太宰府の日管寺  佐野日管上人 開山の寺【日蓮宗】

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

大宰府政庁跡の真裏にある日管寺というお寺です。

写真は外観のみ。

『體精山 日管寺』の由来は、

『都府楼古蹟の保存・復元への願いと、四王寺山で繰り広げられた合戦の鎮魂のために建てられた』

と書かれてあります。確かに、四王寺の麓にあるお寺ですね。

日蓮宗の『佐野日管上人』が開山されたお寺です。

上人は日連聖人銅像を福岡市の博多に建てた方ですね(建設発
願者)。

佐野前励(日管上人)は、安政6年の生まれで、犬山藩家老職の下河善兵衛の長男として美濃国大垣で生まれたそうです。
12歳の時身延山へ参り日蓮宗と出会ったようです。

そう言えば、私の福岡関係の資料の私物に、この「日連聖人銅像の掛軸(印刷物)」がありました。

いろんなことを調べていると、いろんなところに繋がるものですね 🙂 

日蓮聖人立像

『體精山 日管寺』

〒 818-0101
福岡県太宰府市観世音寺4-7-20

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

にちこれブログについて

にちこれブログを書いている人

筆者:40代男 一児の父

居住:福岡県

20代前半にアジア一人旅(4ヶ月)をしました。その時滞在した国は11カ国。その後、2001年から海外移住(タイ)生活を3年半ほど経験。伸び盛りのアジアの国々を肌で体感しました。ウェブのことは2001年から友人のドイツ人の家に入り浸って習得。趣味はテニスです。

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作・ITサポート)を始めて10年以上になります。

福岡で自営業や起業家・副業向けの『ちょいビズ』意見交換会・勉強会を開催中です。

フォローなどはお気軽にどうぞ。

スポンサーリンク

フォローする