あかぎれに絆創膏を使わないで手や指先をケアする方法

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

いつもお越しいただきありがとうございます。

にちこれブログです。

今回のお題は、『あかぎれ』について。

あかぎれ痛いですよね~。

私も数年前からあかぎれが急にひどくなりました。

しかも、なぜか、夏になっても治らないという深刻な事態に・・・。

子育てパパとしてお風呂入れなどしているので、手荒れはできるだけケアしておきたいところです。

去年までは絆創膏を10本のすべての指に絆創膏をぐるぐる巻きにするぐらいひどかったです。

絆創膏は防水のものではなく、沢山使うのでドラッグストアでお徳用の100本入りのものを使っていました。

絆創膏も質のいいものはお値段がお高いんですが、それでも何かの拍子にペロリと外れて使い物にならなくなることがありました。

だから結構地味にお金がかかるのが難点。

そういうことで、質より量を選んでいました。

それでも、何か絆創膏を毎日毎日付け替えるのも大変でした。

どうにかして絆創膏を使わないで済むいい方法はないものかと考えたのが以下の方法。

手洗い後は必ずタオルでしっかりと手を拭く

私は結構ズボラで、手を洗ってもささっとタオルでくぐらせる程度しか拭かない場合もあったのですが、これがいけないですね。

特に、関節のあたりはよく拭けていないケースも多いようで、私の場合もほとんどそういう箇所からパクリと割れてきています。

手洗い後は必ずしっかりタオルで拭くことを徹底します。

保湿に白色ワセリンを使用する

結局、何で手があかぎれを起こすかと考えると、手の油分?が少なくなってくるのが原因だろうと思います。

保湿クリームなどをいろいろ試したのですが、結局すぐに乾燥するんですよね。

たぶん私の肌はスーパードライなんだろうということで、白色ワセリンを試しました。

何と成分は石油らしいです。

ただ副作用が少なく、特に医療機関でも積極的に利用されているので、安心です。

お医者さんでも、実際にこの白色ワセリンを処方することが多いですし、私の行っている皮膚科でも実際いつも白色ワセリンです。

これが私にも大変合っているようです。

ただし、ベタベタするので、好き嫌いは分かれると思いますが、本当に辛い人には好き嫌いも言っていられない状況かとも思います。

手洗い後に白色ワセリンを塗ることを徹底する

たまに塗ったり塗らなかったりするのでは、効果が薄れます。

というか、乾燥肌の人は、手を洗った後にそのままにしていたらどんどん乾燥が進みます。

そのまま放置していたら、やはりどこかしらがいつの間にかパクリと割れてくることになります。

それで、家にいる時はもちろん、外出先でトイレに行った後や、手が汚れて手洗いした後などは必ず白色ワセリンを塗るようにしました。

以下に、白色ワセリンの小分けの方法なども記載しています。

ポリエチ手袋で保湿

私は、ドラッグストアなどで売っているポリエチ手袋を購入してきて、ワセリンを塗った後に、手袋をつけて、手を保護するようにしています。

これを家にいる時はずっとつけておけば、しっとりしてきます。

寝ている時もたまにつけます。

それでもひどい箇所は少しだけステロイド

対症療法

上記の方法で随分ひび割れを防止できると思います。

それでもやはり割れるところはあります。

そういうところには、その部分だけステロイドを塗ります。

というのも、ワセリンは乾燥を保護することはできますが、治療するには向いていないからです。

皮膚科でマイザーなどのステロイド剤を処方してくれるので、必要な方は皮膚科を受診されることをおすすめします。

副作用の賛否両論もあるかと思いますが、私個人としては、ひどいところを放置するよりはステロイドをごく部分的に使うのはいいことではないかと思います。

特に絆創膏を貼りにくい、剥がれやすい場所ってありますよね。

その辺りに私の場合は使用しています。

あかぎれは改善しました

結局、上記のような方法でケアしていくと、まず、あかぎれの数が激減しました。

去年は手や指先が表も裏も見事なほどに(笑)切れ切れだったのですが、12月の時点で割れた箇所は一箇所のみ。

その箇所も今はほとんど問題ないレベルまでになりました。

それに、去年まで絆創膏を貼りまくっていたんですが、今年は全然使用していません。

随分快適に過ごさせてもらっています。

すべての人に合うかどうかはわかりませんが、ご参考までにどうぞ。

あかぎれや手あれには白色ワセリンが最強

余談ですが、絆創膏って地方によって呼び方がいろいろらしく、『カットバン』、『サビオ』、『バンドエイド』、『リバテープ』、『キズバン』などと呼ぶようです。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

にちこれブログについて

にちこれブログを書いている人

筆者:40代男 一児の父

居住:福岡県

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク