福岡出身の洋画家・青木繁について学んでみました

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

福岡について深く知るための一環として、著名な画家である『青木繁』について本を頼りに調べてみました。

正直なところ、美術、特に洋画のことは、からっきしな私は、青木繁の絵画は写真でしか拝見したことがなく、実物の絵画はまだ拝見したことはりません。

しかし、この福岡・久留米出身の洋画家に興味を持つきっかけになればと思い、以下の本を読んでみました。

今回手に取ったのは、『青木繁と坂本繁二郎』(河北倫明著)という本です。

河北倫明さんも福岡出身の方で、のちに、京都国立近代美術館館長を務められた方です。

上記の本を参考にしながら、青木繁について、経歴などを紐解いてみたいと思います。

そもそも青木繁とはどんな方?

青木繁は福岡県久留米市出身の画家です。

一度はその素質を認められるも、晩年はかななか顧みられることがありませんでした。

没後の昭和2年の「明治・大正名作展覧会」でにわかに注目を集め、その後、夏目漱石もあの人は天才だと津田青楓に伝えたそうです。

青木繁といえば、今ではあまり知らない人もいないほどの有名な方ですが、しかし、その人生は波乱に満ちており、いかに大変な人生だったかが本を読むことで少しわかった気がします。

おいたち

明治15年に福岡県久留米市で生まれました。

父親は有馬藩の士族の出、母は八女郡の医師の娘だったそうです。

青木家は茶道に関係した家で、祖父は特にその道に堪能だったようです。

祖父は咸宜園で広瀬淡窓にも学んだ経歴があるそうです。

太宰府の吉嗣拝山も咸宜園で学んでいますから、祖父は拝山とだいたい同じ頃の方ということですかね。

だいたいどこの家も同じで、青木繁が画家になると言い出したら、父親は猛反対そうですが、のちに、母方の祖父の斡旋で、中学明善を退学し東京へ出ることになったそうです。

修行時代

東京では、小山正太郎という洋画家の下(不同舎)で修行を始めます。

その後、念願かなって、東京美術学校西洋画科選科に入学。

このころ随分読書をしたようです。

明治35年には同郷の人、坂本繁二郎としばらく画学生生活を送ったようです。

仕送りも途中からなくなったため、生活は困窮していたようです。

作品やその後

代表作としては、海の幸(1904年)や、わだつみのいろこの宮(1907)等が有名ですね。

海の幸

『青木繁と坂本繁二郎』という本にも、青木繁にとって、海の幸をかいた明治37年が絶頂期であったとあります。

その当時、青木繁は福田たねと恋愛し、結婚。

子供ももうけるが、2年ほどで離婚。

明治40年に父が久留米で死去。

父が負債を抱えていたために、青木繁は長男として家庭に縛られてしまいます。

日露戦争の戦死者の肖像画などを引き受けて暮らしの足しにしたようですが、それでもそんな仕事は長くは続きません。

その後、家族からも見放された青木繁は、孤独な放浪の生活に入ります。

放浪は、熊本や天草、佐賀の恩師・森三美を訪ねたり、また明治43年7月には佐賀を去り小城に移り、最後は唐津で病の静養をしました。

1910年に肺患(結核)を患い、翌年に死去。わずか30歳の短い人生でした。

まとめ

絵画に関しては何かコメントできるような素養もありませんので、青木繁の人生について焦点を当ててみました。

亡くなって評価される画家は多いと言いますが、青木繁という方も、今では有名な方ですが、生前は本当に不遇で、認められることなく、大変な暮らしを強いられていたことを知り、少し同情する部分もありつつ、亡くなった後とは言え、このように日の目を見たという点では、良かったな~と思わなくもありません。

[amazonjs asin=”B000JACHHU” locale=”JP” title=”青木繁と坂本繁二郎 (1965年)”]

上記の本を参考にしてこの記事を書きました。

関連記事

久留米出身の洋画家坂本繁二郎について学んでみました

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

にちこれブログについて

にちこれブログを書いている人

筆者:40代男 一児の父

居住:福岡県

20代前半にアジア一人旅(4ヶ月)をしました。その時滞在した国は11カ国。その後、2001年から海外移住(タイ)生活を3年半ほど経験。伸び盛りのアジアの国々を肌で体感しました。ウェブのことは2001年から友人のドイツ人の家に入り浸って習得。趣味はテニスです。

ITを使った在宅ワーク(物販・コンテンツ制作・ITサポート)を始めて10年以上になります。

福岡で自営業や起業家・副業向けの『ちょいビズ』意見交換会・勉強会を開催中です。

フォローなどはお気軽にどうぞ。

スポンサーリンク

フォローする