男は結婚前に一人暮らしをしたおいた方がいい理由

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

いつもお越しいただきありがとうございます。

にちこれブログです。

今回のテーマは『男は結婚前に一人暮らしをしたおいた方がいい件』について。

先日、つい最近結婚された女性と話をしていたら、旦那の愚痴・不満がポロポロと出てきました。

それは、『旦那が全く家事をしない』ということ。

それこそ、炊飯器のボタンや洗濯のやり方さえもわからないとのこと。

そのたびにやり方を聞いてくるから、どうしても『イラっ』とするそうです。

その女性は『結婚する前に旦那に数ヶ月でも一人暮らしをしておらえば良かった』と言っていました。

私もその意見に激しく同意します。

男性が一人暮らしを経験していないと、結婚生活後、いろんな問題が顕在化してきそうです。

男性が一人暮らしをした方が良い理由

  • 経済観念を肌で学ぶことができる
  • 生活がいかに大変なことかがわかる。
  • 精神的な自立ができる。
  • サバイバル能力が高まる。

一人暮らしをすると、家賃や光熱費がいくら掛かるかがわかりますし、自分で生活するには、年間どれくらいのお金がかかるかなどがわかります。

また、家事をすべて自分でしなければいけないので、それにどれだけの時間がかかり、どれだけ大変かがわかります。

一人ですべてやるって本当に大変です。

また、そうしているうちに、精神的にも強くなり、生きる力も養えるのかなと思います。

これからの世の中を考える

今の世の中、男性も育児や家事に参加しないと家庭が成り立たない状況です。

特に、今の世の中は女性も子供を生んだ後、職場復帰することは普通のことになりつつあります。

男性が家事を何ひとつ出来なかったら、女性にストレスが集中してしまいます。

実際に私(男)も半分在宅で働いていますが、家事・育児の大変さは半端ないです。

一人暮らしはその予行演習と思った方が良いです。

ただし、男性の中にも、実家暮らしでも、日頃から家事を手伝ったり、家の日用品の買い物をしたり、料理、洗濯などを少しでもやる人なら、そこまで問題はないと思います。

特に問題なのは、実家にいても、全く家事をしない人、無関心の人。

そういう人は結婚してもポイされる可能性も出てきます。

結婚生活の長い期間のこと・老後のことを考えたら、自分である程度家事ができることが望ましいです。

もし妻に先立たれ、男が家事について何も出来なかったら正直大変です。

これは実は何も男性ばかりではなくて、女性でも家事をしない人は注意しておいた方が良い点だと思います。

まとめ

特に政府も一億総活躍社会などを掲げている世の中ですから、女性への負担が非常に高まってきています。

そうすると、男性にも家事能力は必須になります。

男性の収入が少ない不満よりも、むしろ、家事をしない不満の方が大きいのでは?とさえ思います。

ですので、男性は一度は一人暮らしをして一通りの生活を体験しておいた方が良いと思います。

もちろん、女性も全くできない人は同じように家事が出来るようにしておいた方が絶対良いと思います。

ご参考まで

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

にちこれブログについて

にちこれブログを書いている人

筆者:40代男 一児の父

居住:福岡県

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク