まとめサイト問題から見る 急拡大する会社・組織の落とし穴 倫理観と理念の欠如

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

いつもお越しいただきありがとうございます。

にちこれブログです。

今回のテーマは『急拡大する会社・組織の落とし穴』について考えてみました。

まとめサイト』の問題が続々とやり玉に挙げられています。

個人的にも、そりゃそうだろうなと思います。

他人の記事をちゃちゃっと修正して出来上がった記事のまとめサイト。

随分と幅を利かせていましたからね。

他人の記事を『まとめただけじゃん』というサイトは確かに多かったように思います。

そういう記事が検索上位を独占していることに関しても、『Google先生もどうかしてるよね』と個人的には思っていました。

ユーザーにとっては、『まとまっていることは良いことだ』という認識なのでしょうか。

確かに、あちこちにある情報を、時間を掛けて探すよりも、まとまっていることは便利であることは間違いないですけどね。

じゃあ、真面目にコツコツ自分で書いた人はどうなるの?となるのは当然と言えば当然ですね。

フリーライターに関しても、どんな選考基準で選んだんだろう?と思います。

それに、記事のチェック体制もなかったのか?というほど会社としてはずさんでした。

(私の記事の場合は、自分で自分のブログを書いて、自分で見直しているので、かなり誤字脱字・支離滅裂な文章が多い・・・でも、自分の体験で書いているので、嘘は書いていないつもり)。

ちなみに、私の場合は、毎回1000文字以上の記事を300記事くらい自前で書いています。

それでもなかなか検索上位にはきませんが。

いくら書いても広告収入はサーバー代にもならない程度です(笑)

それでも書く意義は感じています。

私の場合は、そもそも文才がないからお金をもらってまで仕事はできませんけどね。。。

ただ、他人の記事のリライト記事よりは、ましな記事を自分の頭を使って書いているつもりですけどね。

それに、人に指示されて書く記事なんて、自分自身がつまらないからやりたくないです。

正直、他人の記事を書き直すだけでは、自分の実力にはならないと断言します。

ライターとして生きるなら、自分の脳みそで考えて書くことですね。

毎回、脳みそをフル回転させなければいけません。

もしくは現場に出向いたり、扱うテーマの本を一生懸命読むとか。

それが実力になります。

(ライターではない私が言うのもなんですが)

急拡大の組織の崩壊

話は戻ります。

まあ、でも正直こういうことって、企業や組織体によくあるパターンのように思います。

急拡大する企業や組織は、肥大化する自分の成長に自分自身がついていけずに崩壊するということはよくあることです。

メディアやネットなどを使って急激に拡大する会社の典型的な例かもしれません。

十分な準備期間を設けずに、実力もつけないで、思いつきでやった感が否めないです。

思いつきでも、ちゃんとやれば、全然良いのですが、その先に起きうるであろう問題に目を向けなかったことが、大きな問題のように感じます。

まあ、儲かれば何でもやっていいというような、倫理観の欠如が今回の原因だと思います。

特に、規模の力を使って展開する場合は、気をつけた方が良いことなのかなと感じますね。

まとめ

会社だから利益を追求しなければいけません。

でも、自社のサービスがどこに向かおうとしているのかの指針はあるべきだと思います。

それを確認するのは、当初から掲げた『理念』ではないかと思います。

急拡大する企業は、一度理念を再確認すべきではないかと思います。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

にちこれブログについて

にちこれブログを書いている人

筆者:40代男 一児の父

居住:福岡県

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク