ネットと読書の違い メリット・デメリットを考えてみた

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

私たちの暮らしで、ネットのない暮らしは考えられなくなりました。

私が10代の頃はインターネットというものもなかったので(一部の専門職を除いて)、今の若い世代の人が羨ましいです。

というのも、以前は、何かを知りたければ、辞書を引くか、人に聞くか、本を読むかぐらいでした。

そのため、結構知らないことを知らないまま過ごしてきた気もします。

まあそういった昔話はいいのですが・・・。

私はいま、ユーザーとしてネットを使う一方、また一般人ですが、ブログでこのように記事を書いています。

また、そんに多くはないですが、読書も多少します。

実際にネット上に何ヶ月も記事を書くことで、『ネットの記事を読むということ』と、『読書をすること』の違いが少し見えてきたようにも思います。

ネットと読書の違い、メリット・デメリットを私なりに考えてみました。

インターネットのメリット

ネットのメリット・デメリット

  • 知りたいことを手軽に時間をかけずに調べることができる。
  • 新しい情報・ニュースをすぐに入手できる。
  • 知っていることをサイトで再確認できる。

などが挙げられると思います。

ネットに関してはあまり長い時間、例えば1時間も同じサイトに留まることはそうそうないと思います。

理由のひとつは、パソコンではなく、スマホからネットを閲覧する人が飛躍的に増えたためのような気もします。

スマホでササッと調べたい記事を読めるのは本当に便利ですし、私もよく利用します。

そのサイトに情報がなければ、次のサイトに移って調べるというようなことができるのもネットの利点ですね。

読書のメリット

読書

ある事について詳しく調べたい場合は、本のほうが詳しい情報にたどり着ける可能性が高いように思います(現時点では)。

※『現時点では』と書いたのは、今後、益々ウェブが発展していくと、もしかすると物凄い濃い内容の図書館のような検索エンジンができなくもないのかなとは思います。

例えば、ある歴史的な出来事について詳しく調べたい場合は、専門書やそれに類する本をじっくり読むのが一番妥当な方法だと思います。

じっくり読むことでその事象についての全体像や詳細を学ぶことができるという点において読書はすぐれていると思います。

これは、その道の専門家が書いている場合が多いため、ネットのような玉石混交の記事よりも、より深い考察を得ることができる可能性も高いですね。

ネットで調べたことよりも随分深く知ることができるのは、本ならではだと思います。

もちろん本を斜め読みして、自分にとって大事な部分だけ読むということもあると思います。

その場合は、結構ネットに近い読み方とも言えるかもしれないですね。

ただし、書籍でも、新書などの中には中身の薄い本もまれにあり、何でこの程度の本がこんなに高評価なの?というのもたまにあります。

そんな本よりは、ネットの記事の方が良い場合もあるように感じます。

ネット通販サイトの本のレビューという記事にレビューサイトの良し悪しについて書きました。

まとめ

まとめ

ネットは一部の情報を瞬時に知るのに向いている『即時性の高いメディア』。

読書は、より『深い考察を得るのに向いているメディア』?だと思います。

(読書を普通は、メディアとは呼ばないと思いますが・・・便宜上そう呼ばせて頂きます)

ネットで情報をいろいろと得られる世の中だからこそ、より深く学べる、読書の意義も深くなった気もします。

社会人の勉強という記事にも書きましたが、ネットの活用ができるようになってから、勉強の効率も格段に上がりましたし、読書の大切さも痛いほどわかるようになりました。

私も何か簡単なことを調べる時は、ネットで済ませることが多いですが、ブログで難しい内容の記事などを書く場合は、本を読むか、実体験を書くようにしています。

(そんなに難しいこと書いていませんが・・・)

既にネットにある記事の焼き直しなどはしたくないので、出来る限り、自分の言葉で書くようにしています。

ブログを書くようになってから、自分って本当に『何も知らない』んだなぁと改めて感じていますし、それが学習意欲にもつながっています。

ただ、知らない事柄について勉強しようと思っても、ネットを利用するだけでは深い勉強や深い情報を得るのはなかなかできないものだと気がつきました。

ネットに情報はあっても、断片的な情報が多いように思うし、自分でしっかり調べた知識でないと、なかなか身につかないとも感じます。

(※ネット上にも、とても深い情報を提供しているサイトはもちろんあります。)

それから、単純に、お金を出して本を買うということが、真剣に読むモチベーションに繋がるということも確かにあるようにも思います。

変な話、お金出して買ったんだから『元を取らないといかん』という気になりますよね。

ネットと読書。

どっちが良いとか悪いではなくて、ネットと読書のお互いの特性を知り上手に活用すれば、かなり有意義な学習も可能になると思うし、そんな時代に生きていることに感謝したいとも思います。

関連記事

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

にちこれブログについて

にちこれブログを書いている人

筆者:40代男 一児の父

居住:福岡県

20代前半にアジア一人旅(4ヶ月)をしました。その時滞在した国は11カ国。その後、2001年から海外移住(タイ)生活を3年半ほど経験。伸び盛りのアジアの国々を肌で体感しました。ウェブのことは2001年から友人のドイツ人の家に入り浸って習得。趣味はテニスです。

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作・ITサポート)を始めて10年以上になります。

福岡で自営業や起業家・副業向けの『ちょいビズ』意見交換会・勉強会を開催中です。

フォローなどはお気軽にどうぞ。

スポンサーリンク

フォローする