季節の変わり目にはよくカポジ水痘様発疹症が出る

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

いつもお越しいただきありがとうございます。

にちこれブログです。

冬が終わり、春の香りが漂う季節になりました。

本当なら春が来るのを喜ぶ人が多いはずですが、私は昔から毎年この時期が嫌いで仕方がなかったです。

というのも、毎年この時期になるとアトピー性皮膚炎からくるヘルペス(カポジ水痘様発疹症)を発症することがとても多いから。

時期に関係なく、疲れやストレスが溜まると発症する場合もあります。

去年からアトピーや喘息などアレルギー体質改善のための対策として冷水浴を行っていて、正直なところ、その成果がかなり出始めたかな~という兆候がありました。

というのも、冷水浴をすることで随分肌がきれいになり、ステロイド(マイザー)を塗る量も格段に減ったので、脱ステロイドも間近と思っていましたが、春先になって、やはり、例年通り、ヘルペスが出ました(ただし例年に比べて症状が軽微)。

以下では、カポジ水痘様発疹症の兆候や原因、対策などを記載しました。

カポジ水痘様発疹症の兆候

私の場合は、毎回、顔の左側のおでこから首にかけてカポジ水痘様発疹症(単純疱疹)を発症することがほとんどです。

兆候としては、左のおでこの皮膚の部分がヒリヒリしてきて、発疹が出ます。

何か痛痒いな~と感じたら、すでにヘルペスになっていることが多いです。

放っておくと、ますますヒリヒリ、カユカユになり、手のつけようがないくらいになります。

ヘルペスはすぐに拡がるので、患部は擦ったり、掻いたりしないように注意しましょう。

カポジ水痘様発疹症の原因

私の場合は、何より季節の変わり目に発症することが多いので、恐らく気候の変化が関係しているのではないかと思います。

特に春先は必ずと言っても過言ではないほど発症します。

それから『疲れ』も原因のひとつではないかと思います。

この数日間、非常に疲れていて、何か気分が滅入る感じがしていたのですが、そしたらいつの間にか顔の額の部分がやられていました。

皮膚科に行くとやはりビンゴでした。

(主な発症の原因と思われること)

  • 季節の変わり目による体調の変化
  • 体の疲れ。寝不足。仕事やスポーツのし過ぎ。
  • 夏の暑い日に体力を消耗した時も出ることが多いです。

カポジ水痘様発疹症の対策

発症から治療期間ですが、私の場合は、兆候が出ると早めに皮膚科を受診しますから、飲み薬を頂いてから早い場合は、2~3日で症状は治まります。

ただ、薬を飲む時期が遅れたり、治療が遅くなると完治まで時間がかかってしまいます。

兆候が出たら素早く病院に行くことが大切です。

治療としては、軟膏もありますが、私の場合は、皮膚科でバルトレックスのジェネリックであるバラシクロビルというお薬(飲み薬)をいつも頂きます。

バルトレックスは庶民の私には目が飛び出るほどお高いので、ジェネリックは本当に助かります。

バラシクロビルを飲み始めてから数日もすれば症状が改善するので、本当に助かります。

早めの対策をすれば、症状は随分軽微で済むので早め早めの行動が大切です。

※飲み薬は塗り薬よりも一般的に副作用が強いので、医師の話はよく聴いて服用することが大変重要です。

まとめ

初めてカポジ水痘様発疹症にかかった場合は、症状がわかりにくいと思うので、すぐに皮膚科で受診することをお薦めします。

症状が悪化すると、治りも遅くなるので、注意が必要です。

それから、自分で勝手に判断しない方がいいと思います。

また、ヘルペスにマイザーなどのステロイド軟膏を塗ると、逆に悪化するので絶対に塗らないように注意してください。

これは私が昔、やってしまって、大変後悔したことですので。

とにかく、皮膚科で受診して早めに対処することが、カポジ水痘様発疹症の治療期間を短く、すばやく治す一番の方策です。

それから、疲れた時はしっかり栄養を摂って、ゆっくり寝るのも大切ですね。

(追記)

私も知らなかったのですが、以下のアマゾンのレビューにもあるようにリジンがヘルペスウィルスの働きを抑えるようです。私も予防や発症後の緩和に常備しておこうと思います。時間がなくて病院に掛かれないときや、出そうだなという時に飲んでおくと良さそうです。

関連記事

体験談 喘息やアトピー性皮膚炎などアレルギー体質改善・当ブログ記事のまとめ

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

にちこれブログについて

にちこれブログを書いている人

筆者:40代男 一児の父

居住:福岡県

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク