車の暑さ対策 夏の運転には日除けグッズの活用が不可欠

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

暑い日の運転は、何も対策していないと普段の数倍の疲れを感じます。

実際に私も月に数度、比較的長距離を運転しているのですが、夏の暑い日に暑さ対策をせずに運転すると、家に帰り着いた時には、ぐったりしてしまいます。

いくら車内にエアコンを入れていても、直射日光を浴びるとだんだん暑さによる疲れが出てきます。

暑い日が続き疲れが蓄積すると夏バテしてしまいますので、きちんと対策することをおすすめします。

暑さ対策・日除けグッズなど

日除け

普通のタオル

実はかなり便利なのが、お宅に普通にあるタオル。

日中運転しない時は、ハンドルに掛けておけば、ハンドルが熱くなるのを防ぐことが可能です。

また、運転中はタオルを膝掛けとして利用します。

運転中に日差しが膝や太もも辺りに当たると、想像以上に暑さを感じます。ずっと日が当たっていると、じっとり汗をかくほどです。

これは正直結構疲れの原因になります。

そこで、家にある一般的に使用されているタオルを太もも辺りに掛けてあげると、直射日光を遮ることができて、直射日光を遮ることが出来、運転中も随分楽になりました。

できれば、UVカットのもの、なければ、白地のものがベターですね。

日焼けの防止にもなります。汗をかけば、拭くこともできるので、一石二鳥ですね。

アームカバー(UVカット)

よく女性が付けているあれです。

男性の私が付けるのは少し抵抗がありますが、実は効果抜群です。

女性はもちろん、車を運転する機会が多い男性にも是非活用してほしいです。

私も実際に使っていますが、アームカバーがあるのとないのとでは、運転中の疲れの具合が全く違います。

レディースはもちろん、メンズのものも最近は多くなってきているので、活用されると良いと思います。

もちろん日焼け対策にもなります。体感温度を下げる機能がついたものもあります。

サングラス(UVカット)

サングラスは眩しさを軽減する効果はもちろんありますが、実は体の疲れも軽減するようです。

太陽から降り注ぐ紫外線は、眼から入り疲れを増幅してしまうそうです。

UVカットのサングラスをすることで疲れを和らげることが期待できます。

私は眼鏡を常時着用しているので、普段はサングラスを掛けないですが、スポーツや運転時は眼鏡の上から着用するオーバーサングラスを利用しています。

これだけで、眩しさと疲れを軽減できています。

カットフィルム

最近の車の場合は、UVカットガラスは標準装備がほとんどだと思いますが、少し前の車にはついていないことが多いと思います。

カーフィルムを付けるだけで、UVカット、断熱効果が期待できます。

興味のある方は、カーショップを覗いてみてください。

車種に応じて種類も色々あるようです。

その他の暑さ対策グッズ

  • 車用サンシェード(サンバイザー)

車内が暑くなるのを防ぎます。運転する前にハンドルが暑くて握れないということもなくなりますね。

車内が煮える程暑いと、エアコンを入れて効き始めるまでに時間がかかるので、サンシェードで日差しを遮り、車に乗る時に少しでも社内温度を下げておきたいですね。

  • スポーツドリンクや経口補水液の摂取

運転中の熱中症対策に極力ポカリスエットなどスポーツドリンクを飲むようにしています。

経口補水液のOS-1(オーエスワン)も必ず常備しています。長時間運転で脱水症状が起こり、熱中症にならないように、こまめに水分補給しましょう。

夏バテ対策

夏バテ

夏バテしてしまうと車の運転もしんどくなってしまいます。

しっかり夏バテ予防をして、暑い日を乗り切りましょう。

私も冷たいものが好きなので注意しなければいけないところですが、冷たいものばかりを飲むと、胃酸が薄まったり、体が冷え、胃腸機能が低下してしまいます。

冷たい飲み物を摂るのもたまには良いですが、過剰に摂取せず、常温(ぬるめ)のものを飲むことをおすすめします。

また、食べ物に関しては、栄養のバランスに気をつけ、睡眠不足にならないように気をつけたいですね。

夜はしっかり睡眠をとり、また昼寝の時間を取るのも大切です。

屋根のある駐車場

駐車場に停めるときは、できるだけ、屋根のある場所に止めるのも良いです。

私も、買い物の際は、車内の温度が上がるのを抑えるために、立体駐車場に止めるようにしています。

サンシェードも乗り降りの際に何度も取り付けたり、外したりで面倒ですからね。

車の暑さ対策まとめ

ドライブ中の暑さ対策を万全にしておくことで、熱中症を防げますし、夏バテ防止にもなります。なにより、帰宅後の疲れが全然違います。

また、暑さが続くと次第に疲れが蓄積しがちです。

車内にエアコンが効いているからと言っても、完全な暑さ対策にはならないので、このような小さな対策を心がけていれば、夏の暑い時期の運転が楽になると思います。

ご参考にどうぞ。

急いでいてもイライラしない

安全な車間距離で交通事故防止 悪質な煽り運転を考える

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

にちこれブログについて

にちこれブログを書いている人

筆者:40代男 一児の父

居住:福岡県

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク