メガネの人でもかけられるサングラスでスポーツや運転も快適になった

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

サングラスをかけたいけど、視力が悪くてかけられない。そんな悩みはありませんか?

私も『度入りのサングラス』を買うしかないかな~と思っていました。

コンタクトレンズをつけて、サングラスを掛けるという手もありますが、私はコンタクトレンズをつけるとアレルギーが出るので対象外。

サングラスはかけたいけど、度入りサングラスは、眼鏡をかけている私には、ちょっとはハードルが高いと思っていました。

意外と眼鏡をかけている人の悩みのひとつだったかも知れないですね。

普段生活するだけならサングラスがなくても、そんなに困ることはないのですが、以下のような時に、サングラスがあれば良いなと思っていました。

  • 車の運転時。
  • スポーツをしている時。

紫外線が目に入ると疲れやすくなるという話も聞いたことがあります。

暑い日の運転の際などには便利です。

目から入る紫外線をカットするだけで、、体の疲れは緩和されるそうです。

私も最初は度入りのサングラスの購入を考えていて、眼鏡屋に行ったのですが、以下のような問題に直面しました。

  • 度付きのサングラスはたまにしか付けないのに、意外と値段が高い。
  • 普段使いのメガネと度入りのサングラスを両方を利用すると、眼鏡を買い換える時にサングラスまで購入しないといけないからお金が二重にかかってもったいない。

という問題点です。

他にいい方法はないのかな~と考えていたら、人から「眼鏡の上からかけられるサングラスがネットで売っているよ」と聞きました。

実際に探してみると、着脱式(クリップ)や、上からかぶせるタイプのものなど、いろんな種類がありました。

オーバーサングラスという選択

その中でも、私には、眼鏡の上からかぶせるタイプのものが気にいりました。

AXE(アックス) オーバーサングラス』というものです。

このサングラスが値段的にも評価的にもなかなか良いので、さっそく購入しました。

メガネの上からかぶせるカタチなので、正直見栄えが悪いんじゃないかな~と思っていました。

このサングラスをかけてテニスをしたのですが、友人にサングラスの外から見た見栄えについて聞くと、「特に違和感ない」と言われました。

私個人としても、あまり違和感は感じませんね。

眼鏡とサングラス

サングラスのフレーム部分が深めに作られているから、メガネをつけたまま装着できるようになっています。

それに重さも大して感じませんし、つけ心地も悪くありません。

オーバーサングラスのメリット

  • メガネをつけたままサングラスをかけられるのは便利です。
  • 上からかぶせるタイプなので着脱が楽です。
  • 思ったほど見栄えも悪くないし、違和感も少ないです。
  • お値段もお手頃。財布に優しい。
  • スポーツの時でも使える。
  • UVカットなので疲れにくい。
  • 偏光レンズ。

オーバーサングラスのデメリット

  • 多少のごわつき感はあります。眼鏡のサイズによっては合わない場合もあるかもしれません。
  • メガネの上からかぶせるので、長時間つけると多少重く感じますね。
  • 激しい動きをすると多少は、ずれるかもしれないです。

まとめ

サングラス

メガネの上からサングラスをするタイプですが、正直なかなか良いです。

近所のスポーツ店売り場にはなかったので、ネットで購入しました。

メンズ・レディースの両用の男女兼用ユニセックスタイプです。

実際にテニスの練習や試合などで着用していますが、特に違和感もなく、しかも太陽が目に入ってもサーブに支障もないので非常に便利だと思います。

スポーツをする方や、車の運転をされる方、釣りなどの際に良いかもしれません。

普段は眼鏡をかけていて、度入りのサングラスを買うのはもったいないし、面倒だなと思われている方にはおすすめです。

メガネに関する記事

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

にちこれブログについて

にちこれブログを書いている人

筆者:40代男 一児の父

居住:福岡県

20代前半にアジア一人旅(4ヶ月)をしました。その時滞在した国は11カ国。その後、2001年から海外移住(タイ)生活を3年半ほど経験。伸び盛りのアジアの国々を肌で体感しました。ウェブのことは2001年から友人のドイツ人の家に入り浸って習得。趣味はテニスです。

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作・ITサポート)を始めて10年以上になります。

福岡で自営業や起業家・副業向けの『ちょいビズ』意見交換会・勉強会を開催中です。

フォローなどはお気軽にどうぞ。

スポンサーリンク

フォローする