300記事を目前にして、ブログの方向性を考える

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

いつもお越しいただきありがとうございます。

にちこれブログです。

今回のテーマは『ブログの方向性』について。

そろそろ、300記事が目前に迫ってきました。

改めてブログを書くということについて、考えてみました。

どちらかと言うと、『ブログを書く悩み』についてです。

まずは、記事を書く時間

単純計算で、1記事2時間として、300記事となると、合計600時間にもなります。

ブログを始めて1年3ヶ月ほどになります。

その費やした時間は、本当に自分のためになっているんだろうか?とやや不安にもなります。

それから、ブログのテーマについて

このまま、テーマを決めずに、焦点がぼやけた状態でブログを書き続けてどうなるんだろう?という疑問も少し生まれてきました。

テーマをもう少し絞った方がいいのか?とか考えたりします。

こういう悩みも、これまで、書き続けてきたからこそでもあるんですけどね。

ただ、悩みもあるものの、ブログを書き始めて、確かに、いろんな変化が起こりました。

ブログを開始した後の変化

(仕事)

  1. 断捨離・整理整頓・身の回りの掃除を始めた。
  2. 捨てたり、掃除したら時間が余った。
  3. 新しく仕事を始めた(ダブルワーク・トリプルワーク)。
  4. 収入が安定もしくは増え始めた。

ブログを書き始めてから、無駄の削ぎ落としを始めました。

断捨離の記事なども実際に書きました。

いらないものを捨てたり、身の回りの整理整頓や掃除をしました。

そうすることで、今、自分が何をしなければいけないか、少しわかってきました。

ブログの広告収入などの直接的なメリットは、残念ながら、ほとんど享受していません。

ただ、上記のように、間接的・副次的な効果は結構あったのかなと思います。

私にとって、ブログ自体が実験の場と言えば実験の場だとも言えます。

実際に、私の仕事にも直結します。

最近のネット事情を知るには、自分でブログを運営して体験することが一番ですからね。

このブログで得ている経験やノウハウはこれから仕事にも活かせそうです。

(プライベート)

  1. 断捨離・整理整頓・身の回りの掃除を始めた。
  2. 捨てたり、掃除したら時間が余った。
  3. 赤ちゃんができた。

実は、子供ができることがわかった頃から、このブログを始めました。

よって、ブログを書いたから、赤ちゃんができたわけではないです(笑)

でも、守るべきものができるということで、私自身、頭の整理をしたかったのかもしれません。

それに、今までなら、すぐに諦めて投げ出したりしていましたが、継続してやれているのも、子供ができたからかもなと思います。

(その他)

長めの文章を書くことに慣れました。

普通、日常的にこんなに沢山の文章を書くことはまずありません。

今は、文章の書き方のような本を読んだりして、更に研鑽を積んでいる最中です。

文章を書くことは、自分の頭の整理には最適ですね。

また、伝えるという技術の難しさということも学んでいます。

ブログを書く上での悩み

今回は300記事を目前にして、ブログのことをもう一度考えてみました。

このままの状態で続けてどうなるんだろう?という悩みはまだあります。

以下が私が抱えるブログに関する悩みです。

ひとつの悩みは、自分が読んで欲しい記事にアクセスがあまりないこと。

逆に、自分では大したことないと思うような記事の方がアクセスが多いです。

私としては、他の記事を読んでほしいのにな~と感じることもあります。

でも、もしかしたら、これから増えるかもしれないので、我慢が必要ですね。

ブログ全体のアクセス数は随分増えてきていることは幸いなことです。

もうひとつは、内容が雑多過ぎて、ブログのテーマが定まっていないということ。

もう少しテーマを絞って、ピンポイントに対象を絞って届けた方が良いのかなと考えたりします。

でも、もう沢山の記事を書いてきているので、急に方向転換するのも厳しい状況でもあるんですよね。

むしろ、関連記事をもう少し綺麗にまとめて、読んで頂けるような仕組みを作らないといけないなと感じます。

まとめ

ブログを書き始めて、初めて少し壁を感じています。

でも、経験上、こういう悩みが出て来た時というのが、実はチャンスなことが多いです。

心理的な変化がある時こそ、学びが多いんですよね。

すぐには難しいですが、少しずつ考えながら、方向性などを考えていけたらなと思います。

ご参考まで。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

にちこれブログについて

にちこれブログを書いている人

筆者:40代男 一児の父

居住:福岡県

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク