婚活がうまくいかないあなた 自然な出会い プッシュ型からプル型に移行しよう

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

いつもお越しいただきありがとうございます。

にちこれブログです。

今回のテーマは『婚活の方法』について考えてみました。

正直、私(男)も結婚までの道のりは長かったです。

40歳を過ぎてから結婚しました。

もう無理かもと思って諦めかけていたら、今の嫁とあっさり出会い、結婚しました。

この記事では、うまくいっていない人のために、私の体験談を交えながら、婚活の方法について書いてみたいと思います。

婚活の見えない壁

婚活市場には、ある意味、見えない壁が存在します。

それは、職業や年収、ルックス、話が合う合わない、住んでいる地域、結婚に慎重な気持ち、プライドなど。

マッチングが成立するには色んな障壁があります。

でも本当は、書類選考でふるい落としにかかった人の中に、自分に合った人がいたかもしれません。

そもそも、一度会ったくらいでどれくらいの人が、その人のことをわかるでしょうか?

会った瞬間『ビビッときた』が本物かどうかなんて後になってみないとわかりません。

婚活市場で上手くいった人はそれでいいです。

でも、上手くいかない人も中にはいます。

昔の私も正直そうでした(笑)。

負け戦ばかり経験してしまうと、いくらご自身に魅力があっても、自信を失ってしまいます。

私も上手くいかないたびに『自分のどこが悪いんだろう?』と自問自答した時期もありました。

自信を失くした状態で婚活を続ければ、あるはずの魅力も陰ってしまい、更に上手くいかなくなる可能性があります。

そこで目線を変えて、どのようにすれば、自信を失わずに、自分の魅力を人に伝えられるかについて、私が実際に経験したことをもとに書いてみます。

婚活のやり方を変える

私自身も、婚活を経験しましたが、いわゆる婚活パーティではほとんど全滅状態でした。

そんな状態じゃいくらメンタルが強い人でも凹みますよ。

まるで全否定されたような気持ちになります。

婚活を経験したことのない人からは、もっと積極的にいけとか抽象的なアドバイスをもらうことも多かったですが、実際にやってみると空回り。

精神論だけではなかなかうまくいきません。

そこで、ここでは、実際に私が経験したことをもとに、婚活の方法を考えてみましたので、ご参考にどうぞ。

プッシュ型の婚活とプル型の婚活

活動方法は大きくわけて2種類あると思います。

プッシュとプルという難しい言葉を使いましたが、簡単に言えば、積極的に成果を取りにいく方法と、ゆっくり時間を掛けて相手を見つける方法です。

プッシュ型(婚活パーティなど)

プッシュ型は、婚活の場に積極的に出向いて、自分をアピールすることです。

こちらの方法で上手くいく人も、もちろんいます。

たいてい、書類に自分のプロフィールを書いて、それをもとに会話するような感じでした。

個人的には、品評会みたいでいつも違和感を感じていました。

私自身は自分のことを無理にアピールしたいとも思いませんでしたし、無理に取り繕う自分がとても嫌でした。

こういうプッシュ型は、上手に自分のことをプレゼンできる人には向いているかもしれません。

プル型(サークルやボランティア、定期的な集まり)

婚活でうまくいっていない人には、こちらを断然おすすめします。

こちらの方法は、シンプルに定期的な集まりに参加するだけ。

そもそも、出会いがない人は、異性との接触機会が極端に少ないだけかもしれません。

私も実際にそうでした。

そういう人は、趣味の場やボランティア活動などに参加して、『知り合い』を増やしていくことが大事です。

このプル型は、結婚のための活動も一切なし。

いい人がいても、いきなりアプローチすることもしません。

時間をかけてじっくりと相手の人となりを見るようにします。

異性という意識さえ持たない方がいいです。

(プル型婚活で大事なこと)

大事なことは、周囲には、自分に彼女・彼氏がいないことを伝えておくこと。

そして、彼女・彼氏が欲しいと思っていることを知ってもらうことです。

もし、これを周囲に伝えていなければ、『あの人は結婚するつもりがない』と思われて、紹介さえしてもらえません。

また、そうすることで、お互い恋人募集中の友達ができて、一緒にいろんな出会いの場に行くことも可能になります。

そこでまた輪が広がり、出会いの機会が増えます。

(プル型婚活のメリット)

なぜプル型が良いかというと、特に女性は年頃になると、結婚に関して真剣に考え、また慎重になる人も多くいます。

そんな女性に、肉食系のアプローチをしてもドン引きされるだけです。

また、逆に女性が男性に積極的にアプローチするのも引かれます。

ある意味、興味のない人からアプローチされても誰でも困るわなということです。

プル型婚活は、自然に人の輪を広げることで、その中で自然に自分に合った人と出会う方法なので、全くストレスがありません。

無理に自分を取り繕うこともありません。

ただし、プッシュ型よりも、かなり時間が掛かります。

もちろん、相手が自分に異性として興味があるかどうか、少しは確認しておかなければいけません。

そうじゃないと、告白してから『友達と思っていたのに・・・』となってしまいます。

まとめ

私もこのプル型で結婚しました。

私も年齢が年齢でしたから、さすがに、焦りもありました。

プッシュ型婚活で全くうまくいっていなかったので、半分諦め気分でしたので、のんびり時間をかけることにしました。

結果的にはこちらの方で上手くいきました。

どうしても、出会いの機会を増やしたいなら、プッシュ型・プルの両方をするというのも良いと思います。

その時も、婚活パーティなどでも友達を増やすぐらいの気軽な気持ちで参加する方が良いと思います。

もし婚活が上手くいっていないのなら、どうぞ、プル型の婚活スタイルもお試し下さい。

ご参考まで。

結婚を諦めたら急に上手くいった時の話 年齢やスペックは気にしない

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

にちこれブログについて

にちこれブログを書いている人

筆者:40代男 一児の父

居住:福岡県

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク