のコントローラーは四角ボタンで、よく陥没して動かなくなるという事態が発生していました。

小学校の時は本当にファミコンと共に過ごしたと言っても過言ではないです。

初期の頃は、任天堂のゲームが多かったですが、徐々に他のメーカーも面白いゲームやクソゲーと呼ばれるゲームを量産し始めました。

日進月歩で段々、ゲームのクォリティが年々上がっていくことにワクワクしていました。

また、当時から攻略本もよく出ていましたし、クリアできないで困った時は、同級生の友達に聞いていました。

私がやったファミコンゲーム一覧

アーバンチャンピオン

マリオブラザーズ(任天堂)

単純なゲームでしたが、小学校低学年でも遊べたので、随分楽しみました。

ドンキーコング(任天堂)

ワイルドガンマン(任天堂)

任天堂の光線銃シリーズ。自宅にはなかったので、友達の家に行って遊んでいました。

単純なゲームでしたが、子供の頃は楽しいゲームでした。

F1レース(任天堂)

よく友達をワイワイしながらやりました。

F1というより、F1マシーンを避けてゴールするとうようなゲームでした。

ゴルフ(任天堂)

ちょっと渋いですが、安定的な面白さがありました。

このゴルフをやった後は、庭で本当のパットゴルフをよく友達とやっていました。

パックマン(ナムコ)

ゲーセンで大流行のゲームでしたが、ファミコンにも移植されて随分楽しみました。

ゼビウス(ナムコ)

私がシューティングゲームを初めて体験したのがこのゲーム。

自分は持っていなかったので、所有している人がめっちゃ上手くて羨ましかったです 笑

ベースボール(任天堂)


シンプルな野球ゲームでしたが、よく兄弟で遊びました。

野球盤の延長線上にあったような雰囲気のゲームでした。

とにかくそれでも当時は楽しくて何度も何度もやりました。

ファミスタが登場するまでは、野球ゲームといえば、このゲームでした。

サッカー(任天堂)

動きが遅かったり、キーパーが下手だったりしましたが、当時は楽しくプレーしました。

スパルタンX(任天堂)

格闘系のアクションゲームで、当時は目新しかったです。

ハイパーオリンピック(任天堂)

オリンピック競技のゲームでした。

単純でしたが楽しかったです。

ドルアーガの塔(ナムコ)

ゲーム中のBGMの音楽が好きでした。

スペランカー(アイレム)

あんまり操作性が良くなくて、よく敵にぶつかりゲームオーバーになっていました。

宝探しのようなゲームで楽しかったです。

1942(カプコン)

このゲームはシューティングゲームで子供の私には難易度が高かったです。

米軍が日本軍をやっつける設定ということで物議を醸していました。

魔界村(カプコン)

アクションゲーム。

難易度が高すぎてクリアできなませんでした。

スターソルジャー(ハドソン)

シューティングゲーム。

私がやたらと熱中したゲームです。

特にボスキャラ退治に燃えました。

弾がいろんな方向に撃てたりするのが当時、斬新でした。

がんばれゴエモン!からくり道中(コナミ)

アクションゲーム。

確か、通行手形を取ることで先に進めるゲームだったと思います。

江戸時代の町並みなので、子供心に楽しかったです。

ワルキューレの冒険(ナムコ)

アクションロールプレイングゲーム。

当時としては斬新でした。

高橋名人の冒険島(ハドソン)

高橋名人は小学生の憧れというか、有名人でした。

コントローラーの16連射で名を馳せました。

ゲームの内容も明るくて面白かったように思います。

ドラゴンクエスト(エニックス)

ドラクエが出た時は本当に衝撃でした。

確か、週刊少年ジャンプでドラクエが出る前から、何度もどんなゲームかという特集をやっていて、前評判から物凄かった記憶があります。

実際にプレーして、他の小学生と同じように完全にハマりました。

スライムなどのモンスターのキャラを鳥山明さんが描いていたのも大きかったですね。

大体、1986年辺りから、ゲームのクォリティが急に上がったように感じます。

プロ野球ファミリースタジアム(ナムコ)

ファミスタ

何と言ってもファミスタですね。

ファミスタはもう毎日のようにやりました。

コンピューターの守備が下手過ぎたりしましたが、それでも当時は良かったです。

友達や兄弟との対戦がとても楽しかったです。

よくファミスタでせこいプレーして喧嘩になっていました・・・。

暇があればまた是非やりたいゲームです。

燃えろ!!プロ野球(ジャレコ)

燃えろプロ野球

史上最強のクソゲーとも呼び名の高い野球ゲーム。

ホーナーのバントホームランは有名。

※ホーナーは鳴り物入りで当時ヤクルトに入った助っ人外国人。

何だかんだで話題性の多いゲームでした。

何気に面白い部分もあったように感じますけどね。

一揆(SUNSOFT)

百姓が忍者などを倒していくゲーム。

一揆もクソゲーと言ってもいいのかもしれないですが、実はわりと私は楽しみました。

ファミリーテニス(ナムコ)

ファミスタと共に、スポーツゲームではよくやっていました。

レンドルやエドバーグ、ナブラチロワなどの往年の名選手が選べました。

テニスなどのルールを知るにはゲームをするのが一番早いですね。

ファイナルファンタジー(スクウェア)

ドラクエと双璧をなすロールプレイングゲームが出現。

当時、話題を呼びました。

私はドラクエ派だったので、あまりやることはありませんでしたが、実際にプレーするとやっぱり楽しかったです。

ドラクエ操作に慣れていたので、個人的には毛嫌いしてしまいました。

熱血高校ドッジボール部


何気にこのゲームはかなり面白かったです。

ドッジボールのゲームってこんなに面白いんだ~と思ったものです。

リメイクでもいいので出してほしいです。

かなり長く遊んだ記憶があります。

桃太郎電鉄

桃鉄も楽しかったですね。

これで地理とか地方の名物なんかも勉強になりました。

ボードゲームをファミコンでやるという切り口が良かったと思います。

ファミコンでよく起こっていたこと

  • バグから抜け出せない。
  • ゲーム中に負けている相手が怒ってスイッチを切る。→自分。
  • 親が帰ってきたら、怒られるので、速攻でゲームを隠した。→絶対バレてた。
  • ドラクエの復活の呪文を書き間違えた。→頭が真っ白になる。
  • いろいろ裏技があって、友達と話題になる。

PC-8800のゲーム

小学校の時に、初めてパソコンが我が家に来ました。

PC-8800シリーズです。詳しい機種は覚えていません。

当初は、これからパソコンに慣れるためという名目で親に買ってもらったのですが、結局は、ゲームしかしませんでした。。

フロッピーディスクのゲームです。

兄が借りてきたゲームばかりやっていたので、歴史シュミレーションゲームばかりです。

ゲームだけのために親にパソコンを買ってもらって、今は申し訳ないですね・・・。

三国志

KOEIの初代三国志のPCゲーム。

随分とハマりました。

KOEIの三国志をやってから、横山光輝の漫画三国志を読んだので、子供ながらに、漫画の内容が良く入りました。

スマホでも遊べるみたいなので、いつかまたやりたいなと思います。

信長の野望

こちらも、KOEIのゲーム・初代・信長の野望です。

歴史好きになったのは、ひとえに信長の野望のお陰だと思います。

戦国時代の大名などの名前はこのゲームで学びました。

イース

内容はあまり詳しく覚えていないのですが、ファミコンゲームにはない画質と臨場感を感じた記憶があります。多分クリアはしていないです。

水滸伝

水滸伝も三国志や信長の野望と同じように随分遊んだ記憶があります。

かなり面白かった思い出があります。

ゲームブック

テレビゲームやPCゲームの他に、ゲームブックというのも少し流行りました。

私も小学生の一時期はとてもハマりました。

テレビゲームも楽しかったですが、ゲームブックもかなり楽しかった記憶があります。

その名の通り、ゲームの本なのですが、ストーリーにそって、色んな展開があって、本当に楽しかったです。

あまりに楽しいので、自分でゲームブックを書いたりもしていました。

でもある時、父親に自分が書いたものを捨てられてしまって大泣きした記憶があります。

ゲームウォッチ

そう言えば、ファミコンの前は、ゲームウォッチをやっていました。

オクトパスというゲームを熱心にやっていた記憶があります。

今では大したゲームではないですが、当時はハマりました。

まとめ

このように、小学校時代は面白いゲームだらけだったので、時間がいくらあっても足りませんでした。

それこそ、夜中までゲームをしていた悪い子でした。

ドラクエとかやっぱりなかなか終わらないですからね。

どうしてもクリアしたかった。

ゲームはやっぱり中毒性があるので、やり過ぎは良くないですね。

これだけ勉強にも熱中していれば、もっと違う生き方だったろうにと思いますよ。。

今でもファミスタはたまにやりたいなと思う時があります。

さすがに、クリアに時間がかかり過ぎるゲームは、仕事や子育てで、もう難しいので、数分程度で終わるソリティア程度のゲームは良いですね。

最近はスマホなどでやたらグラフィックに凝ったゲームや、課金制のゲームが多いので正直嫌です。

確かにゲーム制作会社はそちらの方が儲かるんでしょうけどね。

昔のファミコンみたいに一回だけ払ったら、永久に楽しめるゲームを私はしたいな~と思います。

個人的には、あんまり込み入ったものより、レトロな雰囲気のシンプルなゲームがしたいです。

懐かしい80年代のゲームについてでした。

(関連記事)

ファミコン世代の私がスマホゲームをやらない理由

80年代に読んでいた懐かしい漫画特集

団塊ジュニア世代のリアルと今後の生き方

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

にちこれブログについて

にちこれブログを書いている人

筆者:40代男 一児の父

居住:福岡県

20代前半にアジア一人旅(4ヶ月)をしました。その時滞在した国は11カ国。その後、2001年から海外移住(タイ)生活を3年半ほど経験。伸び盛りのアジアの国々を肌で体感しました。ウェブのことは2001年から友人のドイツ人の家に入り浸って習得。趣味はテニスです。

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作・ITサポート)を始めて10年以上になります。

福岡で自営業や起業家・副業向けの『ちょいビズ』意見交換会・勉強会を開催中です。

フォローなどはお気軽にどうぞ。

スポンサーリンク

フォローする