大伴旅人の悲しい歌 『報凶問歌』 万葉集

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

大宰府政庁跡の3つの石碑がある裏手にある道沿いに歌碑があります。

太宰師(だざいのそち)大伴旅人が詠んだ歌です。

『世の中は空(むな)しきものと知る時しいよよますますかなしかりけり』

神亀5年6月23日

(大意)

世の中はむなしいものだとつくづく知る時、いよいよますます悲哀の感を新たにすることだ。

大宰府赴任後に妻である大伴郎女(おおとものいらつめ)を亡くし、世の無常をの悲しみを詠んだ歌です。

とても身につまされる悲しい歌ですね。

関連記事

大宰府政庁跡の前にある大伴旅人の歌碑【万葉集】

小野老(おののおゆ)の歌 大宰府政庁跡 歌碑(万葉集)

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

にちこれブログについて

にちこれブログを書いている人

筆者:40代男 一児の父

居住:福岡県

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク