ブログの質の低い記事を大量に削除 SEOに効果はあるのか?

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

いつもお越しいただきありがとうございます。
にちこれブログです。

昨日から今日にかけて、過去に書いたブログの記事を大量に削除しました。

ブログ開始から約11ヶ月で228記事ほど(実際にはもっと)の記事を書いてきましたが、今回、53記事を一気に削除しました。

これまで時間をかけて書いてきた記事を削除するのは結構勇気のいることでしたが、削除することで、少し気持ちもすっきりした気持ちにもなりました。

以下、私がなぜ過去記事を大量に削除したかの理由は以下のとおりです。

過去記事を削除した理由

過去記事を削除した理由とは

  • ブログを新規ドメインで取得して、これまでコツコツと記事を積み上げてきました。特に最初の頃に書いた記事はあんまり深いことも考えずに書いた記事なので、内容が薄すぎたり、稚拙な内容が多かったため、あんまり見せられたものではないなと感じたため削除しました。
  • 初期に書こうと思っていた内容と、現在書いている内容があまりにもカテゴリー的にも違いがあると感じていました。以前書いていた記事が、新しい記事を書く上での足かせに多少なっているかな?と感じたために、削除しました。
  • 記事が増えることは良いことですが、逆に記事が増えることで、過去記事の修正にも時間がかかり過ぎるので、これから手を加えるのには難しい記事で、内容がイマイチと感じたものは削除しました。

私は上記のような理由で削除しましたが、基本的にはこれまでブログを運営してみて、これはウケてないなと思う記事を直感的、もしくは、ある程度数ヶ月の様子を見て削除する記事を決めました。

Googleアナリティクスで、滞在時間や直帰率などを見て決めるという方法もありますが、個人的には毎日アクセス解析は欠かさずやっているので、そういうものを参考にしながら、最終的にはヒラメキを重視しました。

削除した過去記事(具体例)

  • 月に数度しか検索がないか、全く読まれていない記事に関しては、需要がないとみなして、削除することにしました。
  • 超ニッチで、内容は個人的には良いと思っているけれど、ほとんど読まれていない記事も削除しました。こういう記事は、他と上手にくっつけてまた新しい記事にすると良いのかなとも思います。
  • 毎日更新しなければと思い、頑張って書いた記事ですが、ピンと来ない記事、心に残らないような記事で、加筆・修正が難しいものは削除しました。今後タイトルや内容を書いて書くかどうかはわかりませんが、下書きだけは残しておこうと思います。

削除した後のブログのSEOの効果の検証など

削除したばかりなので、検証はこれから数日、数週間見てみないとわかりません。

検証したら、またこの記事に加筆したいと思います。

まとめ

今回、これまで書いてきた自分の記事を削除してみて、少し残念な気持ちにもなると共に、すっきりした気持ちにもなりました。

必要なものとそうでないものを上手に分けて、いらないものは捨てるという作業はまさに『断捨離』そのものです。

私は普段から、仕事やプライベートでも、物や情報などの断捨離を実践しているのですが、ブログの記事の削除も正にそれと同じだなと感じました。

今後新しく記事を書く上でも、過去記事の削除は良かったかなと思います。

ただ、読まれる回数が少ないからと言って、それが悪い記事かどうかということに関しては、個人的には異論を唱えたいし、たった一人にでに突き刺さる内容の記事であればそれはそれで、その記事を書いた意味もあったのかなとも思います(ただしその人に直接話しを聞いてみないとわかならいことですが)。

いろいろとジレンマもありながらも、良い記事を書けるように頑張りたいものです。

(追記)

記事を投稿してから半年~1年で上位表示される記事もあるので、簡単に質が悪いとも言えないのかなと感じる部分もあります。

実際に削除してから、半年後にGoogle検索から、かなりアクセスがあるページがあり、404エラーでビジターさんを困らせてしまっています・・・。

削除するのも慎重にやらないといけないなと感じます。

一番いいのは、より良いコンテンツとしてリライトすることですかね。

関連記事

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

にちこれブログについて

にちこれブログを書いている人

筆者:40代男 一児の父

居住:福岡県

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク