ボーナスなし・・・転職する前に考えておくべきこと

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

いつもお越しいただきありがとうございます。

今回は『ボーナス』について。

あなたは今回どれくらいボーナスを貰いましたか?

テレビ番組で、ボーナスの使いみちについて、行き交う人に街頭インタビューするというコーナーをやっていました。

ボーナス○○万円という数字を聞いて、正直「いいな~。羨ましい・・・。」と素直に思いました。

今の時代でも貰っている人は、けっこう貰っているんだな~と思ったものです。

「羨ましい」というのも、私は自営業なので、給料やボーナス(賞与)という観念がありません。

毎年夏冬2回、月額数十万円も臨時収入があればそれは良いですよね。

私は個人事業主ですから、ボーナスがないのが当たり前ですが、サラリーマンの方でも、ボーナスが全く出なかった人や、少ない人も多いかと思います。

ボーナスというのは、そもそも会社の業績や、規模などにもよるので、業績が悪い時は出ないのはまあ仕方がないのかなとも思います。

正社員でも支給がない場合も多いご時世ですし。

でも、そんなこと分かっていても、ボーナスはやはり欲しいですよね。

ボーナスが出ない時どうするべきか?

では、ボーナスが出ない場合や少ない時はどんな行動をとるべきでしょうか?

いろんな選択肢があると思います。

以下、その選択肢について考えてみました。

頑張って会社の業績を上げる

業績上げる

ボーナスが出ないということは、そもそも会社の業績が悪いからかもしれません。

業績によって上がったり下がったりするのは、「会社は生き物」なので、ある意味仕方のないことだと思います。

大企業も中小企業も零細企業も景気に影響されますし。

また、ボーナスがないのは、会社に対しての貢献度がまだまだ低いからかもしれません。

それなら、思い切って頑張って会社の業績を上げることも重要ですね。

営業なら数字を上げて社長や上司にアピールできます。

事務員だとなかなか数字では仕事を見えにくいという点はあるとは思いますが、内勤の仕事として伝票や書類の処理の確実さなどで、仕事の効率化や迅速化などに貢献して会社の縁の下の力持ちになることでアピールできるかもしれません。

社内の評価が高まれば、社長や上司も黙って見逃したりはしないはずです。

会社にとっては、人件費は本当に大変な経費。

とにかく、働いて会社に何らかの貢献ができるように頑張るというのが基本ですね。

会社に見切りをつけて退職・転職する

退職・転職

もし成績・成果を上げ続けているのに、適切な評価されないことでボーナスが出ない場合や安月給の場合は、見切りをつけて仕事を辞めるというのも可能性としてあるかもしれません。

あなたがヘッドハンティングされるほどの技術や知識・実力のある方なら引く手あまたでしょうし、他に自分の力を発揮できる場所があるなら、さっさと転職するのも良いかもしれません。

ただ、何の考えもなしに、給料が安くてボーナスが出ないから会社が嫌だというのなら、退職するのも思いとどまった方が良いかもしれません。

不満自体があることが悪いわけではないですが、まずは、将来の自分のビジョンを明確にしてから辞める方が、後々良いと思います。

自分がどうなりたいか、どういう生き方をしたいかを考えることです。

また、転職するにしても、次の会社が決まる前に仕事をやめてしまうと、休職期間が長くなりますし、やる気も減退してくる可能性もあるので、次の会社の面接を受けるなりして、就職・転職活動をして内定を頂いてから辞める方が良いと思います。

また、辞めることが決まっても、会社にいる間は、一生懸命に働くことですね。

そうすると、次にも繋がりますし、退職してからも、前の会社の人とも仲良く付き合えますから。

副業をする

アルバイト

そもそも、会社に期待し過ぎないで、自分で稼ぐという手もあります。

もし、会社が副業を認めているなら、お小遣い稼ぎや生活費の足しを稼ぐのも手ですね。

副業で、貯金のための資金、結婚資金や養育費、趣味の費用などを自分で稼ぐんです。

将来的に、会社だけに頼るのもやはりリスクがあるので、給料の補完という観点からも、可能なら副業するのも良いかもしれません。

ただし、副業をするには、それなりの時間と労力がかかりますので、まずその時間を取れるかが大きな鍵です。

それに、どんな副業が良いのかを考えることも重要です。

いまやっている仕事に関連したことの方が、自分の勉強にもなりますし、とっつきやすいかもしれません。

もし、今の仕事とは全く関係のない分野で新しいことにチャレンジしたいなら、そのことについて調査して、ゆっくり始めてみるのも良いですね。

(副業にはやる気・根性・時間が必要)

私も以前副業をやっていましたが、日中の仕事が終わってから、夜に副業をしていたのですが、あまりにも時間がなくて、睡眠時間を削ってまで副業に明け暮れていたら、見事に体調を壊してしまいました。

体が資本なので、せっかく副業でお金を稼いでも、病気をしたら意味がありません。

その辺のワークライフバランスもよく考えておいた方が良いかもしれませんね。

勉強する・専門知識を増やす

  • 勉強して資格試験を受ける(資格手当で給与アップ・会社に制度があれば)
  • 専門知識を増やして、より良い転職先を見つける
  • 学ぶことで自分の可能性を高める

以下、社会人が専門性を身につけるための勉強方法などを書いています。

社会人の勉強 効率よく学ぶにはどうすればいいのか

まとめ

テレビでボーナスの話題が出たので記事にしました。

人がボーナスを幾ら貰っているかなんか、あんまり普段は考えませんが、聞くとやはり気になりますね。

サラリーマンにとってボーナスのあるなしはやっぱり大事なことでしょうし、個人的にもボーナス自体が羨ましいことです。

ボーナスがでない会社でも良い会社はあるだろし、ボーナス以外に福利厚生などで会社に良いところがあるかもしれないので、一概に良い悪いは言うことはできません。

ただ、ボーナスがもらえなくて不満がある場合や、賞与が少なくて現状に満足できない場合、ボーナスがなくて結婚に踏ん切りがつかない、貯金ができなくてきつい、生活が苦しい等の場合は、上記のような、いろんなアクションを起こしてみると良いかもしれないですね。

ただ、記事を書いてきて最後に何ですが・・・『目先のお金に惑わされないことも大切』だと思います。

隣の芝生は青く見える』と言いますし、最後は、自分自身や家族が満足できる人生を送ることが一番大事なんじゃないかとも思います。

まあ、そのためにはお金を稼ぐことも大事ですけどね。

貯金額少なっ!?無理せずお金が貯まる方法を考えてみた

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

にちこれブログについて

にちこれブログを書いている人

筆者:40代男 一児の父

居住:福岡県

20代前半にアジア一人旅(4ヶ月)をしました。その時滞在した国は11カ国。その後、2001年から海外移住(タイ)生活を3年半ほど経験。伸び盛りのアジアの国々を肌で体感しました。ウェブのことは2001年から友人のドイツ人の家に入り浸って習得。趣味はテニスです。

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作・ITサポート)を始めて10年以上になります。

福岡で自営業や起業家・副業向けの『ちょいビズ』意見交換会・勉強会を開催中です。

フォローなどはお気軽にどうぞ。

スポンサーリンク

フォローする