福岡弁のことをいろいろ考えた 博多弁やら筑後弁など

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

博多弁の記事はわりと読んで頂けているようで、ありがとうございます。

最近は「博多弁 かわいい」などと言われていうようですが、それは若い女性タレントや女優の影響だろうなと思います。

逆に、博多弁は『怒っている』ように聞こえて怖いとか言われたりもするのですが、けっして怒っているわけではなく、それが普通です。。

しかし、方言というのは、なかなか専門家じゃないと難しい話ですね。

でも、福岡に住んでいると、何となく体感的に、この地域は特徴があるな~と感じることが多々あります。

専門家ではないので、「何となく」大別すると以下のような感じになるかな~と思います。

福岡弁を体感的に地域で大別すると・・・

博多弁

北九州弁(通称:北九弁)

+筑豊弁(現在の飯塚市、嘉麻市、嘉穂郡、鞍手郡、田川市、田川郡、直方市、宮若市あたり)

筑後弁(通称:ちっご弁)- 久留米や柳川、大川、八女、筑後あたり

メジャーなのは、上記辺りですかね。

仕事などで北九州や久留米などに行く機会があるのですが、言葉のイントネーションや使い方、言葉自体の違いなどがおもしろかったりします。

ちなみに私の住む太宰府や春日、大野城辺りは、また少し言葉が違うように感じますが、何というか博多弁のような、コテコテ感は少ない気がします。

また、年齢によって使う言葉も違うような気もします。

どちらかというと、高齢の方の方がコテコテの方言を使っているようにも思います。

以前『博多弁雑考』という本を買って読んだのですが、正直昔の言葉は全くわかりませんでした。

若年層に関しては、方言の「強さ」は「弱め」なんじゃないかなと思います。

今は、テレビなどの影響で言葉も標準語化しているのも影響していると思います。

それから、特に、仕事の時や目上の人に対しては、方言はあまり使わない場合が多いと思います。

逆に最初はよそよそしくても、慣れてきたら博多弁を多用し始めるような気がします。

そっちのほうが何となく親近感も沸くんですよね。

まとめ

方言に関しては、正直、いろんな地域の言葉が時代を経て、混ざったりしながら変化しているんじゃないかな~と思うわけで、いわば、地域の言葉は『方言のハイブリッド』なんじゃないかなと思ったりもします。

言葉も『生き物』みたいなもので、時代時代によって変化しますからね。

現代人が、昔の本を読んでみると、たった100年ぐらい前の明治・大正時代の言葉がわからなかったりするので、言葉の変化、方言の変化は当たり前といえば当たり前のことですね。

方言ってなかなか奥が深いですね。

博多弁や福岡のことばに関する記事

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

にちこれブログについて

にちこれブログを書いている人

筆者:40代男 一児の父

居住:福岡県

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク