親となること 40代で赤ちゃんを授かる

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

いつもお越しいただきありがとうございます。

今回は『親となること』について。

先日、待望の赤ちゃんを授かりました。

そもそも、30代後半には、もう結婚を半ば諦めていた時期もあったので、自分がこうして元気な子供を授かる事ができたということだけでも、奇跡的なことで、何とも言えない感覚です。

それに、また自分の子供の可愛さといったら、もうないですね。

出産の日に撮った赤ちゃんの写真や動画を、自宅で何度も何度も観返してはニヤけるという、自分でも予想していなかった親バカぶりです。

正直、兄の子などをおんぶしたりするのが苦手で、あんまり子供が得意ではないと思っていた自分が、こんな風に心境や態度に変化があろうとは思いもしませんでした。

自分の子ってこんなにかわいいんだということを、40代で知ることになりました。

これから、子供と共にいろんなことをまた改めて学んでいくんだろうと思います。

これからの時代に子供を育てるということ

転じて、ちょっと難しい話でも。

子供ができたから嬉しいと言ってばかりはいられないのも現実。

高度成長期には、結婚して子供を産むのが当たり前の時代でした。

私は、団塊ジュニア世代です。

参考に:団塊ジュニア世代のリアルと今後の生き方

時代はバブル経済から、バブル崩壊、失われた20年へと向かい、晩婚化、少子高齢化社会に突入。

今後、益々若年層・現役世代の人口は減り、高齢者が更に増える社会となります。

社会保障を若年層が高齢者の支えられるかというのも微妙なところです。

また、情報化社会はもとより、時代はAI(人工知能)やロボットが活躍する世の中に突入します。

そんな中、劇的な社会の変化の中、子供をどう育てるべきかというのも難しいなとも感じます。

インターネットはもちろん、スマホ、ロボット、未知の技術などがこれからまた出てくると思いますし。

自分が子供の頃の感覚とは随分違う時代になっていますからね。

(私が小さい頃はぼけっ~とファミコンやら、漫画なんかを読んで過ごしました 笑)

もちろん、人としてきちんと挨拶ができたり、人に迷惑を極力かけない子に育てるつもりですが、それ以外に、時代の変化が著しい世の中であっても、自分の足でしっかり地に足をつけて前を向いて歩ける子に育ってほしいなと切に思います。

自分の将来を決めるのは、最終的には本人でしかないので、親としてはそこまでのバックアップは全力でやらないといけないですね。

まずはやっぱり健康が第一ですけどね。

まとめ

40代になり親になって、心境の変化も大きいです。

確かに、親になるには世間的には遅い年齢ですが、もう正直、自分のことはこれまで散々いろいろとやってきたので、あとは、子供に力を注ぐだけかなと思っています。

楽しみ反面、頑張らないとという気持ち反面ですが、子供のお陰でこれからもまだまだ人としても成長しなければなと強く思っているところです。

関連記事

父親として 子供が産まれる前の気持ち

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

にちこれブログについて

にちこれブログを書いている人

筆者:40代男 一児の父

居住:福岡県

20代前半にアジア一人旅(4ヶ月)をしました。その時滞在した国は11カ国。その後、2001年から海外移住(タイ)生活を3年半ほど経験。伸び盛りのアジアの国々を肌で体感しました。ウェブのことは2001年から友人のドイツ人の家に入り浸って習得。趣味はテニスです。

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作・ITサポート)を始めて10年以上になります。

福岡で自営業や起業家・副業向けの『ちょいビズ』意見交換会・勉強会を開催中です。

フォローなどはお気軽にどうぞ。

スポンサーリンク

フォローする