今やっていることって何の役に立つのか?勉強や研究、仕事など

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

この記事はどちらかと言うと、若い人向けですね。

でもあんまり年は関係ないかもしれません。

私も、今やっている勉強や仕事が将来何になるのか?とか考えて悶々とした時期がありました。特に若い頃は。

何のためにやってるのか全然わからない』と。

先が見えないと、特にそう感じてしまいます。

多分、こういうことは多くの人が通る道ではないかと思います。

私も正直、早くこんなことやらないでいい年になりたいな~と思っていました。

でも40歳を過ぎて感じるのが、やっぱり『勉強』は大事。

それに、無駄と思える『体験』や『経験』も大事。

人生に無駄なことはありません。

変な話、勉強に関しては、暗記でもいいので、とにかく記憶に残しておくだけでも、将来何かの役に立つ時が必ず来ます。

それに、無駄だと思うことでも全力で取り組んでいると、いずれ何かの役に立ちます。

[blogcard url=”https://dazaifu-magokorodo.com/riekidogaishi″]

それがいつになるかというのは、実はわからなくて、明日かもしれないし、数十年後かもしれないです。

でもきっと役に立つ時が来ます。

だから今やっていることが無駄かと言えば、私なら『無駄ではない』と答えます。

今やっていることは無駄ではない

これは、自分自身の体験からもそう思います。

と言うのも、勉強に関して言うと、私もこの年になって、アインシュタインのことに興味が出たり、宇宙・科学のことを知りたいな~とか思っているんですが、やっぱりそれを深く理解しようと思ったら、学校で勉強したことが必要になってきたりするんです。

だから、あの時、数学をもっと勉強しておけば良かったのに・・と後悔することになります。

また、最近、iPadで読む本のリストに兼好法師の『徒然草』を入れました。

それこそ、高校の頃に習った古典を、40代の今頃になって再度読み返すなんて思ってもみなかったです。

20年以上も経ってからまさか徒然日記を読むとは・・・という感じです。

人生とは本当にわからないものです。

急に興味の対象が広くなったりしますから変なものです。

でも、そういうのも、もともと素養があったから出来たことで、全くゼロからではなく、多少の知識があったからこそ、すんなりと入れたんだと思います。

それこそ、二十年前に高校の授業で教わったから良かったもので、もし授業中居眠りしていたら、今頃徒然草何か読んでいなかっただろうなと思います。

それにしても、20年以上経って、徒然草がこんなに味わい深い文章だったとは初めて知りました。

昔は覚えるのに必死だったから、文章を味わうなんてお洒落なところまでいっていませんでしたが、今では昔の情景や昔の人の心を文章から味わいながら読んでいます。

そういう意味でも、いつ何が自分の役に立つかなんて正直わからないものです。

だからあんまり焦って結果ばかりを求めない方が良いです。

結果を求めず長い目で

結果というものは、『すぐに出るもの』と、『そうでないもの』とがあるように感じます。

例えば、アスリートなら、必要な筋肉を集中的に筋トレで身に付ければ、すぐに成果は出るかもしれません。

ある意味、これは『即時的な効果』。

反対に、例えば、今やっている勉強や仕事が嫌で嫌で仕方ないという場合があると思います。

でも、それを継続して乗り越えることで、いつか知らない間に自分の血となり肉となり、本当の力になることもあります。

これは『継続的な効果』。

私もそうですが・・・大体、人は即時的な効果を求めがちです。

でも本当は継続的な効果の方がもっと大切。

『即時的な効果』はバブルみたいなもので、いつか弾けてしまう恐れがあります。

反対に『継続的な効果』は、どっしりした横綱のような安定感で長い人生を支えてくれる印象です。

人生は長丁場。

人生には思いもよらないことがいろいろと起こります。

あるスポーツ選手みたいに、若いころ才能を開花させたけれども、引退後に堕落してしまう人もいます。

今を楽をして現実から目を背けると、せっかく将来もっと深く理解し、楽しめたはずのことに気づけないままになってしまうかもしれません。

そうならないためにも、『今やっていることって何の役に立つのか?』ということを考える前に、『目の前のことに真剣に取り組む』ということが大切なのかなと思います。

[blogcard url=”https://dazaifu-magokorodo.com/shakaijinbekyo″]

悩み解決 楽しい人生のための気づきのヒント

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

にちこれブログについて

にちこれブログを書いている人

筆者:40代男 一児の父

居住:福岡県

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク