すぐに結果を求めない 時間をかけた方がうまくいく

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

いつもお越しいただきありがとうございます。

にちこれブログです。

今回は、『結果』について考えてみました。

自分自身も、若い頃は、どんなことでも「早く結果を出したい」という気持ちばかりで、長いスパンで物事を考えることがなかなかできませんでした。

段々年を重ねることで、『結果を急がない』ことを覚えられるようになりました。

というのも、すぐに(簡単に)得られる結果は、すぐに失われがちということが分かってきたからです。

ある意味、簡単に得たお金はすぐに失くなってしまうのと似ているかもしれませんね。

以下ではすぐに結果を求めないことのメリットなどについて書いてみました。

長期的な視野に立つ

短期的な目標も大切ですが、長い期間を考えて行動することはとても大切だと感じています。

このブログを例に取ると、10年計画でやっているので、1年で結果が出なくても大したことではないですね。

ブログを開始して1年以上が経過しましたが、いきなり結果を求めていたら、結果が伴わずに、すでに辞めていたでしょう。

また、もし1ヶ月ほどで大量のアクセスを集められていたら、調子に乗って、ブログというものを甘くみていたかもしれません。

結果がなかなか出ないからこそ、その間に、試行錯誤しながら、いろんな学びも増えてくるように思います。

短期間で結果が出てしまうと、どうしても努力をしなくなったり、もっとよくしようという気持ちが薄らいでしまいがちです。

そういうことは私も以前、いろいろと経験したこともあります。

逆に、時間を掛けて努力して得たことには感謝の気持ちだったり、愛着などが生まれるので、ずっと大切にしようと思いますよね。

時間をかけた方がうまくいく

ある意味、恋愛、結婚、学業、仕事、趣味など、人生で遭遇する様々ことに関しても、少し肩の力を抜いて、長い時間を掛けた方が、本当に大切なものを見つけられるように思います。

私の例でいくと、すみません。手前味噌ですが・・・10年前に趣味でテニスを始めたのですが、10年掛けて、ようやく草テニス大会でも結果が出せるようになりました。

10年前は優勝などというのは他人事でしたからね。それが実はできるようになりました。

これも、実は10年計画で練習に取り組んだお陰だと私は思っているんです。

最初の5~6年間は勝ち負けは二の次で、ひたすらコーチの指導を忠実に実践して、基礎固めをしました。

7年目ぐらいから、コーチから離れて、自分の味付けを始めました。

具体的には、7年目から、自分でテニスについて考え、計画・行動することにしました。

このあたりは、何か職人に似ていますね。

そして、10年目(今年)あたりから一気に結果が残せるようになりました。

その間、とても長かったですが、そのお陰で試合運びが楽になり、これからが楽しみになりました。

また、別の例では、私は、自営業をしていますが、最初はビジネスについて、何もわかりませんでしたが、最初は見習いのつもりで、とにかく場数を踏んで、段々知識や経験を増やすことで、時間が経つにつれて、独り立ちできるようになりました。

これを10年間続けたので、これからがスタートかなと思っています。

こちらも、段々と楽に成果が上がるようになってきました。

基礎を固める

どんなことでも言えるのですが、最初にきちんとした基礎を作るのに時間をかけておけば、それは簡単には崩れなくなるのかなと思います。

仕事でも、最初はとにかく、技術を磨いたり、専門知識を増やしたり、会社のやり方を学んだり、人脈を広げたり、誠実な対応を心がけたりと、そんなことを続けていけば、自ずと力はついてくるのかなと。

『石の上にも三年』と言いますが、もちろんそれには私も同意しますが、更に言えば、10年続ければ大抵のことは、自分のものになるのかなと思います。

ただ、そのやり方が間違っていたらそれは問題で、やはり、最初の基礎的な部分を疎かにするのはいけなかなと思います。

数をこなす

私の場合は、何事も1000本ノックの精神で、数をこなしながら、失敗を繰り返しながら、成功したことを拾い上げることを意識してきました。

何度もチャレンジしながら、成功体験を増やしていくというやり方なので、正直、ものすごく時間が掛かりますが、その時間を掛ければ、掛けるほど自力がつくのかなと感じています。

ただし、自分で考えて、問題が見つかれば、すぐに改善する気持ちも忘れてはいけないですね。

単に続けていればいいというものでもないですね。

1000本ノックできちんと球が取れなかったのに、同じ方法で取ろうとしても、一生同じように取れないままになりかねないですからね。

やりながら、うまくなる方法を常に考えないといけませんね。

まとめ

私も40歳を過ぎて、過去を振り返ると、焦って始めたことは、すぐに止めてしまっています。

逆に時間をかけてじっくり考えて、継続していくと、頑張らなくても自然にできるようになるということも多くありました。

ですので、やっぱり、早く結果を求めることをせず、長期的な視野に立って、気長にやるのが最終的にはいいのかなと感じます。

まあ、月並みな言い方ですが、『急がば回れ』というやつですね。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

にちこれブログについて

にちこれブログを書いている人

筆者:40代男 一児の父

居住:福岡県

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク