太宰府で活躍した絵師たちの紹介

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

太宰府の絵師たち一覧

さて、今日は、江戸・明治・大正・昭和時代に活躍した、太宰府の絵師たちの紹介をしたいと思います。

写真を撮れたのは一部なので、時間がある時にでも、追加記事や写真をこのページにアップしていけたらと思います。

太宰府という土地が育んだ絵師たちの生涯などを、もう一度見直すきっかけとなれば幸いです。

私もまだ勉強中です。

吉嗣拝山

表装の状態よくありませんが、

吉嗣拝山

弘化3年(1846)-大正4年(1915)

吉嗣梅仙の子で、父の豪放な生活のため生活は苦しく、13歳で太宰府の六度寺に入ります。

この時に、このころ六度寺の僧だった、のちの書家の宮小路浩潮に書を習ったと言われています。

その後、本田竹堂を師として岩潭書塾に入ります。
19歳で現・大分の日田咸宜園(かんぎえん)に入門。

3年後太宰府に戻るが、三条実美らのいわゆる五卿落ちで騒然としていた太宰府を離れ、京都に上る。

京都では北九州芦屋出身の中西耕石に絵を習う。

明治元年には耕石の下を去り、備中倉敷県属になる。

翌年には東京で役人生活を送るが、退職し大学昇平校に入学します。

明治7年に、神田橋内で大風雨の中歩いている時に、家屋の倒壊の現場に居合わせ重症を負い、右腕を切断してしまいます。

その後、画業と漢詩に一生を捧げる覚悟をします。
その時、失った右腕の骨を筆にしています。

左手で描いたため、左手拝山としてもよく知られています。
その筆は、太宰府ふれあい文化センターに展示されていました。

また、中国(楊州・蘇州など)にも遊学しました。

吉嗣梅仙


文化14年(1817)- 明治29年(1896)

拝山の父。名は寛。別に弄春園主人。雅号は彩霞・梅仙。
斎藤秋圃に師事。
性格は豪放磊落で、生活に窮していたようです。
門人に中垣楳山、平島古僊などがいます。

上の絵を描いたのが梅仙で、漢詩を書いているのが拝山です。

萱島鶴栖

文政10年(1827)~明治11年(1878)
秋月藩渡辺左右の子。太宰府で萱島家の養子となる。
通称は謙助。斎藤秋圃、桑原鳳井、石丸春牛に画を学ぶ。
19歳、京都で前田暢堂に師事。
 

この方の絵は持っていないので、見つけられたら掲載します。

萱島秀山

秀山
安政5年(1858)~昭和13年(1938)

萱島鶴栖の子。はじめ鶴仙と号した。
本田竹堂に画を学ぶ。
明治2年、近藤登漢学私塾に入学。
明治8年から石丸仙舟に画を学ぶ。
小曽根乾道、牛島柳橋、平野五岳、豊島海城、荒木寛畝などにも師事しました。

写真がイマイチですね・・・。

時間のあるときにでも再度撮影できればと思います・・・。

斎藤秋圃

神農図
明和5年(1769)~安政6年(1859)

京都で生まれました。絵を円山応挙に学ぶ。
九州に向かう途中に安芸の宮島に3年滞在し、鹿の描写に没頭。
『鹿の秋圃』と呼ばれました。
長崎で中国の江稼圃に学ぶ。

幕末期に外国船に備え、長崎警備にあたっていた秋月の黒田長舒に認められて秋月藩御用絵師になる。
太宰府神社祠官別当、菅原信覚の姉と結婚したため、太宰府に移住。
その後画業に勤しむ。吉嗣梅仙、萱島鶴栖などを育てた。
聖福寺の仙厓さんとの交流もあったようです。

上の絵は、斎藤秋圃筆の『神農図』です。

穴が空いて、ボロボロの状態で残念なのですが、秋圃の作としてはなかなかの出来栄えだと私は思っています。

吉嗣鼓山

吉嗣拝山の子。修猷館卒業。
皇太子殿下巡幸の際など多数揮毫する。

上の絵は萱島秀山、漢詩が吉嗣鼓山です。

萱島秀岳

萱島秀岳

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

にちこれブログについて

にちこれブログを書いている人

筆者:40代男 一児の父

居住:福岡県

20代前半にアジア一人旅(4ヶ月)をしました。その時滞在した国は11カ国。その後、2001年から海外移住(タイ)生活を3年半ほど経験。伸び盛りのアジアの国々を肌で体感しました。ウェブのことは2001年から友人のドイツ人の家に入り浸って習得。趣味はテニスです。

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作・ITサポート)を始めて10年以上になります。

福岡で自営業や起業家・副業向けの『ちょいビズ』意見交換会・勉強会を開催中です。

フォローなどはお気軽にどうぞ。

スポンサーリンク

フォローする