オーディオブックを学習に活用 Audible(オーディブル)は難しいことを学ぶのに適している

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

いつもお越しいただきありがとうございます。

にちこれブログです。

今回のテーマは『Audible(オーディブル)』。

Audible(オーディブル)というのはアマゾンが提供するオーディオブックサービスで、配信提供されている本が1,500円/月で聴き放題というものです。

私も登録するかどうか迷っていたのですが、配信内容を確認して、先日登録させて頂きました。

理由は、私は車であちこち行くことが多いので、その間に車の中で本が聴けるのはいいなと思ったから。

普段は1時間程の運転なので、その時間を学習に活用できるのが便利です。

それも聴き放題なので、コスパは良いのでは?と感じます。

難しい本を聴くに適している

ビジネス本を聴くというのも、もちろん良いです。

でも、それ以上に、小説や、歴史・文化・宗教など、ちょっととっつきにくい内容のものを学ぶのに適していると感じます。

理由は、難しい本は読むと思考停止になり眠くなるから・・・。

でも、オーディオブックなら、耳で聴くので、理解がしやすいです。

『耳学問』のような感じですね。

あまり知識のない分野のことを、漫画やアニメなどで予備知識を入れると理解が早くなるのと似ています。

耳で聴けば、活字を読むより随分理解が早くなるように感じます。

長編ものを聴くのは疲れる

問題は、朗読時間の長い本は正直聴くのに疲れるということ。

また、長編のものは、細切れ時間で聴くには難しいので、オーディオブックにはあまり向いていないかも?と感じます。

まあ、長編の本を読むのも疲れるので向いているかどうかを問うはナンセンスかも知れませんね。

私の場合は、基本的には1時間程度の短いものを選ぶようにしています。

集中力のことを考えても1時間くらいがちょうどいい気がします。

老眼が進んだ中高年にもおすすめ

それから、老眼で本を読むのが少し苦痛に感じる中高年の方にもおすすめです。

私はまだ老眼ではないですが、やはり長時間本を読んだりスマホを見るのは疲れます。

でも、オーディオブックなので、聞き流すだけなので、楽ですね。

活字で読むのがベストですが、移動中に聴けるのは良いですね。

iPhoneでAudibleを聴く

  1. まずはAudibleに登録。
  2. オーディブルのアプリがあるので、ダウンロード。
  3. 好きな本をダウンロード。
  4. 再生。

オーディブルを車のオーディオで聴く

車のカーステレオでスマホのポッドキャストを聴く方法と同じやり方です。

iPhoneの場合は、車載機器とテザリングすれば使えるようになります。

車のスピーカーで聴けるので、便利です。

Audibleを上手に活用できれば、学習のスピード加速化できそうです。

ご参考まで。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

にちこれブログについて

にちこれブログを書いている人

筆者:40代男 一児の父

居住:福岡県

スポンサーリンク







フォローする

スポンサーリンク