googleの検索結果を第三者が検証するということ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

いつもお越しいただきありがとうございます。

にちこれブログです。

googleの検索結果を第三者が検証するというニュースに、私も反応しました。

最近は、グーグルで検索をしても何か信憑性の怪しいサイトばかりが上位に表示されて、正直つまらないから検索をする回数が減った気がします。

一連のキュレーションサイト問題もそうですが、グーグルがどういう基準で上位表示しているのか、イマイチよくわかりません。

ブログを書く側(私)も、そんなサイトばかりが読まれて、1年以上毎日コツコツ書いている(いた)ブログは全然読まれないので、段々やる気もなくして、更新しなくなってきました。

実際に私以外にもそんな人は多くいると思います。

ある意味、やはりロボットだけで記事の良し悪しを判断するのは難しいとグーグル側は考えたのかもしれないですね。

ただ、第三者が検証するってどういう風にするのか?というのも気になります。

その記事が信憑性があるかどうかを判断するのはとても難しいように思います。

それこそ、それぞれの専門分野の人でないと判断できないことも多いと思います、

また、専門分野の人間とはいえ、それぞれ考え方や捉え方も違うので、どんな人を選出するのかも気になります。

まあでも、ロボットだけで判断するよりはまともな判断ができるだろうとは思います。

第三者の検証でグーグルがどんな風に変わるのかを注視したいと思います。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

にちこれブログについて

にちこれブログを書いている人

筆者:40代男 一児の父

居住:福岡県

20代前半にアジア一人旅(4ヶ月)をしました。その時滞在した国は11カ国。その後、2001年から海外移住(タイ)生活を3年半ほど経験。伸び盛りのアジアの国々を肌で体感しました。ウェブのことは2001年から友人のドイツ人の家に入り浸って習得。趣味はテニスです。

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作・ITサポート)を始めて10年以上になります。

福岡で自営業や起業家・副業向けの『ちょいビズ』意見交換会・勉強会を開催中です。

フォローなどはお気軽にどうぞ。

スポンサーリンク

フォローする