福岡・博多のチンチン(路面)電車の歴史

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

いつもお越しいただきありがとうございます。

にちこれブログです。

福岡に路面電車(チンチン電車)が走っていたのを、私は幼かったので、見た記憶がありません。

ですので、どのような経緯で走り始めたのか、興味をそそられたので少し調べてみました。

(※ちなみに、福岡・博多では現在路面電車は運行していません。)

ある意味、普段何気なく利用している、福岡の私鉄『西鉄電車』の歴史を知るようなものでもあります。

明治43年『福博電車』開通

明治43年に福岡に『福博電車』が開通。

ちょうど100年ほど前のことです。

チンチン電車

切符は貫線が青色、環状線が赤色で、貫線には西公園の桜あり、東公園あ
り、箱崎の水族館、汐湯ありで行楽にも利用されたが、環状線のほうは築港と新柳町の遊廓しかなく、現在の渡辺通2丁目あたりは田んぼが点在するさびしい場所だった。

(写真・文いずれも『博多あの頃』より)

福博電車は、昭和54年に廃止されるまで福岡の町を走り続けました。

東区の箱崎に『水族館』があったというのも驚きでした。

明治時代の後期というと、まだ、九州の中枢管理都市は熊本だったようで、福岡は商人の町として栄えていました。

明治43年に『九州・沖縄連合共進会』を福岡で開催するのを気に、湿地だった現在の県庁辺りを埋め立てて会場を作ったそうです。

県庁が湿地だったことを初めて知り、びっくりしました。

因幡山を削りその土を埋め立てに利用したそうなのですが、その費用は天神の『渡辺通り』の由来である、『渡辺与八郎』さん。

渡邉與八郎 (わたなべよはちろう)
1866年5月1日(慶応2年)~ 1911年10月2日(明治44年)

博多商人・博多電気軌道(西鉄福岡市内電車の前身)の創設者。

渡辺与八郎さんは代々呉服商(紙与)でしたが、遠洋漁業の会社や織物会社設立、また九州大学の誘致など、福岡の発展に大きく貢献しました。

福沢桃介(福沢諭吉の養子)と松永安左衛門(九州電力の創始者)の尽力で西鉄の前身、福博電気軌道会社を設立し、『福博電車』が開通しました。

当時、電車の開通に博多の人は大変喜んだそうです。

新しく電車が町に来ることを想像したら、それはワクワクしますよね。

チンチン電車

上記は中洲付近の様子(昭和初期頃と思われます)。

橋の上を路面電車が走っています。大きな福助足袋の看板が見えます。

人の往来も随分多いようですね。

下記の写真は、私が手元に保存している昭和初期頃と思われる観光地図です。岩田屋デパートや玉屋デパート、九州劇場などが見えます。

福岡市内地図

(参考文献)

□福岡シティ銀行編『博多に強くなろう』

□『博多あの頃』

関連記事

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

にちこれブログについて

にちこれブログを書いている人

筆者:40代男 一児の父

居住:福岡県

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク