サラリーマンと長時間労働 逃げ道を作ることの大切さ

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

いつもお越しいただきありがとうございます。

日々是好学(にちこれ)』ブログです。

今回のお題は『サラリーマンと長時間労働 逃げ道を作ることの大切さ』について考えました。

というのも、『長時間労働による自殺・過労死』というニュースを見るたびに残念だなと、いたたまれない気持ちになるからです。

長時間労働は会社の仕組みに問題あり

多少の長時間労働に関しては、会社が儲かっていて社員にきちんと還元しているのなら、良いと思いますが、傍から見たら、超長時間労働を強いる会社というのはちょっとおかしいかな~と感じます。

長時間労働を強いるのは、社長や上役の実力不足ではないかと思います。

もしくは、社員を社畜化しているのか。

そもそも、会社の利益の出にくい仕組みを改善して、短い労働時間でも利益を生み出すようにしないといけないのでは?と思いますし、人事に問題があるならすぐに改善しなければいけなのでは?と思います。

そんなに簡単なことではないと思いますけど。。

私自身は自営業なので、サラリーマンの方の気持ちや状況を100%理解することはできませんが、私自身も10数年前に一度、ウェブ製作会社に入りましたが、長時間労働には閉口しました。

薄給で残業代もゼロ。それが当たり前という風潮。

上司が帰るまで、家に帰ることもままならないという状況に嫌気がさしていました。

人によっては、日をまたぐことは当たり前で、会社で寝泊まりしたなんてことも日常茶飯事。

好きでやっていることとは言え、そんな状況を見て、この会社は明らかにヤバイと思い、何の未練もなく退社しました。

ただ、それは私が独身だったので、身軽な立場だったために比較的に気軽に退職出来ましたが、これが家庭持ち、子持ちの立場なら確かに違った行動を取らざるを得ないということもあるのかなと思いますね。

逃げ道を作っておく

また、年齢的に再就職が難しかったり、それなりに高いポジションにいるなら、給料も良いでしょうし、会社にしがみつくのはある意味仕方ないことかも知れないですね。

でも、それでも、会社の状況などは、前々からわかっている場合もあると思うので、やはり、多少は、他社に移ったり、自分で仕事をするなりの『準備』をしておいた方が良いのかなとも思います。

逃げ道を作っておかないと、やはり気持ちに余裕がなくなったり、『会社オンリー』という狭い考え方になりかねません。

ですので、会社に疑問を感じたら、命を落とすというようなことを考えずに、他に自分が求められている場所があるというような、ポジティブな気持ちを持っておくことも大事だと思います。

一度、その場から離れると楽になることも実際にありますからね。

また、退職しても大丈夫な生活費の確保も大切ですね。

最悪の場合は、アルバイトなどで急場を凌ぐというのも手ではありますね。

まとめ

もちろん、すぐに会社を辞めるというわけにはいかないでしょうが、会社にいる間も、『転職サイト』を探したり、『自分で仕事をする準備をする』などというような道などもあるということも考えておいた方が良いように思います。

そんなことをする時間もない人は、まずは、上司に相談して、駄目なら退職も辞さないという気持ちでいた方が良いように思います。

せっかく親から頂いた命なので、大事に活かしたいものですね。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

にちこれブログについて

にちこれブログを書いている人

筆者:40代男 一児の父

居住:福岡県

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク